PROGRAM

プログラム

ワーキングホリデー



「ワーキングホリデー」とは、2国間の協定に基づいて定められた制度で、相手国内での語学学習や必要滞在資金を補うための就労を認められる特別なビザです。オーストラリアでは4ヶ月までの通学および同一雇用主の下で最長6ヶ月までの就労条件が定められ、ニュージーランドとカナダでは6ヶ月までの通学期間を設けている他は、現地の方と同様の生活を送っていただけます。


オーストラリア


日本とオーストラリアはワーキングホリデー協定を結んでいるため、ワーキングホリデービザで最長3年滞在することができます。ワーキングホリデービザでは最長4ヶ月の就学、さらにアルバイト、インターンシップ、ボランティア活動等に従事することも可能です。近年はワーキングホリデービザで渡航後、就労先での仕事が評価され、現地就職につながる傾向があり、ワーキングホリデーを自身のキャリアアップとして利用する方も増えています。また、アルバイトなどお仕事の情報も非常に多く、ワーキングホリデーメーカーにはお勧めの国です。

ニュージーランド


日本とニュージーランドはワーキングホリデー協定を結んでいるため、ワーキングホリデービザで最長1年3ヶ月滞在することができます。ワーキングホリデービザでは最長6ヶ月の就学が可能で、アルバイト、インターンシップ、ボランティア活動等に従事することも可能です。隣国のオーストラリアと比べると日本人が少ないため、働きながら語学を習得する方がとても多くなっています。また、ニュージーランドは世界的な農業大国でもあり、農場や牧場が数多くありますので、ファームステイなどを希望される方に大変お勧めの国です。

カナダ


日本とカナダはワーキングホリデー協定を結んでいるため、ワーキングホリデービザで最長1年滞在することができます。ワーキングホリデービザでは最長6ヶ月の就学が可能で、アルバイト、インターンシップ、ボランティア活動等に従事することも可能です。同一雇用主の雇用期限にも制限がなく、最大で1年間同じ職場で働くことも可能です。カナダは親日家が多いため、若者たちの文化交流も活発で、官民一体となって日本の生徒や学生を受け入れているカナダは、教育旅行の基本的な要素を満たしているので、安心して訪れられる隣国といえます。



プログラム


2ヶ国留学
フィリピン+欧米

フィリピン留学では少人数制レッスンが中心となっており、短期間でみっちり英語の基礎を学習することができます。基礎を学んだ上で本場の英語圏であるオセアニア(オーストラリア・ニュージーランド)に渡航し、さらなる英語力の向上を目指してみてはいかがでしょうか!?


ワーキングホリデー対策
フィリピン

フィリピン留学後、ワーキングホリデーで欧米圏に渡航する場合、「フィリピン留学中にある程度のワーキングホリデー対策をしたい」という方も珍しくありません。そこで、フィリピン国内に立地する「ワーキングホリデー対策」に定評のある語学学校をピックアップしてご案内させていただきます。


有給ホテルインターン
オーストラリア

ホテルやリゾートでお金を稼ぎながら、実際にお仕事をすることを通して実践的な経験ができるワーキングホリデーの方を対象としたプログラムです。ホテル・リゾートはオーストラリア全土に渡り、インターン派遣先の多くは、都市部のホテルに加え、アイランドや砂漠側の内陸部などとなっています。


ファームジョブ(受付中止)
オーストラリア

クィーンズランド州ケアンズから北西約150キロの静かな町にあるバナナファーム。マネージャーはプロ意識が高いだけでなく、面倒見がよく、トラブルはこれまでありませんでした。皆が長く働きたがるこのファームは、セカンド・サードワーキングホリデービザの申請も可能です。


ビジネスインターン
オーストラリア

オーストラリアのメルボルンにある企業で4週間~6週間働き、働く経験を得ることができる無給インターンシッププログラムです。無給インターンシップにはなりますが、中々手の届かない環境で働くことができ、オーストラリアや日本の就活に活かすことができる大人気プログラムです。


有給インターン
カナダ

カナダに渡航後すぐに、または語学学校終了後にリゾート地のホテルやレストランなどで有給のお仕事に就けるワーホリ対策ビザ保持者対象の有給インターンシッププログラムです。面接準備をする事前研修から実際の面接のセッティング、お仕事開始までをサポートいたします。


教師宅ホームステイ
世界各国

仕事や学校で忙しいけど留学に行ってみたい、短期間でできるだけ効果をあげたい、語学学校のグループクラスはちょっと、という方にピッタリなのが教師宅ホームステイ。ホストファミリーが先生なので現地の文化や生活にひたれるだけでなく1対1のレッスンなので会話時間がしっかり確保できます。


現地サポート
オーストラリア / NZ

海外では文化や慣習などの違いで生活に戸惑ってしまう方も少なくありません。右も左もわからない海外生活において現地の日本人スタッフが皆様を親身にサポートいたします。現地トラブルや生活情報、銀行口座開設、携帯電話購入サポートなど、個々のご要望を汲み取り海外生活を全力でお手伝いします。


インターン・ボランティア
オーストラリア

オーストラリアの最大都市であるシドニーを中心としたオーストラリア全土での有給インターンシップ&無給インターンシップに加え、ボランティアやアルバイトなどもご紹介ができですので、一人ひとりの目的に沿ったさまざまなインターン・ボランティアプログラムのご案内が可能でございます。


有給インターン
ニュージーランド

「有給インターンシップBasic」では、現地の4つ星・5つ星ホテルでハウスキーピングポジションを保証し、「有給インターンシップPlus+」では、現地の4つ星・5つ星ホテルもしくは旅行・観光業界で接客ポジションの有給インターンシップ就労を保証いたします。


現地サポートパッケージ
オーストラリア

オーストラリア・シドニー到着後の3種類の現地生活サポートパッケージです。ワーキングホリデー&留学生にお勧めのAプランに加え、少しでも予算を削りたい方向けのBプラン、語学学校に通わず現地生活サポートのみを受けたい方向けのCプランのご用意がございます。



人気語学学校

オーストラリア



”会話中心クラス”の人気が高く、「英語を使って何ができるようになるか」を学生自身が考え、現地生活に繋がるようなレッスン提供に心がけています。



ワーキングホリデーメーカーで、お仕事に生かせる英語学習を目的としている学生が多いこともあり、特に「Real Englishコース」に定評があります。



International House Brisbaneに通学中の学生の実に97%以上が「講師の質」「スタッフ/先生の親切さ」「英語力の向上」において満足されています。


ニュージーランド



仕事紹介/現地生活サポートでは、CVの書き方・応募サイト紹介・IRDナンバー登録方法・面接のコツを教えてもらえるだけでなく、Job Support Classもあります。                



南半球最優秀語学学校賞を2014年から連続で受賞し続けているニュージーランドの老舗校としても有名で、コミュニケーション重視のカリキュラムに定評があります。



ワーホリメーカーに大人気の「EMPLOYMENT SKILLS ENGLISH」として、Communication Englishコースを受講している学生向けの選択クラスがあります。


カナダ



きめ細やかな17レベル(段階)で分けられているため、英語初心者からネイティブレベルまで受講できる多彩なプログラムとなっています。



世界一のプログラム数とコース数と有している語学学校で、各コース(プログラム)が4週間で完結し、4週毎に無料でコース変更が可能です。



「文法」「リーディング&ライティング」「リスニング」「発音&コミュニケーション」)ごとに6段階にレベルわけされたクラスで受講できます。


フィリピン



フィリピンでもワーキングホリデー準備コースを持つ学校は数多くありますが、Baguio JICでは2カ国目(ワーキングホリデー)を意識したレッスンの提供に心がけております。



2003年の創業から高品質なサービスを提供し続け、セブの名門セミスパルタ校として広く知られているだけでなく、ワーホリ準備コースの提供もあります。



スピーキング力の向上に定評がある語学学校で、ワーキングホリデービザにてオーストラリアでの100%の就労保証プログラムも設けています。



豆知識