KNOWLEDGE

留学豆知識

携帯電話について


海外留学に行く際に携帯電話をどうするか、主な選択肢としては3つあります。

  1. そのまま持っていく
    (一番安い料金プランに変更、または国際ローミングを使用)
  2. 携帯をとめる
    (電話番号・メールアドレスお預かりサービスを利用)
  3. 解約

以下にこの3つを詳しく案内していきます。



1. そのまま持っていく

一番安い料金プランに変更、または国際ローミングを使用)

  • ご帰国の際に元の料金プランに戻して、同じ携帯を同じ番号のまま使えるので便利です。
  • 月額の基本料金がずっとかかります。
  • 国際電話を使用した場合、高額な請求がくるケースもあります。


2. 携帯電話を止める

(電話番号・メールアドレスお預かりサービスを利用)

  • 留学中はキャリアメールや通話、キャリア通信によるネットは使用できませんが、帰国後も同じ携帯を同じ番号のまま使えます。
  • インターネット環境(Wi-Fi)があれば、LINEやfacebook、G-mailなどのアプリケーションはとめている状態でも使えます。
  • 月額の固定料金や事務手数料が発生します。

キャリア 事務手数料 月額利用料
(電話番号保管)
月額利用料
(メールアドレス保管)
サポート
NTTドコモ 1,000円 400円 100円 長期間利用されないとき(海外赴任・留学など)の電話番号保険・解除
au 2,000円 372円 一時休止・再利用
ソフトバンク 2,000円 390円 電話番号・メールアドレスお預かりサービス


3. 携帯電話を解約する

  • 解約のタイミングによっては違約金がかかってしまう場合があります。
  • 帰国後に電話番号が変わってしまいます。
  • 維持費などが0円になるため、最もコストは抑えられます。
  • 解約後も本体はインターネット環境(Wi-Fi)さえあれば、LINEやfacebook、G-mailなどのアプリケーションは使用可能です。