学校検索
留学見積
カウンセリング予約
お問い合わせ

横浜に所在するオーストラリア・ニュージーランド・フィリピン専門の無料留学エージェントFUJIYAMA Internationalのブログです。海外留学、ワーキングホリデー情報をはじめ、各地のさまざまな情報をお届けいたします。

2017年

6月

26日

CG ESL Center視察報告

「セブでスパルタといえば、最初に名前が挙がる伝統校」

 

1日12時間の勉強時間設定のスパルタ式カリキュラムが特徴的なCGさんの視察報告をします。

 

最大収容人数が152名の同校ですが、年間を通して130名を切ることがないという抜群の安定感を誇る学校です。

CGさんは、10名を超える団体の受け入れをお断りしているため、個人の生徒様だけでこの数字は圧巻です。

 

朝7時の朝食から始まり22時までみっちりと勉強でき、学習環境としてはやはり群を抜いています。

 

平日外出禁止、毎日の単語テスト、義務自習など厳しい規則のもと学習に集中し、確実に英語力をアップさせたいという真面目な生徒様がとても多い印象でした。

 

今回の訪問では、夕食後にそのまま宿泊というスケジュールだったのですが、夜遅くに到着したにも関わらず、ずっと付きっきりでご案内いただけました。

 

また、通学中の生徒様と当社のお客様と長時間談笑する機会にも恵まれ、生の声を聞けたのが大きな収穫となりました。これについては後述いたします。

 

学校は、セブの中心地から車で30分ほどの場所にあり、セブ中心地から離れた静かで誘惑の少ない環境(タリサイ市)に立地しています。

 

タリサイ市には、高い建物が少なく、隣は養鶏場と、田舎の雰囲気が楽しめる町でした。

意外にもローカルなショッピングセンターがあり、生活する上での不便はないと生徒様からもお聞きしました。

 

施設は、高級感の溢れるヨーロッパ風の作りとなっており、リゾートの雰囲気を味わいながら生活できるので、スパルタ環境にあってもなんなく暮らせている理由なのだと思います。

 

CGさんは、マンツーマン授業もたくさん取れる、オーダーメイド型マンツーマンシステムを採用しております。

そのため、例えば、スピーキングが苦手な方は、全4時間中2時間をスピーキングに当てることも可能です。

 

毎日エッセイ作成の時間があり、次の日先生からの細かいフィードバックをもらえるため、ライティング能力の向上にも向いている学校です。

 

イギリスに長期滞在経験もあるカナダ人ネイティブ講師も在籍しており、グループにて選択可能となっております。フィリピンにいながら、ネイティブ発音に触れることもできます。

 

また、他のスパルタ校では1コマのレッスン時間を100分などとしているところが多いのですが、CGさんの場合には、1コマ50分で、コマ数を多くしているため、無理なくレッスンに臨めます。

 

さらには、平日7:00~17:00の間、部屋、食堂、オフィス内ではEnglish Only Policy(EOP:母国語禁止令)が徹底されており、万が一、EOPを破った場合、2回注意を受けると1週間外出禁止といった校則もあります。

 

ここCGさんでは、罰金ではなく、ポイント制が採用されており、EOP違反は1回5点で10点貯まると週末の外出が禁止になったり、さらなる罰則を受けると退学になったりもします。

 

ポイントは累積していくので、通学中は気が抜けません。

 

週末の外泊も許可されているのですが、セブシティでの宿泊は禁止であったり、マクタンエリアも指定のホテルのみ外泊可能というここでも制約が効力を発揮しておりました。

 

最後に、生徒様からのお声の一部をデメリットとして記載をいたします。

まず、先月末でお辞めになったベテラン日本人女性スタッフの抜けた穴は正直大きいというご意見が非常に多くございました。

 

また、学習環境に関しては、「文句なし」という意見ばかりが目立ったのですが、居住環境に関する細かなご指摘が多かったようにも思います。

例えば、Wi-Fiが弱かったり、ウォーターサーバーが休憩所に一台だけだったり、洗濯物をいったん出すと4日ほどかかってしまったりと、この辺りは要改善ポイントでしょうか。

 

なお、食事がいまいちの日には、売店でピザなどをデリバリーするという裏技を教えていただきました。

 

自分を追い込みたいという真面目な若い方にはうってつけの学習環境です。

 

CG ESL Centerの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International 

フリーダイヤル:0120-37-2280 

お問い合わせ

0 コメント

2017年

6月

26日

CPILS視察報告

「セブNo.1の実績と伝統。」

 

今回は、セブ島で初のフィリピン政府観光省ESLパートナー校CPILSさんの視察報告をします。

 

2001年7月にセブ島初の英語教育機関として誕生し、3万人(日本人は5千人)を超える卒業生を輩出している老舗名門校です。

 

フィリピン唯一の日韓合同資本校なので、日本人利用者のニーズに合わせた学習カリキュラムや生活環境作りも行っています。

 

今回、学校担当者歴4年を超えるベテランスタッフさんに、校内をご案内いただいたのですが、伝統校ならではの安定感を感じました。

 

CPILSさんは、法人や団体受け入れにもめっぽう強く、これまで「キリン」、「LG」、「サムスン」など名立たる有名企業からもオファーがあった学校です。

 

セブでは最多の13名ものネイティブ講師を有するのも理由のひとつではないかと思います。

 

また、TOEIC公式試験センターにもなっております。TOEIC公式試験センターは私の知る限りでは、他にはSMEAGのキャピタルキャンパスぐらいではないかと思います。

 

校内も本当に幅広い年代、国籍の方々がおりました。

 

日本、韓国、ベトナム、台湾、タイ、中国の各国のヘッドオフィスを設けているため、年間を通して安定的に各国の生徒さんを確保できているそうです。

 

また、フィリピンの学校にありがちな英語塾っぽい雰囲気がない理由を尋ねたところ「校舎自体が元々、ホテルの施設から銀行へと姿を変え、その後、語学学校に至ったから。」だとお答えいただきました。

 

校内のプールも手入れが行き届いており、非常に清潔感がありました。なんでも、1日2回必ず清掃をされているそうです。

 

毎年、夏にタイルのリノベーションをされているそうなのですが、今回は、リノベーション後のお部屋をお見せいただきました。

 

継続的なお手入れのおかげか、年季が入っているとは思えない、クリーンな滞在施設でした。

 

複数校留学された方からも「寮一体型がいい」といったお声をしばしばいただくらしいのですが、「通学タイプ」の場合、休み時間に部屋に戻れなかったり、トラブルの際に即時対応ができなかったりと勉強には不向きというのがCPILSさんの見解です。

 

カリキュラムもあえて、マンツーマン3コマと少なめに設定しており、グループとのバランスを最重要だと考えて運営を行っております。

 

マンツーマンが主流の流れとは逆行するようですが、老舗校ほど、この傾向は顕著にあらわれます。

 

CPILSさんがおっしゃるには、「本当の意味で、講師の質を測るには、グループレッスンがきちんと提供できているかを見るべき。」とのことです。

 

単体で最も大きい500名を超えるマンモス校のCPILSさんでは、6段階をさらに3つに分け、計18段階の中からレベル分けがなされています。

 

そのため、均一レベルで、継続的にグループレッスンが運営でき、1:1で学んだものを実践する場として大好評だそうです。

 

もはや老舗校ではスタンダードとなりつつある「担任制」、「講師専門制」はもちろんのこと、品揃え抜群の売店では、現金を使用せずともIDカードで電子マネーのようなハイテク技術も取り入れておりました。

 

補足情報ですが、美人ナースが24時間常駐しており、病気以外の理由で訪ねる生徒が多く困っていると嘆いておられました。

 

また、「OKAMURA」という愛称が定着してしまうほど、ナインティナインの岡村隆史さんにそっくりな人気ヨガインストラクターもいらっしゃいます。

 

タクシーで10分圏内には何でも揃うという便利な環境で、高校生の団体のために英検のオリジナル教材をわざわざ用意して下さったりと質の向上に余念がありません。

 

実力派講師を有するCPILSさんですが、学校側の配慮から1週間ごとに先生の変更が可能となっております。

 

実際にどんなレッスンが受けられるのか、希望があればデモクラスも無償で提供して下さいます。これも自信がなければできない取り組みです。

 

本校をスペインに置く、サンホゼ大学も同施設内に立地しており、CPILS(半日)+サンホゼ大学(半日)という学部聴講も可能です。

 

また、ESL(4週間)+ホテルインターン(4週)という組み方もできます。

 

フィリピンでは珍しい、TESOL準備コースなどもあります。

 

もはや死角のない、安定感が抜群の環境で留学をしてみてはいかがでしょうか。

 

CPILSの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International 

フリーダイヤル:0120-37-2280  

お問い合わせ

0 コメント

2017年

6月

26日

IDEA CEBU視察報告

「日系セミスパルタのパイオニア語学院」

 

今回は、安心・安全の経営タイプで、スピーキング重視カリキュラムが特徴的なIDEA CEBUさんの視察報告をします。

 

IDEA CEBUさんは、元スピーキング特化校LIFE CEBUの強みを受け継ぎ、スピーキングスキル結果確認システムを導入しております。

 

これは、すべての学生の英語インタビューを撮影し、入学時と卒業時で、どのくらい会話レベルがあがったのか把握でき、無料でビデオDVDを全生徒に配布するというシステムです。

 

また、授業中の発言割合を生徒8割、講師2割を基準として授業を構成し、サークルラーニング効果により、最短でスピーキング力が向上します。

 

こちらは、ドリル、ボキャブラリーテスト、義務自習の相互効果をより高める学習システムです。

 

IDEA CEBUさんでは、朝からタイトに授業を取れるのが特徴的なのですが、スケジュールは以下のようになります。

 

7:00~ Vocaテスト

8:00~18:00 授業

18:30~20:30 2コマ無料オプション

20:30~ 義務自習

 

最後の義務自習は必ずしも自習室でなくとも構いません。(申請制で“義務”の義務自習にすることもできます。)

 

ちなみに17:00~23:00までは外出もOKとなっております。

 

ただし、平日朝のボキャブラリーテストで不合格者は、その日の外出が禁止となり、再テストも不合格の場合は、1週間の外出禁止処分となります。

 

このため、勉強するべき平日、授業にある程度の強制力とペナルティを設けたIDEA独自のセミスパルタシステムの特徴と呼べるでしょう。

 

立地もセブではトップクラスの利便性を誇り、商業施設の一角にキャンパスを構えています。

 

飲食店やコンビニはもちろん、ATMがあったり、道路を挟んですぐ目の前にパークモールがあったりと、生活するにはこれほど便利な環境はないと感じました。

 

これから薬局もテナントとして入ってくる予定だそうです。

 

建物自体も非常に清潔感があり、移転して大正解だったのではないかと個人的には考えます。

 

移転したばかりのため、新規校のように思われるらしいのですが、2010年からの積み重ねがあるため、とても安心です。

 

厳しいだけでなく、日系ならではのケアとサポート力も魅力です。

 

現在、常勤の日本人スタッフが4名もおり、寮内に住み込みで勤務しておりますので、極端な話、24時間体制のサポートを実現可能です。

 

他にもタイ・中国・ベトナムのスタッフが在籍しており、万全のサポート体制です。

 

なお、火曜と木曜には日本人のパン屋さんもいらっしゃり、日本の味が恋しくなくなります。

 

また、日曜以外は3食提供されるお食事も日本の調味料を使用したり、野菜を多く採りいれるなどこだわっていらっしゃいます。

 

管理型のカリキュラムの中、価格を抑えてきっちりとやりたい方は是非、IDEA CEBUさんへ。

 

IDEA CEBUの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International 

フリーダイヤル:0120-37-2280  

お問い合わせ

0 コメント

2017年

6月

26日

IDEA Academia視察報告

「スタイリッシュでモダンな空間デザイン」

 

IDEA ENGLISH NETWORKの第2キャンパス、IDEA Academiaさんの視察報告をします。

 

LIFE CEBU閉校の際に、すべての生徒様を受け入れて下さったのですが、タイプの異なる学校にも関わらず、皆さんご満足されておりました。今回は、その理由に迫りたいと思います。

 

セブシティの中心地マボロのITビルの最上階16階にあり、まるでカフェにいるかのようなお洒落な学習・生活空間がそこにありました。

 

写真で見るよりも圧巻のスタイリッシュさで、ビル内にあってもまったく閉塞感のない環境でした。

 

下のフロアにもIT会社様があったり、コールセンターがあったりとインターネット環境も抜群でした。また、同フロアにてオンライン英会話レッスンを提供しており、インターネットが生命線のため、特に気を遣っていると伺いました。

 

他国籍の学生同士の交流が盛んにできるよう、校内はグリーンラウンジ、ソファラウンジ、カフェラウンジ等のコミュニケーションスペースを設置しております。

 

○ソファラウンジ=まるでバーのような大人な雰囲気でリラックスな学習環境

○カフェラウンジ=自習に最適。カフェのような落ち着いた空間デザイン

○グリーンラウンジ=ビル内にグリーンが?!お昼寝スペースとして大活用

 

IDEA Academiaさんは、フィリピンにある語学学校とはコンセプトが異なり、”欧米留学に近い留学の提供”を考え、滞在施設は外部寮と外部ホテルで、さまざまな国の学生を受け入れられる環境づくりを目指していらっしゃいます。

 

マンツーマン授業の教室自体もオープンスペースとなっており、適度な緊張感の中で学習できます。

 

また、欧米スタンダードのカリキュラムや個人のスタイルに合わせて学習ができるフレキシブルさも魅力的です。

 

独自の手法を採用した、早朝脳トレクラス「Brain Training」は、リスニングや発音に特化し、眠りから脳を活性化させるためのクラスも人気だそうです。

 

留学経験が社会のどこで活かせるかも分かるように、国際標準規格CEFRに沿ったレベル別カリキュラムを採用しています。

 

なお、しっかりと勉強できるよう、23時まで自習室も開放しております。

宿泊施設は、学生寮と外部ホテル寮があり、両方に学校から専用シャトルバスが運行しているため安心です。

安全管理のため徒歩での通学は原則として禁止されています。

 

施設重視の方もご満足いただける綺麗な滞在施設となっております。

 

通学タイプのためか、男女共に身奇麗にされている方が圧倒的に多く、ファッションビル併設のカフェにいるかのような感覚さえ覚えました。

 

特に女性は美意識が高そうな方が多く、この層ですら満足されているのだと改めて感じました。

 

なお、カリキュラムも3コマ~12コマまで選択できる柔軟なクラス編成で、それぞれのモチベーションに応じた学習環境を提供することが可能となっております。

 

学校独自の学習メソッドをもとに、徹底したスピーキング重視で構成されている点も特徴的です。

 

ダイニングにはウーハー付きスピーカーを設置し、隔週金曜日にムービーアクティビティを実施しております。バランスボール、縄跳びなどの小さなトレーニング器具を置いたフィットネスルームも完備しています。

 

周辺施設は、レストラン、カフェ、コンビニエンスストア、薬局などが同じビル内にあり、大変便利な立地条件でもあります。

 

IDEA Academiaの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International 

フリーダイヤル:0120-37-2280  

お問い合わせ

0 コメント

2017年

6月

26日

CDU ESL視察報告

「CDU大学に隣接するキャンパスESL。」

 

今回は、1日のスケジュールを大切に「安心」「便利」「充実」した学生生活を送ることができるCDU ESLさんの視察報告をします。

 

英会話学校というよりも大学のキャンパスのような雰囲気を感じました。

 

入り口のセキュリティゲートは指紋認証で、生徒の出入りを24時間管理しているため、安全性が非常に高いです。

 

今回、校内を案内してくださった学生スタッフの方も門限に間に合わず、野外で一日過ごしたこともあったそうです。

 

何でも、所持金も無かったそうで学校付近で野宿したというから驚きです。

裏を返せば、野宿ができる治安の良さとも言い換えることもできますが…。

 

寮には、約200名近くのCDU医学生が生活しており、学校内にあるテラスやカフェテリアにて、生徒は夜遅くまで勉強したり、友達同士で話をしたりしています。

 

CDU大学は、世界保健機構(WHO)発行の“世界有名医科大学全集”に掲載されたフィリピン唯一の大学です。

 

CDUの大学生はとてもフレンドリーのため、友達になりやすく、身元のしっかりとしたハイステータスな医学生と、安全かつ自然な交流が盛んな生活環境が、CDU ESLさんの強みと言えます。

 

また、毎週1回学校が主催する「カフェ・トーキング」のアクティビティで気軽にフィリピン人医学生や、同じESLの他国の生徒と会話を楽しみ、友人を作り、異文化交流する時間を設けています。

 

このアクティビティでは、スナックを食べながら、自己紹介、日常会話、趣味、旅行、グルメ、音楽、文化等のフリートーキングが気軽に楽しめます。

 

授業スケジュールは、基本的に16:50に終わるように組まれており、中抜けのような日中の無駄な時間はなく、放課後は友達と一緒にアクティビティに参加できたり、自分だけの時間と1日の時間を大切にして下さいます。

 

滞在施設の学生寮は、全室ともに約11畳ある余裕のある広さで、天井が高めの設計でした。

さらにバス・トイレ別。デスク・イス・クローゼット・エアコン・冷蔵庫・洗面所完備となっております。

 

しかしながら、写真で見るよりも建物自体が老朽化している点はマイナスポイントです。

また有料ですが、スポーツジムやマッサージルームまで校内にあります。

 

最後に、周辺環境についてですが、他地域と比べると車、人の数などは断然少ないエリアでした。CDU周辺は、開発エリアのため一般住民はほぼ住んでおらず、道幅も広く、セブの中では落ち着いた環境で生活がしやすい印象です。

 

一方で、砂ぼこりが多い点も気になる人もいるかもしれません。

 

なお、目の前にはセブンイレブン、マクドナルド、カフェ、徒歩圏内にショッピングセンターがあり、まさに「安心」、「便利」、「充実」した学生生活を送れます。

 

CDU ESLの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International 

フリーダイヤル:0120-37-2280  

お問い合わせ

0 コメント

※最新の記事5件を表示しています。

FUJIYAMA's BLOGを購読
FUJIYAMA's BLOGを購読する
お問い合わせフォーム
ホーム
e-mail

資料請求フォーム
留学キャンペーン
スペシャル コラボキャンペーン
フィリピン語学学校ランキング
オーストラリア語学学校ランキング
ニュージーランド語学学校ランキング
カナダ留学の「カナダNavi」
IELTS留学のCNS2
TOEIC留学のTALK Academy
国内ホームステイ体験プログラム
教師宅ホームステイ
幼稚園ボランティア
オペア プログラム
親子留学
リゾート留学
シニア留学
法人&団体留学
フィリピン留学適性診断
フィリピン語学学校比較
フィリピン簡単ページ検索
FUJIYAMAが選ばれる理由
FUJIYAMAのサービス
FUJIYAMAのカウンセリング
FUJIYAMA's BLOG
デジタルパンフレット
海外留学必需品
海外生活情報
賢い留学エージェントの選び方
留学エージェントが倒産したら?
留学事前準備&事前英語学習
留学っていくらかかるの?
留学生の声
ワーホリビザと学生ビザ違い
留学Q&A
無料IT電話のスカイプ
無料コミュニケーションアプリのLINE
電話・メールでのお問い合わせ
留学見積もり
留学カウンセリング
会社概要
アクセス
個人情報保護方針
留学約款
携帯サイト
関連リンク
採用情報
twitter
google+

事前準備お勧めサイト集
ニッテルコミュニケーションズ
FUJIYAMA Import Market
NPO留学協会
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士