PROGRAM

プログラム

カナダ有給インターンシッププログラム


【毎月5名限定】英語力初級×未経験歓迎、実質ゼロ円!


「学ぶ」「稼ぐ」「経験する」をカナダのリゾートホテルで実現できるカナダ有給インターンシッププログラムです。
面接準備をする事前研修から実際の面接のセッティング、お仕事開始までをサポートします。地元のカナダ人や世界各国から来た方々と一緒に英語環境で働くため実践的な英語が身につき、更にはカナダの大自然を満喫しながら貯金をすることも可能です。
ホテル勤務などリゾート地のお仕事は例年春~夏の求人が多いため、WPS有給インターンシップの開始時期も3月~9月くらいが狙い時です。

派遣例


派遣例

勤務先 バンフ中心部ホテル
勤務先
(その他派遣先エリア)
・バンフ
・ジャスパー
・フォートマクマレー
・イエローナイフ等
ポジション
・ハウスキーピング
・ディッシュウォッシャー
・キッチンヘルパー
・レストラン案内係
・ハウスマン
・ベルボーイ/ガール
・フロントデスクアシスタント
時給 15ドル~
スタッフ寮 1人部屋~4人部屋(キッチン・バスルーム・リビング共用)
※選択不可
※男女混合のスタッフ寮の場合もございます。
スタッフ寮 250ドル~600ドル/月(派遣先企業により条件は異なる)
食事 朝食無料、昼夕3ドル
ビザ ワーキングホリデービザ、その他就労可能なビザ

※こちらは一例です。
※参加者の英語力や経歴、受け入れ側の空き状況によって派遣先やポジション、条件は異なります。
※このプログラムは、「面接の手配」までを保障するものであり、100%希望に沿った職種での採用を保障するものではありません。

バンフってどんなところ?


バンフってどんなところ?

世界で3番目に歴史のあるバンフ国立公園にある、カナディアンロッキー観光の中心地の町です。バンフ国立公園は世界遺産に登録され、カナダで初めて指定を受けたことも有名です。人口8,000人ながらも町から一歩外にでると、圧倒的な美しさと雄大さを誇る、大自然の世界が広がります。夏場はロッキー山脈の登山客、冬場はスキー客などのリゾート地としてもにぎわっています。日本で言えば北海道のような気候で、見所豊富な観光地としてだけだなく、温泉保養地としても人気です。




参加資格


参加資格

  • 18歳以上で心身ともに健康な方
  • ワーキングホリデービザをお持ちの方
  • 4カ月以上働ける方
  • TOEIC400、または同等レベルの英語力

※お申し込み前にスカイプにて英語力をチェックし、すぐにお仕事開始が可能か、またはどれくらいの英語学習が必要かアドバイスします。




留学プラン例


留学プラン例

日本出発⇒ワーホリビザでカナダに入国
2~8週間 例)バンクーバーにてホームステイ滞在 ※バンクーバー以外でも可
語学学校&事前研修→面接を受け派遣先決定、派遣先へ移動
8カ月間 ハウスキーバーとして5ヶ月勤務後、ホテルのイベント会場スタッフとしても掛け持ち勤務
2カ月間 仕事で貯めたお金でTOEIC対策のプログラム受講やカナダ・アメリカ国内を観光旅行
カナダ出国⇒日本へ帰国



研修内容

  • カナダの歴史
  • カナダの就労法と祝祭日
  • 北米と日本のビジネスの違いについて
  • 面接対策
  • ビジネス英語研修
  • 英文履歴書の作成方法と添削



カナダ有給インターンシップのメリット


カナダ有給インターンシップのメリット

  • 英語に自信がなくてもOK!→個々の英語レベルに適した就労先をご紹介
  • カナダの現地企業で仕事ができる→英語力を伸ばせて貯金もできる
  • 世界中から集まったスタッフと一緒に働ける→コミュニケーション力の向上、出会い
  • 修了証・推薦状が取得できるので就職に有利→キャリアアップ
  • カナダ人と同じ給与がもらえる→円安にあっても外貨を獲得するチャンス



カナダ有給インターンシップ参加までの流れ

  1. プログラム内容の確認
  2. 英文履歴書の提出
  3. 現地求人コーディネーター(カナダ)と打ち合わせ(オンライン)
  4. お申し込み&お支払
  5. ビザ取得~渡航
  6. 就業先からジョブオファーレターを発行
  7. 研修開始
  8. 研修終了~推薦状の取り寄せ

【STEP1】プログラム内容の確認

プログラム概要や料金を当ページにてご確認いただき、今までの経験や細かいご希望などございましたら事前にご共有ください。
※カウンセリングなしでもご応募いただけます。

【STEP2】英文履歴書の提出

CV_Resume(履歴書※日本語でも可)を作成していただき、当社に提出後、現地求人コーディネーター(カナダ)との面接設定を行います。

【STEP3】現地求人コーディネーターと打ち合わせ(オンライン)

事前準備として日本でやっておくべきことなどを踏まえてベストな渡航時期(勤務開始時期)を確認。また、現地求人コーディネーターとの打ち合わせ(オンライン)にて英語力チェック。


現地(カナダ)コーディネーターのカウンセリング(オンライン)
日本時間:火曜日~土曜日の午前6時–午前10時 ※当日予約は不可

【STEP4】お申し込み&お支払

お申込フォームへご記入いただきます。
APPLICATION/お申し込み
お申込み&お支払完了次第、現地コーディネーターがマッチング作業を開始いたします。

※プログラム開始の4~6週間前を申込期限とさせていただいております。

【STEP5】ビザ取得~渡航

カナダ国内で有給で働く為にはそれぞれ、就業内容に応じたビザの取得が必要です。対象となるワーキングホリデービザ、Coopビザの取得のサポートを致します。
※別途ビザ申請サポート料金が発生(有料オプション)
※すでに現地にいらっしゃる方は不要

【STEP6】就業先からジョブオファーレターを発行

ジョブオファーレターへご署名いただき、スタッフ寮への入居日程が決定。

【STEP7】研修開始

研修先と研修内容の確認を行い、いよいよ研修がスタート。滞在期間中は仕事の相談から生活サポートまで現地コーディネーターがフォローアップしていきます。

【STEP8】研修終了~推薦状の取り寄せ

海外での就業体験はキャリアアップの為の大きな武器。受け入れ企業・団体による就業実績を評価した推薦状を取り寄せます。帰国後の就・転職の際に履歴書と併せて提出すればキャリアアップの大きな味方になります。


※英語力が足りない場合や英語に自信がない方は語学研修後にご参加いただけます。




プログラム概要


プログラム概要

プログラム料金

350,000円(税別)※通常料金

270,000円(税別)※毎月5名までのキャンペーン料金

参加費に含まれるもの

  • 参加者専用オリエンテーション
  • 面接前の事前研修(3回)※1)
  • 面接の手配※2)
  • 派遣先への移動方法のご案内
  • 派遣後のお仕事に関するご相談対応※3)

※1)面接前の事前研修 カナダの就労法や祝祭日、日本との仕事環境の違い、英文履歴書の書き方、面接の受け方などを学び、マンツーマンで面接の練習を行います。
※2)面接の手配 派遣先候補との面接は通常電話かスカイプで行います。もし最初の面接で不採用となってしまっても、2つ目までの面接をお手配可能です。※カナダの冬場など求人数が少ない時期は労働時間が短い場合があります。
※3)派遣後のお仕事に関するご相談対応 お仕事開始後は基本的には参加者と派遣先の間で直接やり取りしていただきますが、それでも解決できないことがあれば、現地デスクが窓口となって解決のお手伝いをします。

参加費に含まれないもの

  • ビザ申請サポート費用
  • バンクーバーや派遣先まで移動費用
  • 海外旅行傷害保険加入費用
  • パスポート申請費用
  • 現地での滞在費用、食費、交通費、お小遣い



バンフへのアクセス

まずはカルガリー国際空港(空港コード:YYC)着の便をご予約ください。カルガリー国際空港はバンフ観光の空の玄関口として多くの観光客がご利用されています。

深夜・早朝発着の便は避ける

LCC(格安航空会社)によって、深夜・早朝発着のフライトが増えてきましたが、深夜・早朝発着の場合、バスやシャトルバスが運行していません。特に21:00〜09:00発着のフライトは要注意です。

日本からカルガリーへの主要ルート

直行便(日本⇒カルガリー国際空港)

所要時間:約8時間
最も疲れにくいメインルートです。成田空港のみとなるため、関東在住の方以外には国内移動がネックになります。

アメリカ経由は要注意!
フライト検索・比較サイトなどを使っているとよくでてくるルートです。
ただし、アメリカに一旦入国する必要があるため、ESTAの取得が必要だったり、入国審査に予想以上に時間がかかったりします。乗り継ぎの時間が読めないケースが多いため、あまりおすすめではありません。

乗り継ぎ便(成田、羽田、関西国際空港⇒バンクーバー国際空港⇒カルガリー国際空港)

所要時間:約16時間 ※乗り継ぎ時間によりもっとかかる場合もあり
最もフライトの選択肢が多いルートですが、乗り継ぎ時間として最低2~3時間は確保したいため、総移動時間が長くなり疲れてしまうことがデメリットです。

※アメリカ経由はなるべく避ける

大手比較サイトなどを使っているとよく検索に引っ掛かるルートですが、アメリカに一旦入国する必要があるため、ESTAの取得が必須です。また、入国審査に予想以上に時間がかかったりします。乗り継ぎの時間が読めないため、乗り継ぎに失敗する事例もあり、あまり推奨しておりません。

カナダ他都市からカルガリーへの移動時間(目安)


都市 所要時間
バンクーバー 約1時間30分
 トロント 約4時間弱
モントリオール 約4時間
ビクトリア 約1時間30分

カルガリー国際空港からバンフへの行き方

カルガリー国際空港からバンフまでの所要時間は約2時間です。

シャトルバスを利用(日本語ツアー会社)

日本語で事前手配可能な送迎サービスがおすすめです。日本語、もしくは英語ドライバーが丁寧な運転でバンフと空港間を送迎いたします。

カルガリー空港 ⇔ バンフ、キャンモア市内ホテル 空港送迎サービス <乗合/日本語または英語ドライバーガイド>

シャトルバス専門の会社を利用

カルガリー国際空港の最終便が22:30、バンフからカルガリー空港への始発が05:00など、運行している時間帯が幅広いことが特徴です。

Banff Airporter

老舗ツアー会社シャトルバスを利用

カナディアンロッキーの老舗ツアー会社が運営している、カルガリー空港発のシャトルバスです。

Brewster Express



参加者体験談(K.Mさん/27歳/男性)


参加者体験談(K.Mさん/27歳/男性)

英語には自信がなかったものの、海外で仕事をしてみたいという夢を実現するために参加を決めました。2か月の語学学校を終えた後、バンフへ出発。移動中は不安とワクワク感で複雑な気持ちでした。いざハウスキーパーの仕事が始まると、最初は同僚との会話についていけず悔しい思いもしましたが、大変な仕事をチームでこなすうちに同僚達とはすぐに仲良くなりました。休日はみんなでBBQをしたり、冬はスノーボード、夏はハイキングと、人生で一番アクティブに生活していたと思います。頭で考えずに自然と英語で会話していることに気づいたときは自分でもびっくりしました。日本に帰る前に、貯めたお金でスペイン人の同僚と北米横断旅行を計画中です!

参加者体験談(Iさん/男性)


参加者体験談(Iさん/男性)

カナダでの就労経験取得と英語力のブラッシュアップを目標にWPS有給インターンにさんかされたIさん。研修での英語面接の練習では日本語で言えることが英語になるとたどたどしくなってしまうことが悔しかったですが、3回の研修を経てレイクルイーズのホテルでの採用が決まりました。一か月がたつ頃にはバンクーバーにいた時よりも話す機会が増えたことで上達が感じられました。ルームメイトとも仲良くなり、誕生日にはケーキを用意して歌を歌い、サプライズパーティーを開いてくれました。レイクルイーズでの生活は素晴らしい経験ばかりで、いろいろな人と仲良くなることもでき、自分の求めていた環境そのものでした。その後もしばらくホテルで勤務を続け、現在はバンクーバーに戻って生活しています。