PHILIPPINES

フィリピン

クラーク留学



フィリピンの特別経済区であるクラークは首都マニラから北西に90キロ、車で約2時間のところに位置し、「クラーク国際空港」には日本からの直行便もあるので、海外・国内旅行にも大変便利な立地です。クラークには元々アメリカ空軍基地があったため、道路が整備されており、近郊には高級ホテルやゴルフ場、観光・レジャー施設などが点在しています。また、クラークにはアメリカ人も大勢居住しているので、学習した英語をアウトプットする環境としても適しています。


クラーク留学の特徴


クラーク留学の特徴

クラークはマニラから北に車で2時間程の距離に位置し、マニラ等の都市部と比べ、圧倒的に治安が良く学習環境に最適!


クラーク留学の特徴

クラークにはアメリカ空軍の基地があった影響から高級ホテルやレジャー施設が多く立地し、現在も多くの欧米人が居住!


クラーク留学の特徴

クラークには国際空港が立地しフィリピン国内外に簡単にアクセスできるので、2カ国留学をご検討中の方にもお勧め!


クラーク留学について

クラークにはかつてアメリカ空軍の基地が位置していたため、現在もアメリカ人が多く暮らすエリアで、各語学学校にもネイティブスピーカーが大勢在籍しているのが特徴です。クラークの街は都会でも田舎でもありませんが、街中にはショッピングセンターやカフェなどがあるので生活に不自由することはなく、近郊には緑も多いため、のんびりとした環境の中で学習を進めることができることがクラーク留学の特徴です。



欧米の雰囲気が色濃く残る多国籍環境


欧米の雰囲気が色濃く残る多国籍環境

約33,000ヘクタールもの広大な敷地を有するクラーク経済特区内には多くの外国企業が進出し、世界的に人気の高い観光地である香港やマカオをモデルにした投資開発が現在も進められています。また、アメリカ植民地時代の面影が今なお色濃く残っており、一部ではアメリカの街並みを堪能することができ、多くの欧米人が暮らしているので、「リトルカリフォルニア」と呼ばれることも頻繁にあります。クラークの環境を活かして、クラークに立地するほとんどの語学学校にはネイティブ講師が在籍しており、ネイティブの洗練されたレッスンを受講することができますので、フィリピン留学後、オーストラリアやニュージーランド、カナダなどの先進国水準にある英語圏に留学(ワーキングホリデー)する方も少なくありません。



便利な立地


便利な立地

クラーク空港は、韓国のソウルやシンガポール、バンコク、台湾、マカオなどへのフライトもある国際空港で、ルソン島の交通の中心地となっており、日本からも関西国際空港からのジェットスター航空が直行便フライトを就航させており、2019年8月からは、セブパシフィック航空が成田~クラーク間の直行便航路を新たに就航させます。フィリピンの首都マニラまでは約2時間、フィリピン屈指の人気観光保養地バギオまでは約3時間、数多くのビーチリゾートがあるスービックまでは約1時間で移動することができ、どこに行くにも便利な環境です。また、クラークには多くのゴルフ場をはじめ、ホテルやカジノ、リゾートエリアがあり、観光客も多いため、ショッピングセンターやレストラン、マッサージ店などのインフラが十分に整っています。



アメリカのような街並み


『リトル・カリフォルニア』と呼ばれる都市

マニラから北に車で2時間ほど進んだところにクラーク経済特別区があります。
元々、米軍クラーク空軍基地があったため、リタイアメントした裕福な欧米人や旅行者も非常に多く、今でもアメリカの一部を切り取ったような雰囲気を街のあちこちで感じることができます。空軍基地とともに街おこしをしてきた歴史がある為、他都市に比べて安全で清潔です。



ネイティブスピーカーが大勢在籍


ネイティブスピーカーが大勢在籍

アメリカ人の居住率が高く、病院、学校、ホテル、飲食店、ゴルフ場などの施設や生活環境(インフラ)も整っています。クラークの多国籍環境を活かして、ほとんどの語学学校にはネイティブ講師が在籍しており、ネイティブの洗練されたレッスンを受講することができます。クラーク留学後、オーストラリアやニュージーランド、カナダなどの先進国水準にある英語圏へ留学する方も少なくありません。都会すぎず田舎すぎず、ヨーロッパからの移住者が多いエリアのため、習った英語をアウトプットする環境としても適しています。



他国や他都市へのアクセスが良好


他国や他都市へのアクセスが良好

クラークには国際空港があります。
セブやボラカイなどのフィリピン国内のリゾート地はもちろんのこと、マレーシア・香港・マカオ・バンコク・シンガポール・韓国など、クラークを拠点にアジアの主要都市へ気軽に足を伸ばせます。
この「アジアの玄関口」としての利便性から、世界中のリタイアメントされた方やロングステイを目的とする方が多く集まっており、豊かな国際色を実現しています。



日本人が少ない穴場留学先


日本人が少ない穴場留学先

日本からの直行便は関西国際空港からのジェットスター航空のみで、その分穴場の学習環境と言えます(2019年8月よりセブパシフィック航空が成田~クラーク間の直行便就航)。
実は、このクラークが今後マニラよりも重要になるのではないか、と言われています。
マニラにもニノイ・アキノ国際空港がありますが、いつも混雑していて、土地にも余裕がないため拡張も難しく、ハブの役割を果たす能力がないという問題が以前からありました。
そのためクラーク国際空港のターミナルビルを増設し、滑走路を増やす工事を行っており、将来的には東南アジアのハブとしての機能をクラークが担うとも言われています。
余談ですが、高台に位置しているので、フィリピンでの台風による水害の心配もいりません。



周辺の観光名所も充実


周辺の観光名所も充実

多くのゴルフ場をはじめ、ホテルやカジノ、リゾートエリアがあり、観光客も多いため、ショッピングセンターやレストラン、マッサージ店などのインフラが十分に整っています。
スービック湾自由貿易地域(SBFZ)と呼ばれる地域は、年間700万人が訪れる高級リゾート地で、欧米人に人気があります。
また、土日などを利用すればフィリピン屈指の人気観光保養地『バギオ』を観光することもできます。


クラーク留学 語学学校MAP





周辺環境

ショッピングセンター


マーケット


公園


経済特区エリア内