KNOWLEDGE

留学豆知識

フィリピン留学時の注意点


フィリピン留学の際に必要になるもの


No 項目 詳細
1 ワクチン接種証明書(英文) コロナワクチン接種英文証明書
2 陰性証明書※ワクチン2回以上接種の場合、不要
出発前24時間以内に受診した抗原検査
※ワクチン2回以上接種完了の場合、検査不要
3 eARRIVAL CARD 出発72時間以内からの登録可能
4 往復航空券 / フィリピンから第三国への出国チケット
30日以内のリターンチケット / 30日以内の入国用権利放棄チケット
5 海外旅行保険 海外旅行保険未加入でも渡航可能
※ただし、海外旅行保険の加入を推奨
6 パスポート 6カ月以上残存期間が残っているパスポート

ワクチン接種証明書(英文)

紙媒体

ワクチン接種証明書の申請先は、接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)です。
接種後に転居された場合など、1回目・2回目・3回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。

ワクチン接種に関しては、2回接種と3回接種で、日本帰国時の自宅待機等の条件が異なります為、可能であれば、3回のワクチン接種を終えてから渡航することをお勧めいたします。

申請に必要なもの
(1)申請書 ※1
(2)海外渡航時に有効なパスポート ※2
(3)接種券のうち「予診のみ」部分 ※3
(4)接種済証又は接種記録書 ※4
注:このほか、場合によって必要となる書類があります。詳細は各自治体のHPの確認等をお願いします。

※1 各市町村で準備されます。
※2 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポートの番号が一致する必要があります。接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。旅券発給申請中の方は、パスポートが交付された後に接種証明の申請を開始してください。また、外国籍の方等、外国政府の発行する旅券等でも申請は可能です。
※3 (3)がない場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。マイナンバーが確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でもかまいません。
「予診のみ」部分とは、以下の部分を指します。
※4 (4)を紛失した場合は、予診票の写し(本人控え)でもかまいません。
※5 (2)~(4)はいずれも写しでもかまいません。

ワクチン接種証明書の記載内容
接種証明書には、接種者に関する事項(氏名、生年月日等)及び新型コロナワクチン接種記録(ワクチンの種類、接種年月日等)に加え、海外渡航時に利用できるよう、旅券番号等を記載することとしており、これらの情報を日本語と英語で表記します。また、偽造防止対策を行っています。

出典:厚生労働省ホームページ

デジタル

ワクチン証明書(英文)の郵送での取り寄せの場合、通常7~10日のお時間を要しますが、市区町村によって発行スピードは異なるため、事前にお住まいの市町村にご確認をお願いいたします。

【注意点】
FUJIYAMA Internationalでは、市区町村が発行する"ワクチン接種証明書(紙でプリントアウトされたもの)"と、現地到着後に役立つ"接種証明書アプリ(二次元コード)"の両方の取得を推奨しております。
海外渡航時のワクチン接種証明書について

もしお取り寄せが間に合わない場合、下記のアプリをインストールし、発行データを印刷するといった応急処置にて対応をしております。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

陰性証明書


年齢 ワクチン接種回数 陰性証明書
18歳以上 1回または0回 必要
2回 不要
3回以上 不要
15~17歳(単独留学) 1回または0回 必要
2回 不要
3回以上 不要
6~14歳の親子留学 親が1回または0回 必要
親が2回 不要(親子)
親が3回以上 不要(親子)
5歳以下の親子留学 親が1回または0回 必要
親が2回 不要(親子)
親が3回以上 不要(親子)

eARRIVAL CARD

日本出国72時間を切ってから「eARRIVAL CARD」への登録

eARRIVAL CARDの登録方法

航空券(航空券手配)

30日を超える留学の場合、以下のいずれかの方法で航空券をお手配いただく必要がございます。

①復路の日程変更が可能なチケットを購入する。
復路便をフィリピン入国後30日以内に出国する便でお手配し、フィリピン入国後に本来の搭乗日にご変更いただきます。
予約変更のための手数料が追加で必要になってしまいます。

②往復チケットとは別に、30日以内にフィリピンを出国する入国用権利放棄チケット
LCCにてマニラから台湾などの近距離国際線の片道チケットを購入し、実際には搭乗しないというものです。
格安のキャンペーン価格となっているフライトを探すのに手間が掛かります。
上記の場合、入国用権利放棄チケットとは別に、正式な復路便を購入する必要が出て参ります。

※現地で留学期間の延長をお考えの場合、往路の片道チケットに加え、30日以内に出国する入国用権利放棄チケットでも問題ございません。この場合、フィリピン入国後、ご帰国(出国)日が決定次第、現地で出国便チケットをお手配いただくようになります。

海外旅行保険(保険手配)

2022年5月30日より保険加入が入国の要件から外れましたが、当社では引き続き、海外旅行保険の加入を強く推奨しております。
保険加入を義務付けている学校も実は多く、クレジットカード付帯保険では入学不可と定めているところなどもございます。

▼クレジットカード付帯保険の注意点はこちら

必須項目ではない以上、ご自身で判断はお任せしますが、有事の際には自己責任にてお願いいたします。

パスポート

残存有効期間6カ月以上のパスポート

フィリピン入国・日本帰国条件


年齢 ワクチン接種回数 抗原検査(24h以内) ワクチン接種証明 保護者の同意書
18歳以上 1回または0回 必要 不要 -
2回 不要 必要 -
3回以上 不要 必要 -
15~17歳
(単独留学)
1回または0回 必要 不要 不要
2回 不要 必要 不要
3回以上 不要 必要 不要
6~14歳の親子留学 親が1回または0回 必要 不要 -
親が2回 不要(親子) 必要(親子) -
親が3回以上 不要(親子) 必要(親子) -
5歳以下の親子留学 親が1回または0回 必要 不要 -
親が2回 不要(親子) 必要(親) -
親が3回以上 不要(親子) 必要(親) -

その他お役立ちサイト

▼お金の持っていき方(フィリピン留学)はこちら

▼フィリピン留学必需品はこちら

▼携帯電話についてはこちら







フィリピンから帰国する際に必要になるもの


2022年6月1日からの水際対策措置の見直しにより、「赤」・「黄」・「青」の区分が決定されました。
なお、フィリピンは「青」に指定されました。


滞在していた国・地域の区分 有効なワクチン接種証明書 入国時の検疫措置
出国前検査全員必須 到着時検査 待機
問わない × ×
あり × ×
なし 自宅3日間 ※1
あり 自宅3日間 ※1
なし 施設3日間 ※2

※出国前72時間以内の陰性の検査証明書は、滞在していた国・地域に関わらず全員が提出必要です。
※ワクチン接種を「あり」とできるのは、日本政府が定めたワクチンを接種している場合に限ります。

最新情報の確認

日本へ入国・帰国する際に適用される具体的な手続きは下記のURLをクリックすると確認ができます。

●厚生労働省・入国者健康確認センター 日本へ入国・帰国する皆様へ
https://www.hco.mhlw.go.jp/

※入国時のルールは随時変動しておりますので、各自、必ず最新情報をご確認ください。

(1)入国前

PCR検査

出発72時間以内のPCR検査陰性証明書(日本書式あり)※紙ベース必要

フィリピンからご帰国される際には、ワクチン接種3回目(ブースター接種済み)の方”以外”は、フィリピンを出発する72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要になります。

病院等でPCR検査をお受けいただき、その際に日本様式の検査証明書に医師から必要事項を記入していただくようになるので、
同書式をプリントアウトしてお持ちいただくことをお勧めいたします(学校でもプリントにご対応いただけます)。

PCR検査を受診いただく検査機関は学校でご紹介いただけます。


年齢 ワクチン接種回数 帰国前PCR検査
18歳以上 1回または0回 必要
2回 必要
3回以上 不要
15~17歳(単独留学) 1回または0回 必要
2回 必要
3回以上 不要
6~14歳の親子留学 親が1回または0回 必要(親子)
親が2回 必要(親子)
親が3回以上 必要(親子)
5歳以下の親子留学 親が1回または0回 親は必要、子は要確認
親が2回 親は必要、子は要確認
親が3回以上 不要(親子)

搭乗便到着予定日時の6時間前までに検疫手続きの事前登録

  • 出発72時間以内のPCR検査陰性証明書
  • ワクチン接種証明書

アプリの登録

ファストトラックは、Visit Japan Webから行う検疫手続です。 Visit Japan Webの「検疫手続(ファストトラック)」ボタンを押して、事前に証明書等を登録し審査を受けます。

▼インストール方法はこちら

スマートフォン等をお持ちでない方は質問票WEBを入力の上QRコードをお持ちください。

帰国後待機

フィリピンからの入国者及び帰国者については、ワクチン接種の有無にかかわらず、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととなります。※2022年9月7日より日本帰国・入国前PCR検査を条件付きで免除となりました。(日本政府が指定したワクチンの3回接種が条件)