KNOWLEDGE

留学豆知識

フィリピンへの入国


日本国籍者が、観光や語学研修(学位取得を除く)を目的としてフィリピンに入国する際、ビザ不要で最大30日間フィリピンに滞在することができます(30日間無査証短期滞在)。下記、入国の際の必要最低条件となります。

フィリピン入国時の条件


条件①:
有効な往復航空券または第三国へ出するチケットを所持していること
※往路チケットのみでご入国はできませんのでご注意ください


条件②:
パスポートの有効期限が滞在日数(予定帰国日)以上であること

※有効期限が上記日数未満の場合、事前にパスポート更新してください


備考:下記、フィリピン大使館HPより引用です。

「外国人渡航者のフィリピンへ入国の許可に関する判断は入国時の空港での入国管理局に委ねられます。外国人の受け入れ許可は、ビザ発給の担当官ではなく、フィリピン入国管理局の職務に当たるためです。よって、領事部で発行されたビザは、外国人渡航者のフィリピンへの入国を保証するものではありません。」

※上記によれば「条件①②を満たしていても入国が認められない場合もある」と解釈できます
※現地入国審査の際は、紳士的かつ正直に入国審査官に対応しましょう

フィリピン入国時「入国審査の受け答え」


フィリピン留学は、渡航前に日本で各種ビザを申請する必要がなく、旅行で渡航する場合と同様にノービザ(観光ビザ)で入国します。そして、ノービザの観光客が長期滞在や就学を合法的に行うためのビザを、現地到着後に学校が申請代行してくれるようになっています。入国審査時に入国目的を「留学」としてしまうと、留学ビザが必要になってしまいますので、必ず『観光』としてください。入国カードも同様に『観光』の欄にチェックを入れてください。


What's your purpose of your trip? (渡航目的は何ですか?)
→ sightseeing / vacation (観光)

How long will you stay in philippines?(フィリピンにはどれくらい滞在しますか?)
→ ○weeks.(○週間)

Do you have visa ?(ビザは持っていますか?) ※30日を超える滞在の場合
→ I will extend it by myself.(自分で延長します)

航空券/空港使用税


航空券ならびに空港使用税についてご確認ください。


航空券:
フィリピンに入国するためには「有効な往復航空券または第三国へ出国する航空券」が必要となり、往路チケットのみでのフィリピン入国はできません。航空会社や旅行会社によっては、フィリピンに31日以上滞在する場合は「事前の日本でのビザ取得」、もしくは、「到着後30日以内の日程変更可能往路チケットの取得」を求められる場合があります。詳しくは下記の記事をご参照ください。

●フィリピン留学時の航空会社選択方法&空港での日本出国審査について
https://www.fujiyama-international.com/blog/entry-494.html


空港使用税:
セブ空港にて国際線をご利用される場合、空港にて850ペソの空港使用税が必要となりますので事前にご準備ください。

フィリピンへの入国(15歳未満の方の入国)


15歳未満の日本国籍者が、観光や語学研修(学位取得を除く)を目的としてフィリピンに入国する際、単身または親の付き添いがない場合、事前に日本でWEG(Waiver of Exclusion Ground)申請が必要となります。「単身渡航」「親以外が同行(祖父母や兄弟の同行も該当)」「親の離婚・再婚・死別」「親子で苗字が異なる」等に該当される場合は、一度フィリピン共和国大使館にお問合せください。

●フィリピン大使館ホームページ
http://tokyo.philembassy.net/ja/consular-section/services/visa/waiver-of-exclusion-ground-weg/