PHILIPPINES

フィリピン

スービック留学



スービック経済特別区は、大統領直轄の自由貿易地域として広く知られており、多くの外国人が住まいし欧米のような街並みが広がっています。人口1人あたりに対しての警察官比率が最も高い都市でもあり、他都市でよく見かけるジプニーやトライシクルの乗り入れが禁止されています。


スービック留学の特徴


イロイロ留学の特徴

スービックベイフリーポートゾーンは、フィリピンのどこの都市よりもフィリピン人に対する外国人居住者の比率が高い地域!


イロイロ留学の特徴

全ての人が警察によって行われる入退場検査を受ける必要があり、他都市とは異なり拳銃の所持が禁止されている!



自然を生かした観光スポットが多く集まるフィリピン最大の島でもあるルソン島の人気観光地として広く知られている!


スービック留学について

大統領直轄のスービック経済特別区はフィリピンで最も治安の良いフィリピンのモデル都市。人口の実に80%が外国人居住者で欧米の街並みが広がっています。日本からも多くの企業が進出しており、英語+企業インターンへの参加も可能となっている疑似欧米留学をが体験できるフィリピンでも珍しい都市です。


フィリピンNo.1の治安


フィリピン有数の教育都市

人口一人あたりに対する警察官の比率が最も高く、1,500人もの警察官が配備されているフィリピンNo.1の治安を誇る都市です。街中の交差点には大統領直轄のSBFZ(Subic Bay Freeport Zone)警察が監視し、車では交差点での一時停止はもちろん、歩行者も横断歩道以外を渡ることはできません。フィリピンのモデル都市としても広く知られています。

大統領直轄の経済特区エリア


スービック経済特別区はアメリカ海軍基地として利用されてきましたが、1991年の返還後はフィリピン政府に経済特別区と指定され、大統領直轄のスービック湾都市開発庁の管轄下に置かれました。自由貿易港があるため、日本からも数多くの企業が進出ており、スービックベイ国際空港(民間空港)やホテル、ゴルフ場、ショッピングセンター、免税店、病院等、さまざまな施設が充実しています。


コンパクトシティ


フィリピンを代表する安全な都市

スービックの主要エリアは1周5キロほどとコンパクトで、港湾都市として知られており、どこへ行くにも簡単にアクセスすることができる便利な環境となっています。欧米人が多く居住し、人口の80%は外国人居住者とも言われており、街並みは欧米のような雰囲気となっています。移動方法はFB(乗り合いバスのようなもの)やタクシー、Grabとなっており、小さな街ということもあり、どこへ行くにも費用を抑えて移動できます。

充実のアクティビティ


スービックは経済特区エリアとして治安が良いおしゃれな街というだけでなく、海や山の自然に囲まれている都市でもあるため、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。市街地近くにもビーチがありますが、リゾート地やサファリパークまでもタクシーで30-40分程度で行くことができ、ビーチに隣接する形でイルカと一緒に泳ぐことが可能な「オーシャンアドベンチャー」もあるので、週末を利用してアクティビティを満喫することができます。"ズービックサファリ"では、まじかで見ることができるライオン等の動物やワニの餌付けなどを楽しくことができます。

欧米のような街並み


スービックの街並みはアメリカによってデザインされたと言われており、アメリカの雰囲気が残る街並みだけでなく、レストランなどからも欧米のような雰囲気を感じることができます。街中にも大勢の欧米人がいるため、あたかも欧米に来たかのような雰囲気を感じさせてくれます。



スービック留学 語学学校MAP



スービックの写真



スービック 紹介動画