PHILIPPINES

フィリピン

ダバオ留学



ダバオは、フィリピン群島第二の島、ミンダナオ島の南東部に位置しています。市の総面積2,440平方キロメートルは、市としては世界最大で、都市としても発達しており、多くの大学が位置しています。フィリピンは台風の通り道として有名ですが、ダバオは台風の影響が無いため、季節に乾期と雨期の区別も無く、年間を通して降水量・温度・湿度・気圧がほぼ一定で大変過ごしやすい環境となっています。犯罪発生率も低いことから、リゾート地として多くの観光客が訪れています。


ダバオ留学の特徴



人気の留学先であるフィリピンの中でもダバオ留学は日本人学生が少なく、母国語が通じない環境で学習したい方にお勧め!



ダバオはフィリピンオ中で最も治安の良い都市の一つで、平均犯罪発生率は0.8%と世界の平均的な犯罪率以下!


ダバオ留学の特徴

ダバオではゴルフやスキューバダイビング、ジップライン等、さまざまなアクティビティを楽しむことができます!


ダバオ留学について

フィリピンで最も治安の良い都市にも選ばれているダバオは、フィリピン第3の都市でありながら、自然環境も手つかずのまま多く残されているため、都市環境を好む人にも自然環境を好む人にもお勧めできる留学先です。セブなどの都市と比べて語学学校の数は少なくなっていますが、その分日本人留学生の人数も限られているので、集中して学習したい方に適しているのがダバオ留学です。

フィリピン南部の政治・経済・文化の中心地


ダバオ地方の中心都市としても位置づけられており、2,400 km²もの広さを誇るダバオ市は世界最大の行政面積を持つ都市の一つともされています。また、ダバオはマニラ、セブに次ぐフィリピン第3の都市で、街中での歩行喫煙や交通ルール(スピード違反等)、セブなどの観光地でよくある過剰請求行為などの取り締まりが厳しく、安心・安全に生活が送れる都市です。

台風の被害がほとんどない


台風の通り道として有名なフィリピンですが、フィリピン南部ミンダナオ島に位置するダバオは、台風が発生する海域より更に南に位置しているので、他都市とは異なり、台風の被害がほとんどありません。台風の直撃によって停電が数日間も続いたり、断水になってしまう地域もあります。便利で豊かな生活に慣れ親しんだ日本人留学生にとっては、台風災害という不測の事態でインフラが止まる心配をしなくていいのは大きな利点です。

一年を通して過ごしやすい


ダバオは雨季や乾季などもなく、一年を通して過ごしやすく、英語学習に適した都市とも言えます。降雨量、気温、湿度、気圧なども一年を通し変化が少ないことも特徴です。こうした天気の予測のしやすさは、農業生産にとって大きな利点になっています。気温は20度から32度の間で、年平均降水量は2,000mmと安定しているため、国内外に販売するバナナ、パイナップル、コーヒー、ココナッツを栽培する巨大プラントが農地のほとんどを占めています。

リタイアして移住する日本人も増加


ゴルフやスキューバダイビングなどでも有名な地域で、その治安の良さから近年ではリタイアしてダバオに移住する日本人も増えています。また、フィリピンの識字率は93.9%と言われるなか、ダバオは98.05%と識字率が高いため、生活水準の観点からも第2の人生をスタートする場所として適しています。

物価も安い


マニラやセブに比べると物価も安いため費用を抑えられ、安心・安全な環境で費用を抑えて留学した方にお勧めです。タクシーやビール、ローカルレストランなどは日本と比べるとはるかに安く利用できます。例えばタクシーの初乗りがたったの40ペソ(約88円)だったり、コーラが30ペソ(約66円)だったり、日本で言うところのファミレスが150ペソ(約約330円)だったりと、日常生活で利用するお店や生活用品に至るまでとても安いので留学中でも生活費をおさえることが可能です。



ダバオ留学 語学学校MAP




ギャラリー



ダバオ 紹介動画