KNOWLEDGE

留学豆知識

カナダ留学時の注意点


現在カナダへは、ワクチン接種を完了されている方であれば、観光ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデービザを所有することで入国することが可能です。2022年10月1日以降、新型コロナウィルスに関するカナダの入国制限が全て撤廃され、以下の手続きが不要になりました。

  • ArriveCANアプリの登録
  • ワクチン接種証明(英文)
  • カナダ入国前、到着後のPCR検査、抗原検査
  • カナダ到着後の自己隔離
  • カナダ到着後の症状モニタリングや報告

参考サイト:Government of Canada(2022年10月1日)
参考サイト:Find out if you can enter Canada(カナダ連邦政府ホームページ)

入国条件

2022年10月1日以降、コロナ前の状態に戻りました。


入国可否 ビザ無し ワクチン接種の有無に関わらず可能
ビザ有り 学生ビザ・ワーキングホリデービザでの入国が可能
【渡航前】 PCR検査の陰性証明 不要 ※未接種者も不要
ワクチン接種証明 不要
【現地到着後】 現地空港でのPCR検査 なし
入国後の隔離 なし

※ワクチン接種(完全接種、ブースター接種を含む)は必須ではなくなりましたが引き続き“推奨”されています。
※うがい・手洗い等の予防習慣、3密を避ける、マスクの着用、症状がある場合の自宅待機なども引続き推奨されています。

参照:Travel to Canada: Requirements for COVID-19 vaccinated travellers

カナダ留学の際に必要になるもの


【必須】有効なビザ 学⽣・ワーキングホリデー・観光ビザを印刷しておくか、スマホに保存しておきます。
【任意】「ArriveCAN」アプリの登録 アプリをインストール、9月30日以前は事前登録が『必須』でしたが、現在は任意となります。「authenticated(認証済み)」と表示され、QRコードが出たら完了※登録後発行されたレシートの画面を必ず保存および印刷
【任意】カナダで使える電話番号 自己隔離が必要になった場合、カナダ政府がコンタクトをとることができる電話番号が必要です。例えば下記のショップであれば日本語で契約が可能です。

参考サイト:「FUJIYAMA International専用」海外SIMカードサービスのご案内

電子渡航認証(eTA)の取得

※学生ビザ/ワーホリビザ取得者の方は不要です。

●電子渡航認証(eTA)とは?
電子渡航認証(eTA:Electronic Travel Authorization)は、2016年3月にカナダ政府により導入された入国管理制度です。

日本国籍を含むカナダ入国査証を免除されている国籍の方が、カナダ入国に際して6ヶ月以内の滞在を予定する場合は、渡航前にeTAの申請・取得が必要となります。

Government of Canada|電子渡航認証(eTA)の概要
Government of Canada|電子渡航認証(eTA)を申請する

動画
https://youtu.be/kWseeThMtjA

●申請ガイド
下記のPDFファイルをご活用下さい。


ファイルを開く

カナダ政府ウェブサイト(Government of Canada)|電子渡航許可(eTA)申請ヘルプガイド

●申請時期
ほとんどの申請者は数分以内で入力したEメールアドレスにeTA承認メールが届きます。ただし、補足文書の提出を求められる場合や、その他不測の事態等が発生した場合は、手続きに数日を要する場合がございます。つきましてはカナダ行き航空券を購入する際またはカナダ渡航の計画を立てられた段階での申請を強く推奨致します。

※出発日至近にeTAを申請する場合は、搭乗前に渡航認証を取得できないリスクが生じます。
※承認されたeTAをお持ちでない渡航者は、搭乗手続きができませんのでご注意下さい。

●申請料金
eTA申請時に7カナダドルの申請料金の支払いが必要です。
申請料金はeTA申請サイトを通じてクレジットカードまたはデビットカードでのお支払いとなります。

●有効期限
eTAは通常一度認証されると5年間有効で、カナダへの複数回の渡航が可能です。
(一回の滞在につき6ヶ月まで滞在可能)

ただし、5年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効となりますのでご注意下さい。また、渡航者がパスポートを新規に取得した場合は、新しいeTAを取得する必要があります。

海外旅行保険の加入確認

弊社にてジェイアイ損害火災保険の海外旅行保険のお申込みが可能です。

▼保険について

※クレジットカード付帯保険では入学不可と定めているところなどもございます。

▼クレジットカード付帯保険の注意点はこちら

【任意】カナダ政府指定電子フォーム(ArriveCAN)の登録

カナダに向かう航空機への搭乗72時間前以内にカナダ政府指定電子フォーム(ArriveCAN)に必要事項を入力し、入国時にレシートを提示することを任意で推奨しています。

Government of Canada|Use ArriveCAN to enter Canada

なお、情報登録に際して下記項目をご準備下さい。

・Eメールアドレス(カナダ入国後も使用可能なもの)
・電話番号(カナダ入国後も使用可能なもの)
・渡航情報(到着空港、到着日時、フライト便名)
・パスポート情報
・ワクチン接種証明書(ワクチン完全接種済みの場合)
・滞在先情報


●動画
https://youtu.be/h5kmfVnrSoo

*ArriveCAN登録の流れ*

STEP1:ArriveCANのWebページへアクセスまたは専用アプリのインストール
ArriveCANのWebページへアクセスまたは専用モバイルアプリをインストールします
(モバイルアプリは、iOS12以降のAppleデバイスまたはOS6以降のAndroidデバイスが必要です)

STEP2:ArriveCANアカウントの作成
Eメールアドレスとパスワードを設定し、ArriveCANアカウントを作成します
メールアドレスに6桁のVerification Codeが届きますので、コードをArriveCANに入力してアカウント作成を完了します。(Verification Codeは24時間有効です)

STEP3:パスポート情報の入力・ワクチン接種証明書のアップロード
下記渡航情報の入力及びワクチン完全接種者は接種証明書をアップロードします
・パスポート情報
・ワクチン接種有無の選択
・ワクチン接種証明書のアップロード(PDF、PNG、JPEGまたはJPGで2MBまで)
・新型コロナウイルス感染歴の有無

STEP4:渡航目的・フライト情報・健康状態等の入力
下記渡航目的、フライト情報、健康状態等を入力します
・渡航目的
・到着後ランダムで抽出されるPCR検査について
・カナダへのフライト情報
・連絡先
・カナダへの渡航10~180日以内に新型コロナウイルス検査での陽性歴の有無
・新型コロナウイルス症状の有無(発熱や咳、呼吸困難等の症状があるか)

STEP5:登録完了
ArriveCAN Receipt(レシート)が発行されますので、搭乗手続き時及び入国時に提示します
ArriveCAN Receiptについて
上記情報登録が完了すると、Receipt(レシート)が発行され、登録したEメールアドレスにも送信されます。

  • ArriveCAN Receiptは情報登録が正常に行われたことを示すものであり、カナダに入国する資格、予防接種ステータス、その他旅行要件等を満たしている証明ではありません。
  • カナダ入国時に係官に提示し、最終的な入国可否・隔離免除等の判断が下されますのでご注意下さい。
  • なお、ArriveCAN Receiptはモバイルアプリ、Webページ及びEメールアドレスから表示できます。
  • ワクチン完全接種とみなされている場合は、ArriveCAN Receiptの名前の横に(A)(V)または(I)が表示されます
  • (上記アルファベットの表示がない場合、要件に沿ったワクチン接種が行われていないか、接種証明書がアップロードされていないことを意味します)

パスポート

残存有効期間6カ月以上のパスポート

その他お役立ちサイト

▼カナダ留学必需品はこちら

▼携帯電話についてはこちら






到着時の入国手続き等

海外から到着するワクチン完全接種者

①KIOSK端末での個人情報入力
降機後に案内表示に従い、入国審査場にて入国審査を行います
カナダ主要空港では空港内に設置された専用端末(KIOSK)を利用して手続きを行います

②入国審査(入国審査官による対面審査)
KIOSK端末から発行されたレシートを持ってカウンターへ進み、レシートをパスポートと一緒に提示します
入国審査官が滞在目的・期間などを質問しますので英語でお答えください

③受託手荷物の受け取り
空港からはピックアップ用車・タクシー等でホームステイ先・学生寮等の滞在施設に直行します

④税関検査
KIOSK端末で個人情報登録を行った場合は、紙の税関申告書の記入は不要です(端末に入力済み)
(KIOSK端末を利用しなかった場合は、紙の税関申告書へ内容記入し係員に提出します)

⑤無作為抽出での新型コロナウイルス検査実施
到着後ランダムにPCR検査が行われますので、該当した場合は係官の指示に従って検査を受検して下さい
なお、検査実施の場合でも検査結果を空港で待つ必要はありません
(無作為抽出での検査で陽性反応が出た場合は、10日間の強制隔離となります)

キオスク端末での個人情報入力(PIK: Primary Inspection Kiosks)
2017年よりカナダ主要空港において、空港内に設置されたキオスク端末(Primary Inspection Kiosk)を利用する入国手続が実施されています。

カナダ国境サービス庁(CBSA)|Declare your travel information at primary inspection kiosks


カナダから日本へ入国・帰国時の注意事項


2022年6月1日からの水際対策措置の見直しにより、「赤」・「黄」・「青」の区分が決定されました。
なお、カナダは「青」に指定されました。


滞在していた国・地域の区分 有効なワクチン接種証明書 入国時の検疫措置
出国前検査全員必須 到着時検査 待機
問わない × ×
あり × ×
なし 自宅3日間 ※1
あり 自宅3日間 ※1
なし 施設3日間 ※2

※出国前72時間以内の陰性の検査証明書は、滞在していた国・地域に関わらず全員が提出必要です。
※ワクチン接種を「あり」とできるのは、日本政府が定めたワクチンを接種している場合に限ります。

最新情報の確認

日本へ入国・帰国する際に適用される具体的な手続きは下記のURLをクリックすると確認ができます。

●厚生労働省・入国者健康確認センター 日本へ入国・帰国する皆様へ
https://www.hco.mhlw.go.jp/

※入国時のルールは随時変動しておりますので、各自、必ず最新情報をご確認ください。

(1)入国前

PCR検査

出発72時間以内のPCR検査陰性証明書(日本書式あり)※紙ベース必要

カナダからご帰国される際には、ワクチン接種3回目(ブースター接種済み)の方”以外”は、カナダを出発する72時間以内のPCR検査陰性証明書が必要になります。

病院等でPCR検査をお受けいただき、その際に日本様式の検査証明書に医師から必要事項を記入していただくようになるので、
同書式をプリントアウトしてお持ちいただくことをお勧めいたします(学校でもプリントにご対応いただけます)。

PCR検査を受診いただく検査機関は学校でご紹介いただけます。

搭乗便到着予定日時の6時間前までに検疫手続きの事前登録

  • 出発72時間以内のPCR検査陰性証明書
  • ワクチン接種証明書

アプリ登録

ファストトラックは、Visit Japan Webから行う検疫手続です。 Visit Japan Webの「検疫手続(ファストトラック)」ボタンを押して、事前に証明書等を登録し審査を受けます。

▼インストール方法はこちら

スマートフォン等をお持ちでない方は質問票WEBを入力の上QRコードをお持ちください。

帰国後待機

カナダからの入国者及び帰国者については、ワクチン接種の有無にかかわらず、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととなります。※2022年9月7日より日本帰国・入国前PCR検査を条件付きで免除となりました。(日本政府が指定したワクチンの3回接種が条件)