PHILIPPINES

フィリピン

LSLC (Language Skills Learning Center)




LSLCの特徴


LSLCは現地大学の付属語学学校ですが、大学には、小・中・高校生も通っているので、若年層の方は小学校の授業等に参加することも可能です。大学付属校という特徴を生かして、アクティビティとして大学生向けに日本語クラスの提供を行っており、希望者は同日本語クラスで日本語を教えることもできます。

地元大学生が受講する日本語クラスに参加可能


大学付属校という特徴を生かして、アクティビティとして大学生向けに日本語クラスの提供を行っており、希望者は同日本語クラスで日本語を教えることもできます。日本語クラスアクティビティに参加する多くの学生は、同アクティビティで大学生と友達となり、レッスン外でも多くの英語を話せる環境を自ら作り、英語力の向上に努めています。

バコロド屈指の利便性


大学敷地内にはバスケットコートや図書館、自販機、カフェテリア等が立地しており、語学学校に通学する学生は自由に利用することが可能です。ただし、語学学校に関しては、マンツーマンルームと職員室のみが大学敷地内に立地しており、グループクラスや一部のマンツーマンクラス、食堂、ジム、シアタールーム、売店等は大学の外に立地する学生寮内にありますが、大学から徒歩3分程度の好立地で不自由はなく、また、学校(大学)はバコロドに立地する語学学校の中で、最も市街地に近い場所にあり(目抜き通りまでは徒歩5分程度と抜群のアクセス)、コンビニやバコロド最大の病院も目と鼻の先に立地しているので、現地生活への問題は全くありません。

アウトプットを目的とした課外授業


毎週金曜日の授業はアクティビティクラスとして"課外授業"を提供しており、先生と生徒がバコロドの街中の店舗や観光地に出向いて、地元フィリピン人への英語インタビューを行うなどして、学習した英語をアウトプットできる環境を提供するようにしています。

引率のみの親子留学も可能


親子留学も受け入れておりますが、他校とは異なり、親御様がお子様の引率でくる場合で、且つレッスンを受けない場合でも、学生寮滞在が可能な珍しいタイプの学校でもありますので、 「子どもは留学希望だけど親は引率のみ…」とお考えの方々に最適な環境です。

安心・安全の学生寮


学生寮は2014年に新築し、とてもきれいな環境で、警備員の配置だけでなく、入り口には指紋認証システムが導入されているので、部外者が入ってくることは皆無に等しく、学生寮の廊下には24時間利用可能で、TVやソファーなどが設置されている「Wi-Fiルーム」がありますので、インターネットを使いたい方はそちらに集まります。

ポケットWi-Fiの格安貸出


学校のサービスとしてポケットWi-Fiの貸出(月300ペソ)も行っているので、「現地でどうやってポケットWi-Fiを買えばいいか分からない…」という方にも安心です。

主要都市まで簡単にアクセス可


バコロド空港からセブまで飛行機で20~30分程度、マニラまでは1時間程度と近いので、週末を使ってセブやマニラ旅行を楽しまれる学生も大勢いらっしゃいます。

安心の現地サポート体制


初日のオリエンテーションの際には、バコロドの目抜き通りまで車で連れて行ってくれるので、「どこにどんなお店があるか」も把握でき、そのままバコロド最大のショッピングモールであるSMモールで日用品の買い出しを行い、その場で両替なども可能です。




LSLCの教育プログラム

グループレッスン
初めの4週間は1:8のグループレッスンを2時間行います。4週間以降は1:4を1時間、1:8を1時間の計2時間行います。マンツーマンレッスンで学んだことを、グループレッスンで活かします。

マンツーマンレッスン
通常授業で4時間、一日マンツーマンレッスンを行います。先生と1:1の授業形式なので、英語がまったくできない方でも、疑問や問題を先生に全て問うことができ、重点的に学習を行えます。

教育プログラム
初めの4週間は1:8のグループ授業を2時間受講。
4週目以降は1:4のグループクラスを1時間、1:8グループクラスを1時間の計2時間。

OPTION CLASS
CNN、TOEIC-Listening、TOEIC-Reading、Speech Word Building、TOEFL、Discussionの計9コース

専門家講師
講師の読み、書き、会話、聞き取りの領域別に専門化!
それぞれの講師は専門分野に関してさらに深く研究し、トレーニングを行うことで、教育水準を高め、充実した授業を徹底的に行っています。




LSLCの1日の流れ


時間
07:00-08:00 朝食 自由時間
08:00-12:00 1:1クラス(リーディング&ライティング)+グループクラス
12:00-13:00 昼食
13:00-17:00 1:1クラス(リーディング&ライティング)+グループクラス
17:00-18:00 OPクラス(CNN/TOEIC/SITCOM/PATTERN English) 自由時間
18:00-19:00 夕食
19:00-21:00 OPクラス(WORD BUILDING/PUBLIC SPEAKING)
21:00-24:00 自由時間



LSLCのコース


コース名 コマ数
Regular Course 通常コース:マンツーマン4時間+グループクラス2時間+選択授業2時間
Intensive Course 集中コース:マンツーマン5時間+グループクラス2時間+選択授業2時間
TOEIC・TOEFL・IELTS Course※同時期に受講生が5名未満の場合 1日マンツーマン5コマ+無料グループ2コマ+夜間無料グループ3時間
TOEIC・TOEFL・IELTS Course※同時期に受講生が5名以上の場合 1日マンツーマン4コマ+グループ2コマ+無料グループ2コマ+夜間無料グループ3コマ
親子留学(子ども)※4~15歳対象 1日マンツーマン6コマ
親子留学(保護者) 1日マンツーマン5コマ



2019年料金表

●Regular Course


期間 1週間 2週間 3週間 4週間 8週間 12週間 16週間 20週間 24週間
1人部屋 $600 $900 $1,200 $1,500 $3,000 $4,460 $5,940 $7,420 $8,900
2人部屋 $470 $770 $1,050 $1,330 $2,660 $3,950 $5,260 $6,570 $7,880
3人部屋 $370 $670 $950 $1,230 $2,460 $3,650 $4,860 $6,070 $7,280

●Intensive Course


期間 1週間 2週間 3週間 4週間 8週間 12週間 16週間 20週間 24週間
1人部屋 $650 $950 $1,250 $1,550 $3,100 $4,610 $6,140 $7,670 $9,200
2人部屋 $520 $820 $1,100 $1,380 $2,760 $4,100 $5,460 $6,820 $8,180
3人部屋 $420 $720 $1,000 $1,280 $2,560 $3,800 $5,060 $6,320 $7,580

※Intensive Courseは【ボキャブラリー&強制自習クラス】への参加が義務
※Intensive Courseは月曜~木曜まで外出禁止

●TOEIC・TOEFL・IELTS Course


期間 1週間 2週間 3週間 4週間 8週間 12週間 16週間 20週間 24週間
1人部屋 $700 $1,000 $1,300 $1,600 $3,200 $4,760 $6,340 $7,920 $9,500
2人部屋 $570 $870 $1,150 $1,430 $2,860 $4,250 $5,660 $7,070 $8,480
3人部屋 $470 $780 $1,050 $1,330 $2,660 $3,950 $5,260 $6,570 $7,880

●親子留学(子ども)※4~15歳対象


期間 1週間 2週間 3週間
2人部屋 $420 $720 $1,000
3人部屋 $420 $720 $1,000

※2019年8月4日入寮以降受け入れ可

●親子留学(保護者)


期間 1週間 2週間 3週間
2人部屋 $370 $670 $950
3人部屋 $370 $670 $950

※2019年8月4日入寮以降受け入れ可

日本でお支払いただく費用

①入学金:100ドル
②空港ピックアップ:30ドル
③海外送金手数料:3,000円

現地でお支払いいただく費用

①ビザ延長費用:31日以上滞在される方
 1回目の延長:2,330ペソ(8週)
 2回目の延長:3,400ペソ(12週)
 3回目の延長:1,930ペソ(16週)
 4回目の延長:2,430ペソ(20週)
 5回目の延長:2,430ペソ(24週)
②SSP(就学許可証):期間にかかわらず6,200ペソ
③ACR I-Card:3,250ペソ
④教材費:約1,000ペソ/4週
⑤電気代:約700ペソ/4週
⑥寮保証代金:2,500ペソ(退寮時問題なければ返金)




ギャラリー

外観


クラスルーム


学校(学生寮)外観


学生寮


食堂


ジム


その他





動画





NEWS

2019年3月14日:寮の一部が”ENGLISH ONLY ZONE”になります!
英語初級者~中級者の生徒が多いLSLC校では以前よりこんな声がありました。
・授業以外では生徒がみんな母国語ばかり喋っている。
・国籍ごとに固まっていて外国人に話しかけづらい。
そんな声を受け授業以外でももっと英語を話す機会を増やしていただけるよう2019年4月1日(月)より新たに寮のラウンジスペースを”ENGLISH ONLY ZONE"とすることにしました。概要については以下の通りです。
・ラウンジスペースの利用時間である朝7時30分‐夜12時にチェッカーを配置。
・生徒・講師・スタッフの全員がラウンジにいる時の会話は英語のみ。
・生徒・講師・スタッフの全員が母国語を話し1度注意をうけるごとに100ペソの罰金をドミトリー受付にてお支払い。
・罰金は月1で訪問している孤児院「Bacolod Boys Home」に全額寄付。
※この”ENGLISH ONLY ZONEは”ドミトリーラウンジスペースのみ”で学校やドミトリーのその他の施設では今までの通り自由に母国語をお使いいただけます。



視察報告

LSLC視察情報は(2017年5月)こちら





フィリピンの他の学校を探す