学校検索
留学見積
カウンセリング予約
お問い合わせ

ビザについて

フィリピン留学は、渡航前に日本で各種ビザを申請する必要がありません。旅行で渡航する場合と同様にノービザで入国し、ノービザの観光客が長期滞在や就学を合法的に行うためのビザを到着後に学校が代理申請してくれます。

入国審査時に入国目的を「留学」としてしまうと留学ビザが必要になってしまうので、必ず「観光」で入国してください。入国カードも同様に「観光」の欄にチェックしてください。

 

ノービザで入国後、フィリピン国内で申請が必要なビザが3種類あります。

SSP(Special Study Permit)

SSP(Special Study Permit)

SSP(Special Study Permit)は直訳すると「特別就学許可証」となり、フィリピンに観光目的で入国した外国人がフィリピン国内で合法的に勉強するために必要なビザの一種です。発行元はフィリピン法務省管轄の移民局で、フィリピンでの短期間の留学においては必ず必要なビザです。 
たとえ1日であっても「SSP」なしで授業を受けることは違法で、個人的に家庭教師を雇う際にも必ず必要です。もし「SSP」を申請せずに就学し、フィリピン当局に摘発された場合、入国管理法違反で2万ペソの罰金が課せられ、国外追放となります。 
「SSP」は現地到着後の申請で問題なく、ビザの有効期限は6ヵ月間です(「SSP」は学校ごとに発行されるため、転校の際は再申請する必要があります。
必要書類:パスポート・証明写真4枚
費用:約6,500ペソ

滞在ビザ(延長)
日本人の場合、フィリピンでは30日間までノービザで滞在することができます。現地で31泊以上滞在する場合はビザの延長が必要になります。
航空会社などで「31日以上の滞在には予めビザを取得する必要がある」と言われるケースもありますが、実際は現地到着後31日以内に延長手続きをすれば問題ありません。
延長回数
延長費用 滞在可能日数 滞在可能週
1回目 3,430ペソ 入国から59日間 8週間
2回目 4,700ペソ 入国から89日間 12週間
3回目 2,530ペソ 入国から119日間 16週間
4回目 2,730ペソ 入国から149日間 20週間
5回目 2,730ペソ 入国から179日間 24週間

※学校によって、1回ごとに代行手数料として200~500ペソがかかります。

学校に代行を依頼せずに自身で直接ビザの延長手続きをすることも可能ですが、手続きのために授業を休まなくてはならず、申請のためにかかる往復の交通費や待ち時間、書類の作成に費やす労力などを考えると、学校側に代行してもらうことをお勧めします。

フィリピンのビザについての注意点

フィリピン留学の場合、日本国籍者はフィリピン到着後30日まではビザを必要せず滞在が可能ですが、30日を超えて滞在する場合、現地でビザ(観光ビザ)の延長手続きが必要となります。

 

留学に際して、航空券の手配をする際に30日以上滞在予定の方は、航空会社や航空券手配会社、旅行会社などに「渡航前にビザを取る必要がある」と案内をされることがありますが、日本国籍者の場合、留学前にビザを取得する必要はございません(語学留学の場合)。

 

上記の通り、フィリピンの語学学校に30日を超えて通学する場合、現地でのビザ延長が必要になりますが、語学学校への通学であれば学生ビザなどを取得する必要はなく、観光ビザを延長するようになり、延長手続き自体は学校側が代行手続きいたします(要ビザ申請費用)。

 

ただし、ジェットスター航空、アシアナ航空、デルタ航空は例外で、渡航前にビザを申請するよう案内されることが多々あり、渡航できないケースもございますので、心配される方は上記3つの航空会社以外で航空券をお手配されますことをお勧めいたします。

フィリピン留学時の空港での出国審査(利用航空会社)等についての詳細は こちら

ACR I-Card(外国人登録証)
ACR I-Card(外国人登録証)

ACR I-Card(Alien Certificate of Registration Identity Card)は、観光を目的としてフィリピンに60日以上の長期滞在する方、または短期間でも就学や就労する外国人に対して取得が義務付けられている外国人登録証明書です。
これは移民局に登録された外国人のフィリピンにおける法的居住資格の証拠として活用され、フィリピンを訪れる外国人の監修を強化し、簡便に身元の証明を行えるものとなります。
ACR I-Cardを取得しなかった場合、出国の際に空港でACR I-Card取得相当の金額の請求、または罰金が科せられます。また、ACR I-Cardはフィリピンへの再入国許可や特別再入国証として使うことはできず、出国と同時に空港の移民庁職員に返還しなければいけません。
必要書類:パスポート
費用:3,300ペソ

入国カード記入例
フィリピン入国カード(中面)

《フィリピン入国時に必要な書類の記入例》

 

①苗字・名前・ミドルネーム

 

②性別(Male:男性 Female:女性)

 

③生年月日(月/日/年)

 

④出生国

 

⑤国籍

 

⑥職業

 

⑦現住所

 

⑧フィリピンでの住所または滞在先名

 

⑨旅券(パスポート)番号

 

⑩旅券(パスポート)発行地

 

⑪旅券(パスポート)発行日(月/日/年)

 

⑫渡航目的(1:観光 2:知人訪問 3:大会 4:商用 5:他)

 

⑬フィリピンへの訪問回数

 

⑭パッケージツアーですか?

 

⑮自筆で旅券(パスポート)と同一の署名

 

⑯入国時の搭乗空港名

 

⑰入国時の搭乗便名

 

※⑧訪問する都市の適当なホテル名

※⑫観光にチェック


※ノービザでの渡航について

フィリピン留学は、渡航前に日本で各種ビザを申請する必要がなく、旅行で渡航する場合と同様にノービザ(観光ビザ)で入国します。そして、ノービザの観光客が長期滞在や就学を合法的に行うためのビザを、現地到着後に学校が申請代行してくれるようになっています。

入国審査時に入国目的を「留学」としてしまうと、留学ビザが必要になってしまいますので、必ず『観光』としてください。入国カードも同様に『観光』の欄にチェックを入れてください。

パスポートの残存有効期期間は「滞在期間+6ヶ月間」必要になりますので、ご確認ください。

また、フィリピンは往路、もしくはフィリピンから他国へ出国する航空券がなければ入国できませんので、必ずご準備ください。

現地生活について
交通手段
交通手段

フィリピンではタクシー(一部地方はタクシーなし)、ジプニー、トライシクルなどが一般的な交通手段ですが、現地での移動は安全性の高いタクシーを利用するようにしましょう。都心部では観光客慣れしたタクシー運転手が通常より高い運賃を請求してくるようなケースもあるため、乗車の際に必ずメーターがスタートしているかどうかを確認しましょう。また、行き先が郊外やリゾートなどの場合、帰りに乗ってこられる客が少ないため、運賃にいくらか上乗せした金額を請求されることが多くあります。安全性の高いタクシーでも夜間など1人での乗車は避けましょう。

国際電話
国際電話

国際電話の利用方法として日本、もしくは現地の携帯電話、スカイプなど、インターネット無料電話、公衆電話などの手段があります。フィリピンには3社(SMART、GLOBE、SUN)の携帯電話通信会社があり、電話機本体と同時にSIMと呼ばれる電話番号がついたICカードを購入し、電話機本体に挿入して使用します。携帯電話の利用料金体系は、月額払い方式とプリペイド方式(100、300、500ペソのカード)の2種類があり、プリペイドカード方式の携帯電話を購入する場合、身分証明書などは必要ないので、ショッピングセンターなどの携帯電話ショップで購入し、直ちに使い始めることができます。電話機本体+SIMで1,500ペソから購入が可能です。3ヵ月以上の中・長期滞在の方は携帯電話があると便利です。現地の携帯電話から日本に発信した際の通話料金は500ペソ程度で約15分間の通話が可能です。国内通話は15分で80ペソ程度です。

インターネット
インターネット

宿泊施設では基本的に無線インターネットの利用が可能です。自身のノートパソコンやスマートフォンを持っていけば変圧器を使わずに日本で使う場合と同様に使用できます。ただし、フィリピンはインフラが不安定ということもあって、インターネットのスピードは遅いです。高速インターネットを求める方は有料のUSBを現地で購入することをお勧めします。

家電製品の使用
電化製品の使用

日本の電圧が110Vに対し、フィリピンは220Vです。留学生がよく持っていくようなパソコンやデジタルカメラ、携帯電話は変圧器を使用しなくても日本で使う場合と同様、現地でもほとんど使用できます。

コンセントの穴は日本と同じタイプのAタイプなので変換プラグなどは必要ありません。

 

ヘアードライヤーにつきましては変圧器がないと使用できません。ドライヤーなどが使用できる変圧器は日本で購入すると数万円と非常に高額ですが、現地でドライヤーを購入する場合、500~1,000ペソ程度です。

飲酒・喫煙について
飲酒・喫煙について

原則的にキャンパス内での酒類の持ち込み、および飲酒は学校の校則で禁止されています。飲酒、及び喫煙が見つかった場合は即退学になります。お酒を飲む場合はレストランや居酒屋などに行きましょう。なお、喫煙は学校の指定場所でのみ可能です。

食事について
食事について

フィリピン留学では基本的に授業料と学生寮、食事がセットになっていることが一般的です。学校によって食事は異なりますが、メニューは日替わりでさまざまです。また、学校を一歩出ると飲食店が点在し、美味しいシーフードや鶏肉などを格安で召し上がることができます。南国ということもあり、パイナップルやパパイヤ、マンゴーなどは絶品です。

ショッピングについて
ショッピングについて

各都市には必ず大型ショピングモールがあり、日本食も豊富に取り揃えています。両替や日用品などの購入はもちろん、売っている商品を見ても日本などの先進国に見劣りしないほどの商品を取り扱っています。日本と比べて物価が安いので、最初は値段に驚いてしまうこともあります。

フィリピンの治安について
フィリピンの治安ってどうなの?

「フィリピンに留学」と聞くと、多くの方がおっしゃる第一声は、「治安が悪いのではないですか?」というご意見です。


日本でも秋葉原で無差別殺人がありましたが、だからと言って東京/秋葉原は危険でしょうか。


今やインターネットで世界中のニュースを知ることもできますが、そこで報道されているのはごく一部にしかすぎません。


正しい情報は、数字とデータを交え客観的に事実を捉えることが大切です。

フィリピンの治安ってどうなの?

フィリピン留学中に気を付けること

フィリピンに限らずの事ですが、常に自分が「外国にいる」という意識を持つことが大切です。犯罪率が日本より低い国などほとんどなく、「日本は安全すぎる」という認識を渡航前から持つことも重要です。


◆危ない場所を事前に把握する

学校に着いたらオリエンテーションがありますので、しっかりと話を聞くのはもちろんのこと、困ったことや不安などがあれば、すぐに学校スタッフに聞きましょう。


◆スラムや裏通りに近付かない

危険な場所は避ける。軽率な好奇心が危険を招きます。


◆夜遅くに出歩かない

昼より夜のほうが当然危険度は高まります。

夜の女性の1人歩きは特に危険です。


◆うしろポケットに財布を入れない

日本で何気なくやってしまいますが、これも注意です。

ジーンズなどのうしろポケットに財布や携帯を入れていると、スリに遭う可能性が高まります。


◆多額の現金を持ち歩かない

必要最低限に抑えるようにしましょう。


◆子どもに気を付ける

日本ではイメージがつきづらいですが、貧富の差がまだ残るフィリピン。

組織された子どもの窃盗団もあり、小さい子どもに取り囲まれて、相手をしていたら財布を盗られていた、というのはよくある手口です。


◆派手な格好をしない

ブランド物やアクセサリーをたくさん身につけるのも危険です。

フィリピン留学中に気を付けること

都市別犯罪指標一覧
都市別犯罪指標一覧

表の見方:犯罪指標=数値が低い方が良い。安全指標:数値が高い方が良い。

ホーム
e-mail

資料請求フォーム
留学キャンペーン
スペシャル コラボキャンペーン
フィリピン語学学校ランキング
オーストラリア語学学校ランキング
ニュージーランド語学学校ランキング
カナダ留学の「カナダNavi」
IELTS留学のCNS2
TOEIC留学のTALK Academy
国内ホームステイ体験プログラム
教師宅ホームステイ
幼稚園ボランティア
オペア プログラム
親子留学
リゾート留学
シニア留学
法人&団体留学
フィリピン留学適性診断
フィリピン語学学校比較
フィリピン簡単ページ検索
FUJIYAMA's BLOG
留学カウンセラーブログ「ゼロから始める海外留学のすゝめ」

FUJIYAMAが選ばれる理由
FUJIYAMAのサービス
FUJIYAMAのカウンセリング
FUJIYAMAのカウンセラー
デジタルパンフレット
海外留学必需品
海外生活情報
賢い留学エージェントの選び方
留学エージェントが倒産したら?
留学事前準備&事前英語学習
留学っていくらかかるの?
留学生の声
ワーホリビザと学生ビザ違い
留学Q&A
無料IT電話のスカイプ
電話・メールでのお問い合わせ
留学見積もり
留学カウンセリング
会社概要
アクセス
個人情報保護方針
留学約款
携帯サイト
関連リンク
採用情報
twitter
google+

事前準備お勧めサイト集
ニッテルコミュニケーションズ
FUJIYAMA Import Market
NPO留学協会
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士