NEW ZEALAND

ニュージーランド

ウェリントン



美しい港湾と緑豊かな丘陵地帯に挟まれたニュージーランドの首都ウェリントンは、ニュージーランド2番目の都市圏で、オセアニア地域の首都の中では最も人口が多い都市です。市内中心部からウォーターフロントまでコンパクトにまとまったウェリントンのダウンタウンは徒歩で移動するのに適しており、政治だけでなく芸術や文化の中心ということで、歴史的にも大変貴重な見所が随所にあります。また、ウェリントンは映画・演劇産業の中心地でもあり、2011年には自然の美しさと芸術文化の素晴らしさが認められ、ロンリー・プラネットで「世界一魅力的な首都」にも選出されました。



ウェリントン留学について


ウェリントンにおける日本人の求人は語学学校や旅行会社、日本食レストランなどに集中しており、日本人マーケットの規模が小さく、求人に対する需要と供給のアンバランスが目立っているのが現状です。しかし、ウェリントンはニュージーランドの首都でもあり、海外からの留学生に限らず、旅行者やビジネスマンが大勢訪れるため、語学力に自身がある方はローカルワークに挑戦してみるのはいかがでしょうか。ウェリントンのワーキングホリデーについてご不明な点がございましたら、気軽にお問い合わせください。



ウェリントンのワーキングホリデーについて


ウェリントンは日本からの直行便もないことから、日本人をはじめ、他アジア人留学生が非常に少なく、語学留学する都市として抜群の環境です。また、ウェリントンには語学学校が少ないため、一部の語学学校には日本人が集まりがちだと思っている方が多いようですが、実際、日本人の割合はほとんどの学校で数パーセント程度となっており、留学に適している都市だといえます。日本人・アジア人が少ないのでオークランドやクライストチャーチと比べると異なる雰囲気が味わえるでしょう。ウェリントン留学についてご不明な点がございましたら、 気軽にお問い合わせください。



ウェリントン観光について


ウェリントン観光の交通手段は主にステージ・コーチやザ・フライヤーなどといった市バスやケーブルカー。長距離移動の場合は飛行機やレンタカーが主流です。また、ウェリントン~オークランド間には長距離列車「オーバーランダー」、ウェリントン~パーマストン・ノース間では「キャピタルコネクション」が運行しています。


ウェリントン・ケーブルカー

山の麓の始発駅から標高122mのケルバーン駅まで610mの急坂を5分足らずで結ぶ。頂上の展望台は市内随一の夜景スポットとして人気。


国会議事堂

円形のユニークな形からビーハイブ(蜂の巣)の愛称をもつ「国会議事堂」。国会議事堂・図書館が並ぶ敷地内は誰でも自由に出入りでき、敷地内の芝生で食事をする人も目立つ。


旧政府館

1876年に総官府として建設された風格ある建物。木造建築としては奈良東大寺の大仏殿に次ぐ規模で、南半球一の規模を誇る。


ウェリントン植物園

ケーブルカーの終着駅一帯に広がる植物園。25万㎡の広大な敷地を有し、園内には遊歩道が整備されている。毎年11月~5月にかけては300種類のバラが咲き誇る。


ウェリントン動物園

ニュージーランド国内ではオークランド動物園に次ぐ規模。園内には800種類を超える動物が存在し、ニュージーランドの国鳥でもあるキウィも見られる。


テ・パパ(国立博物館)

1998年にリニューアルオープンした総床面積3万6000㎡の世界最大級の博物館。ニュージーランドの文化や歴史、産業など多岐にわたって紹介されている。


マウント・ヴィクトリア

標高200mの頂上からはウェリントン市街はもちろん、ラムトン港などウェリントン市内360度の眺望が楽しめる。


その他

オールド・セントポール教会、キャサリン・マンスフィールド生家記念館、コロニアル・コテージ博物館など



ギャラリー




動画