NEW ZEALAND

ニュージーランド

クイーンズタウン



クイーンズタウンの名前の由来は、ワカティプ湖に面し、周囲をサザンアルプスに囲まれ、四季折々の景観の美しさから「ヴィクトリア女王にふさわしい」として名づけられました。世界的に有名な観光・保養地でもあり、近郊ではジェットボートやゴルフ、スキー、フィッシング、乗馬、キャニオンスイングなど1年を通してさまざまなアクティビティが楽しめ、バンジージャンプの発祥の地としても有名です。また、クイーンズタウンは小さな街ですが、ミルフォード・サウンドへの玄関口としても有名なので、多くの観光客で賑わっています。



クイーンズタウン留学について


クイーンズタウンには多くの英語学校が点在している訳ではありませんが、バンジージャンプをはじめとした豊富なアクティビティが楽しめる環境なので、大半の学校で英語とアクティビティをセットにしたコースが設けられています。小規模で山と湖に囲まれているほのぼのとした雰囲気の街なので、落ち着いた環境の中で勉強したい方やアクティビティにも挑戦してみたいといった方にはお勧めです。クイーンズタウン留学についてご不明な点がございましたら、 気軽にお問い合わせください。


クイーンズタウンのワーキングホリデーについて


クイーンズタウンは世界的なリゾート地ということもあり、小規模な街ながら120以上の飲食店や土産店、ブランド店などが点在します。求人はホテルやレストラン関係のサービス業、その他リゾートバイトなどが多く、地元紙に掲載されている求人情報や街中の掲示板(張り紙)を基に仕事を探す方が目立ちます。情報誌や新聞には仕事情報以外にも物品の売買情報など現地生活に役立つ情報が満載です。クイーンズタウンのワーキングホリデーについてご不明な点がございましたら、 気軽にお問い合わせください。



クイーンズタウン観光について

クイーンズタウン市街地


ワカティプ湖

クイーンズタウンンで最も賑わいをみせるワカティプ湖は約10分おきに水位が上下する神秘の湖で、トラウト釣りなどアクティブを楽しむこともできる。外周のレイク・エスプラネードは散歩コースとして最適。


スカイライン・ゴンドラ

地上から標高790メートルのボブズ・ヒルまで約7分で運んでくれる「スカイライン・ゴンドラ」。ゴンドラの傾斜は平均37度と非常に急で出発して間もなくスピードが上がり、眼下にはクイーンズタウンの街並みが広がる。


リュージュ

専用カートに乗って約800メートルのトラックを疾走するリュージュ。風を切って森の中を抜けるスピードコースと、周囲の景観を楽しみながらのんびり下っていくシーニックコースが選択できる。


キーウィ・バードライフ・パーク

ニュージーランドの国鳥であるキーウィを見ることができる野鳥公園。園内ではキーウィを脅かさないよう、ひそひそ声で会話するのがルール。日本語の音声案内を借りられるので、マイペースでゆっくり園内を散策することができる。


T.S.S.アーンスロー号

ワカティプ湖を遊覧できる蒸気船のアーンスロー号。1912年、対岸への物資輸送船として建造されたが、空気も水も澄んだこの地では、船体にサビが付着することもなく、現役で観光船として活躍している。


アンダーウォーター・ワールド

クイーンズタウン・モールの先、ワカティプ湖に突き出した桟橋にあるアンダーウォーター・ワールド。湖底見学ができるようガラス張りになっており、鮭やマス、ウナギなど、さまざまな魚たちが悠々と泳ぐ様子を見学できる。


その他

ボブズ・ヒル、クイーンズタウン・モール、ヴェスタなど



クイーンズタウン周辺


アロータウン

1860年代のゴールドラッシュに栄えた町で、最盛期には現在の7倍もの人口を抱えていた。メインストリートのバッキンガム通りには当時の建物を利用したレストランやショップが立ち並び、昔の様子が現在に伝えられている。


スキッパーズ・キャニオン

切り立つ断崖と、その間をぬって流れるショットオーバー川が作り出す大渓谷。ニュージーランドのグランドキャニオンとも呼ばれている。


ウォルター・ピーク高原牧場

クイーンズタウンから蒸気船アーンスロー号でワカティプ湖を挟んでの対岸にある観光牧場の「ウォルター・ピーク高原牧場」。19世紀半ばから運営されている歴史ある牧場で、羊の毛刈り、牧場犬による羊の追い込みといった伝統のショーが楽しめる。



ギャラリー




動画