KNOWLEDGE

留学豆知識

盗難・紛失について


海外生活中に紛失や盗難被害に遭った場合「どうしよう…」と思ってしまうことが一般的ですが、まずは現地の警察署で盗難被害を出すなど、早期にしっかりとした行動をとっていただくことが必要です。以下に紛失・盗難被害に遭った場合の注意点をご案内いたします。



紛失・盗難被害


盗難・ひったくり等の被害に遭った場合、相手はナイフ等の凶器を持っていることも考えられ、日本とは異なり土地勘もない場所である可能性が高いので、向きになって犯人を追いかけたりせず、まずは「いつ」、「どこで」、「どのように」盗難被害に遭ったかを具体的に把握し、その後、警察署に出向いて被害届けを出すことをお勧めいたします。

被害届け提出時の警察の対応は国や都市等によって異なりますが、具体的な説明を求められますので、被害に遭った時の詳細をしっかりとメモ等で残すことが良いでしょう。

警察署に被害届けを出した後、警察からサイン入りの紛失・盗難届出証明書を作成してもらい、その証明書が今後の保険請求手続き等において必要になります。
なお、海外ということもあり、日本のようにスムーズに手続きが進まないこともありますので、手続きをする際は時間に余裕を持つことをお勧めいたします。

パスポートの紛失・盗難被害

パスポートを無くした場合、もしくは盗まれた場合は、渡航先の日本大使館か日本領事館に出向き、現地の警察署でパスポート紛失の証明書を作成してもらい、同じく大使館か領事館で「紛失一般旅券等届出書」の届出を行い、その後、新規パスポートを発行してもらうか、 渡航書を作成していただきます。

在外公館一覧はこちら



海外旅行保険について


「保険に入っているから海外で物を失くしても大丈夫」と思って渡航する方も少なくありませんが、保険の種類によっては、「盗難被害に遭って保険会社に保険請求をしたが、全く保険金をもらえなかった…」ということもあります。

海外旅行保険やクレジットカードに付帯する保険については、保険会社によって補償内容が大きく異なりますので、事前に自身の保険内容をしっかり確認しておく必要があります。

Jiデスク(ジェイアイ傷害火災保険海外デスク)一覧はこちら