BLOG

ブログ

A&J e-Edu DC Academy視察報告


A&Jは元々、バギオ市街地のコンドミニアム内に学校がありましたが、JIC BaguioのIELTSキャンパス移転に伴い、そちらに移転したことで、新キャンパスに移転してから私個人(坂井)としては初めての視察となりました。  

A&Jの特長は何といっても非常に信頼できる日本人スタッフの田島さん(ジョセフ)がいることです。  

田島さんをはじめとしたスタッフさんの手厚いケアは学生管理だけでなく、無料で携帯電話の貸し出しを行っているほどで、学生自身で使用分をチャージしていただければ、直ぐに現地の携帯電話を使用することができます。  

田島さんはフィリピン(バギオ)留学の経験を有している現地バギオの情報に精通したスタッフさんで、学校内外のことを気軽に相談できる環境が整っており、無料クラスでは初級~中級者の日本人学生向けに、田島さん自身が日本語を交えた授業を提供しているので、「英語が全くできない」という方も安心です。  

もちろん、学習に関する相談に乗っていただくこともできますが、自身が伸ばしたい分野を田島さんにお伝えすることで、セミ・オーダーでカリキュラムを構築してくれるほどです。  

副校長でアメリカ人のジョンも移転前同様、新キャンパスでも学生寮に滞在しているので、ネイティブと同じ環境に滞在できるという利点もA&Jの特長です。  

また、A&Jではワーキングホリデー準備コースの人気が高く、ジョンがアメリカ在住時にスターバックスコーヒーで働いていた経験を生かし、同コースでは1日1クラスのグループレッスンでカフェ就労を想定したロープレが行われます。  

ワーホリコース受講者は同校の校長先生が所有する現地のカフェでの就業体験(インターン)が義務付けられており、副校長のジョンのグループレッスンで受けるカフェ就労を想定したロープレの経験が大いに役立ちます。  

学校入り口では猫を飼っており、学生やスタッフさんの癒しとなっています。  

お食事の評判も良く、他校のスタッフさんも食べに来るほどです。  

「ネイティブのレッスンを受けたい」、「サポート体制が整っている学校がいい」、「ワーホリ準備をしたい」、「就労体験をしたい」、「初心者でも安心して通える学校がいい」、「小規模校がいい」等のご希望をお持ちの方に適した語学学校です。  

A&J e-Edu DC Academyについて、ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。  

A&J e-Edu DC Academyの詳細ページは こちら