BLOG

ブログ

English Fella視察報告


「セブシティ郊外の緑あふれる場所に位置する超人気校English Fella。」

異なる2タイプの校舎を持つことで、すべてのニーズを満たすEnglish Fellaさんの視察報告をします。

English Fellaさんは、学校内に必要施設がすべて完備されているリゾート型大規模学校で、セブの語学学校3大巨頭の一角とも言われています。

今回、スパルタキャンパス(Fella2)から訪問させていただいたのですが、広大な敷地に感激しました。入り口ゲートをくぐった瞬間の高揚感は、間違いなくナンバーワンでした。

同校が立地するタランバンは、Educationalエリアで、学校も多く、閑静なところでした。 空港から30分、シティまで20分、マクタンまで1時間と、ちょうどいい立地条件です。

好みにより校舎を選べ、現地入学後の転校も可能となっている点も長期留学に向いていると言えます。

[キャンパスの違い]

-ノーマルタイプのFella1は毎日外出ができ、各種試験対策等コースが豊富。
-平日外出禁止で土曜午前も授業があるFella2はスパルタ式だが、日本人向けに週4日間外出可能な“Jスパルタコース”も有。  

今回は、スパルタキャンパス(Fella2)を中心に記載をいたします。  

リゾート風の5,000坪を超える敷地には、個室を含む寮、講義棟、学食、大型体育館、ジム、売店、さらには女性に嬉しい洗濯機も10台以上設置しております。

きめ細やかな心配りも同校の魅力で、体調不良の学生向けに、食堂でおかゆ等も提供してくださいます。 お食事面でも気を配っており、毎週食事のミーティングをされているそうです。

24時間利用可能な自習室では、すべてが指定席になっており、机が足りないという問題も起きません。 敷地内に、教師のトレーニングルームを新たに建設中という徹底ぶりでした。

English Fellaさんは、特に授業内容に関するフィードバックが抜群なのですが、ベテラン講師と中堅の差がないようにトレーニングを行っています。結果的に試験対策コースでは、9割以上が目標スコアを獲得しています。また、ハワイ出身で講師暦10年を超えるネイティブ講師も在籍しております。

自立した大人が多い環境のため、洗濯物はセルフとなっているのですが、洗剤まで備え付けという心配りに驚きました。売店の品揃えもトップクラスで、日用品はもちろんのこと、日本へのお土産やフィリピン用のSIMカードまで揃っておりました。

キャンパス対抗のバレー大会もあり、かなり盛り上がるそうです。  

これまでEnglish Fellaさんにきた大きなクレームも「カエルが嫌。」というものぐらいで、これは学校自体の問題ではないため、事実上クレームらしいクレームはないのでしょう。

渡航後も安全オリエンテーション終了まで外出禁止という点もとても安心です。なお、帰国者向けのオリエンテーションまで実施している学校は初めて見ました。

郊外に立地しているため、都会的な生活を送りたい方には向きませんが、多少お金をかけてでも英語を本気で伸ばしたい方には最適な環境です。  

English Fellaの詳細ページは こちら