BLOG

ブログ

<特集>フィリピン最安値級☆欧米への架け橋となる♪Baguio JIC (フィリピン/バギオ)


フィリピンのバギオに立地する2ヵ国留学に最適な格安校『Baguio JIC』!

フィリピン最安値級の価格設定にも関わらず、バギオで唯一の「政府認定優良校」です。
『Baguio JIC 』について学校の特徴やポイントをまとめてみました!!

欧米への架け橋となる Baguio JIC

タイプの異なる2つのキャンパスを運営



①「Power Speaking Campus」

バギオにある語学学校の中では数少ない“実践的な英会話を伸ばす”平日外出可能なキャンパスです。




91%の生徒がスピーキングを伸ばし、80%の生徒がライティングを伸ばしています。
部屋にキッチンがあるため、料理も可能です。

日本食を振舞いながら、異文化交流もできてしまう環境です。

20代を筆頭に、50代以上のシニア世代も留学しています。

年齢分布はこんな感じです。

10代=15%
20代=60%
30代=13%
40代=4%
50代=4%
60代=4%
70代=1%

また、12週以上留学した日本人生徒の約80%が「初級」⇒「中級レベル」にスコアアップしています。
確実に成果を求めるなら、12週以上が推奨期間です。


②「Intensive Basic Campus」

2014年に完成した新築の綺麗な”超初心者向け”の平日外出禁止のスパルタキャンパスです。




98%の生徒が総合的科目で英会話力の向上を実感しています。

1日最大13時間の学習時間を確保できるカリキュラムだからこそ、実現できる結果です。

生徒のうち93%が初級者という初級者向けのスパルタキャンパスです。

日本人生徒90%が「ビギナー」⇒「中級レベル」までスコアアップしています。

日本人の国籍比率を「15%未満」に抑えているので、日本人が少ない環境で勉強したい方にもぴったりです。

●JICインテンシブベーシックキャンパス学生寮のご紹介
http://www.youtube.com/watch?v=rJfyYi_mZEs


各キャンパスの設備比較表


設備一覧 Power Speaking
Intensive Basic
お部屋Wi-Fi

キッチン
調理器具 貸出可
ホットシャワー
テレビ
冷蔵庫
ウォーターサーバー
運動施設
食事 毎日3食提供(休日も含む)
掃除・選択 週3回

JIC流講師採用術

「講師であると同時に生徒の心の支えであれ。」という採用ポリシーの元、即戦力の選抜を行っています。




トレーニングも毎月実施しています。

IELTSにおいては、外部からのトレーナーを招き、セミナーも実施するほどです。

職歴だけでなく、『幅広いレベルの生徒に対応する実力をもっているか』『生徒に細かい気配りができる人間か』細かくチェックしている点も特徴です。

講師の育成・採用にこだわるJICだからこそ、勤続年数が長い先生がとても多いです。




講師は、全体の5割が5年以上働くベテランで、3割が3年以上働く中堅、残りが厳しい採用審査を通過した新人で構成されています。

しかも、欧米ネイティブ講師も2名在籍しています。

●プリンス(イギリス人講師):勤務歴4年
PSキャンパスのネイティブ英会話クラスで教鞭をとっています。もと私立学校の講師でもあり、政治や物理、化学などといった細かい分野のトピックにも対応できる先生です。

●ニック(イギリス人講師):勤務歴1年
IBとPSキャンパスの会話クラスを担当しています。
約20年の英語講師歴があり、ベトナム、タイのインターナショナルスクールで講師を勤め、ESL、IELTS、ビジネス英語など多岐に渡って生徒に指導をしてきた大ベテランです。初対面でもユーモア溢れる会話で緊張をほぐしてくれます。



質の高いグループレッスンを受けられるJICですが、「スピーキング」「リスニング」「リーディング」「ライティング」のそれぞれでレベル分けを実施しています。

日本人スタッフの安心サポートときめ細やかなケア

無料のオンラインクラスで、実力チェックと事前学習が可能です。
渡航1ヶ月前からオンライン英語レッスン(8回)が無料でついてきます。

こうして事前に現地スタッフと繋がれる学校も珍しく、留学前に学習コンサルティングも受けられます。




渡航前にマネージャーと連絡が取れるので、空港ピックアップ時のトラブルも激減しました。

『バギオの松岡修造』の異名を持つ、誠実で親切な日本人スタッフさん。(笑)
↓↓↓↓↓↓↓



そんな日本人学生の満足度が高いJICでは、1週間に二度、火曜日と木曜日の昼食は「日本食(テイスト)Day」となっていて、日本人学生の口に合う美味しい食事を提供しています。

大型のスピーカーもついていて、食堂の雰囲気もすごくいいです。



また、怪我や病気をしてしまった際にも、学生スタッフかフィリピン講師が付き添いで、病院に同行までしてくれます。
卒業後にも、日本国内で、JICの同窓会を実施するほど生徒とスタッフの絆が深いのも大きな特徴です。


2カ国目のワーホリにも最適

「ワーキングホリデー準備コース」があるので、フィリピン留学後、ワーキングホリデーをお考えの方にピッタリです。
ワーホリで使える、『証明書』がもらえる“実践型課外授業”もあります。

例1)カフェインターンシップ



JICの系列店であるカフェ就業体験も可能です。
さらに、バリスタ流のコーヒーの作り方まで学べます。

例2)ツアーガイドプログラム



バギオの観光省との共同プロジェクト。
バギオ観光の仕方や観光案内の心得を英語で学習し、バギオ観光省認定ファシリテーターの資格も取得可能です。


Baguio JIC公式リンク集

☆Baguio JICのキャンパスをドローンで撮影してみた☆
https://www.youtube.com/watch?v=Hb26bh4sgOM&feature=youtu.be

☆バギオJIC学校周辺の施設を探ってみた☆
https://www.youtube.com/watch?v=fNT3wB1FoUo​

☆カフェでのインターンシッププログラムが始動
弊社のお客様も早速ご参加頂いております☆
https://www.facebook.com/BaguioJICJP/

☆3Dバーチャルサイト(PSキャンパス)☆
http://beci.3duhak.com/phl/baguio/jic_1/

☆3Dバーチャルサイト(IBキャンパス)☆
http://beci.3duhak.com/phl/baguio/jic_2/

<過去ログ>

●体験談について知りたい方はこちら
https://ameblo.jp/fujiyamainternational/entry-12358647894.html

JIC Baguioについて、ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

JIC Baguioの詳細ページはこちら