BLOG

ブログ

BIGTREE ENGLISH来社報告


BIGTREE ENGLISHのスタッフさんである荒木さんにご来社いただきました。
今夏、当社からの初めてのお客様が入学するタイミングで、わざわざご挨拶にいらして下さいました。

BIGTREE ENGLISHは1991年創立の名門校「CNK」の伝統とメソッドを受け継ぎ、2017年に新設された「新しい伝統校」です。
今回印象的だったのは「絶妙な規模感」「教育熱の高さ」です。

MAXで120名という「コンパクト」な中で、日本人スタッフが2名も在籍しているため、目配りがききます。
団体企業さんや高校生等の受け入れにも定評がある同校ですが、危機管理マニュアルまで見せていただける担当者さんには正直、会ったことがありません。

マネジメント内部のお話も伺え、スタッフリーダーが3児の母のため、生徒が何をしたら喜ぶか?とてもよく分かっているとおっしゃっておりました。
中でも、「BIG TREEプロセス」が秀逸で、これにより、最適な指導方針を策定可能です。すべての講師が1コマ1コマ詳しくレポートに記録し、次の講師に引き継ぎます。さらに、ヘッドティーチャーと教育担当が毎日確認をします。  

休み時間を削ってまで、レポートの作成に勤しんでいる先生が大勢いらっしゃるようで、教育熱の高さを感じずにはいられませんでした。
また、フィリピンでは珍しく初日の午後から授業が受けられるのですが、これも出発前にLINEやSkypeにて出発前のプレレベルチェックをしているためです。
留学中のわずかな時間的ロスさえも気遣って下さいます。

BIGTREE ENGLISHは何曜日からでもスタート可能という珍しいタイプの学校です。
関西空港からクラークの直行便が運行になったことをご存知の方も多いかもしれませんが、この影響で、特に関西圏の留学生が一気に増えたそうです。
現在、ジェットスターは「火・木・土」の3日間しか運行しておりませんが、BIGTREE ENGLISHであれば火曜日や木曜日に入学することも可能です。
なお、関西以外の方は、羽田→関空→クラークというルートであれば、乗り継ぎの不安も一気に解消されます。  

緑豊かな環境で治安も良好なため、親子留学も増えているそうですが、BIGTREE ENGLISHでは、親子間で保有コマ数を分け合うことができます。
極端な話ですが、親御様の「マンツーマン3コマ+グループ1コマ+ネイティブグループ1コマ」のレッスンのうち、「ネイティブグループ1コマ」以外をお子様に譲渡することも可能です。留学費用を無駄なく分け合えるという点が差別化ポイントです。

ファシリティー面での満足度も高く、トイレットペーパーを流すことができます。

また、学食も評判で、料理を作るシェフは元々日本食レストランで腕を振るっていた敏腕料理人です。
クラークという都市の特徴らしく、アメリカ人ネイティブ講師が2名在籍しており、すべてのコースでネイティブ講師の授業が盛り込まれております。
フィリピン人の先生もネイティブに近い発音で、他校さんからの転校生も「発音やイントネーションのレベルが高い」と大変満足されていたそうです。

かなり細かく指摘してくださるそうで、マンツーマン授業の中で、発音矯正まで完結できてしまいそうです。
アウトプットの環境としても抜群で、フィリピン大学が隣接しているため、学生交流も可能な環境です。

現在、フィリピン大学クラーク校の学長と会合を重ね、より強固な関係を築いていらっしゃいます。

なお、自習室はありませんが、マンツーマンルームやグループのレッスンルームを自由に使えます。
また、学内に併設のBIG TREE CAFEにて18時までは勉強することができます。

「地域に根付いた教育」を大切にしているBIGTREE ENGLISHでは、ボランティアやインターン(現在準備中)にも定評があります。

フィリピン最大にして世界的なボランティア団体「GK」と密に提携しており、積極的にボランティアへの参加を促しています。
子ども達に日本の遊びや日本語を教えてあげたり、ブロック作りや菜園での野菜作りを手伝ったり、バスケットボールを持っていって遊んだ後、ボールをそのままあげたりと多種多様なボランティアに参加可能です。

特にいいのは、決まったボランティアプランに参加するのではなく、自分で何ができるか?何をしてあげられるか?を考え、それを具体化してくれるという点です。学校主催のものに参加するのは容易ですが、こうした思考プロセスを大切にしているので、本当の意味での社会貢献を実現できます。

最後に本日教えていただいたデメリットについて記載します。

国籍が日本人・韓国人である点と繁忙期(2月・8月)は日本人比率が50%近くなってしまう点です。
日本人比率に関わらず、日本人が0でない限り日本語環境は生まれてしまうことを考えれば、デメリットとも言い切れないと私は思いました。

こうしたデメリットですら惜しげもなく開示して下さる大変信頼できる学校です。
BIGTREE ENGLISHについてご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

BIGTREE ENGLISHの詳細情報は こちら  
FUJIYAMA International
電話:045-548-3330
お問い合わせ