学校検索
留学見積
カウンセリング予約
お問い合わせ

2017年

3月

31日

セブの老舗校PHILINTERが外部寮プロモーション実施!

昨年オープンいたしましたPHILINTER Education Center(フィリピン/セブ)の外部寮AZONのご提供が始まり、学校自体の定員も150名から200名へと拡張され、ますますに賑やかになったPHILINTERですが、より多くの学生に快適なコンドミニアムタイプの寮をご利用いただきたいという考えから、外部寮プロモーションを実施します。

 

PHILINTER外部寮プロモーション

【期間】2017年3月30日~2017年6月30日

【適用対象】上記外部寮プロモーション期間中にご入学、6月30日までにご卒業

【内容】

 4週間未満:マンツーマンクラス1コマ追加無料

 4週間以上:内部寮と同一価格

 8週間以上:内部寮と同一価格+ポケットWi-Fiレンタル無料

   ※期間に関係なく外部寮屋上レストラン食事券をご提供(500ペソ/1回分)

 

外部寮AZONの屋上レストランには、セブの夜景を一望できるスカイデッキであります!

贅沢な雰囲気でメニューもさまざまなバラエティがございますので、フィリンターの学生にも大変人気が高く、屋上レストランにはいつも沢山のフィリンターの学生がいます。

 

フィリピン留学をお考えの方は、この機会にセブ屈指の老舗語学学校Philinter Education Centerに留学されてみてはいかがでしょうか!?

 

Philinter Education Centerについて、ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Philinter Education Centerの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280
0 コメント

2017年

3月

30日

A&Jで大人気のワーホリ準備コースがコースの内容変更を実施

2016年1月に提供が始まったフィリピンの教育都市バギオに立地する語学学校A&Jのワーキングホリデー準備コースですが、日本マーケットのみならず、韓国、台湾からも注目を浴び始め、多くの学生が受講する人気コースとなりつつあります。

 

今回、同校ではコース内容の見直しを行い、より効果的になるようレベル基準を設け、基本授業時間数を変更しました。

変更内容は以下の通りです。

 

【変更前】

マンツーマンクラス:4時間

ワーホリグループクラス:2時間(フィリピン人講師)

(レベルによりグループクラスが開講できない場合マンツーマン5時間)

 

【変更後】

Low Beginnerレベル学生

マンツーマンクラス:6時間

ワーホリグループクラス:無し

 

Beginnerレベル、Low-Intermediateレベル学生

マンツーマンクラス:5時間

ワーホリグループクラス:1時間(ネイティブ講師)

 

同コース内にある「レストランカフェでのOJT(職業訓練)」を実際の学生が行っている様子を収録したビデオのYouTube動画を以下のURLよりご確認いただけますので、ぜひご覧ください。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Kkn1wHHw8QY

https://www.youtube.com/watch?v=wSJDZMuQaFI

https://www.youtube.com/watch?v=BWSWi91lbxI

 

A&Jについて、ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

A&Jの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280
0 コメント

2017年

3月

29日

女子大学生の短期セブ留学体験談

体験談: MDLでの語学留学は、今までの人生で一番楽しい一か月間でした。本来4週間の予定を無理矢理数日伸ばしたくらい、帰りたくありませんでした。

 

ステイイングティーチャーという制度を利用し、先生と一緒の2人部屋で過ごしました。授業以外の時間も英語漬けという環境を活かし、先生に宿題を見てもらったりしました。他人との共同生活が初めてだった私にとって、最初こそ不安でしたが、同部屋の先生とは友達のように本当に仲良くなれたので、この制度を選んで大正解だったと思います。ただ、プライベートはほぼ無かった(ドアを閉めると廊下の音がほぼ聞こえず、いつ人が来るのか予測できない)ので、一人でくつろぐ時間がどうしても必要な人には向かないかなと思いました。

 

MDLの授業は全く堅苦しいものではなく、先生と友達のような感覚で会話を楽しみながら授業を受けることができます。もちろんスピーキング重視なので、先生の説明を一方的に聞くような授業は皆無でした。私はあまり詰め込みすぎないPower Speaking Ⅰを選択し、空き時間に仮眠を取ったり自習室で勉強していました。中には授業を詰め込んでいる生徒もいましたが、休憩なしのフルコマは少しきつそうな印象を受けました。

 

Correction Noteという制度(担当の先生たちがその日のミス等を一冊のノートにまとめてくれる)はまだ始まったばかりのようで、最初は誰一人として使い方がわからず戸惑っていました。しかし、先生たちですぐミーティングを開く等して、制度を取り入れようという姿勢が垣間見えました。

 

先生たちは皆優しく良い人でしたが、先生としてのレベルには個人差があると感じました(優秀な先生が多かったけど、発音が明らかに違う先生もいた)。担当の先生との相性が悪いと感じた場合、オフィスに言えばすぐに変えることができます。私は先生に恵まれたので、一度も変えませんでしたが。

 

寮には生徒だけでなく先生も住んでいるので、他の生徒はもちろん、自分の担当以外の先生とも親しくなれます。週末には仲の良い生徒や先生といろんな場所へ出掛けていました。寮の門限は平日10時・週末12時で、事前に届けを出せば泊まりで旅行することもできます。

 

生徒の95%以上が韓国人でした。ちなみに韓国では親子留学が流行っているらしく、韓国人の小学生とその親御さんも結構いました。とはいえ、日本人マネージャーを含め日本人も僅かにいたので、息抜きしたい時は日本語で話せる相手がいて良かったです。

 

食事や学校の設備は、良くも悪くも普通です(笑)。3食ほぼ毎回キムチが出ます。1Fには教室と食堂と自習室、2・3Fに寮があります。水とお湯が出るウォーターサーバーがあるので、水筒があると便利です。また、学校から歩いて15分程の所にFoodaというスーパーがあり、日用品はそこで買い足していました。

 

今回の留学の反省点としては、渡航前の勉強が足りず、現地でのボキャブラリー不足を実感したことです。そして、1か月はあまりにも短すぎました。なので、帰国が近付くにつれ、勉強よりも思い出を残そう!と遊びに行く時間が増えてしまいました。でも、それを含めて全てが良い思い出です。

 

担当カウンセラーへの一言: 私が相談に伺った時点で渡航予定日まで1か月を切っていたにもかかわらず、こんなに充実した留学生活を送れたのは本当に坂井さんのおかげです。パンフレットには載っていない情報も聞いてから学校を決めることができたので、渡航前後の相違点や現地での不自由もほぼありませんでした。帰国数日前に留学を伸ばすというめちゃくちゃな要望にも素早く対応してくださって、坂井さんには感謝しかありません。本当にありがとうございました。また機会があれば、絶対にこちらにお世話になりたいです。

0 コメント

2017年

3月

29日

セブの多国籍校Genius English留学体験談

体験談: 授業は1on1もグループもどの授業も楽しく受けることが出来ました!

フィリピン人の先生が多くて授業は英語でしたが、空いた時間に現地の言葉を教えてもらったり、授業がない先生とも仲良くなれました!先生と仲良くなって、ご飯を食べに行ったりも出来て授業以外でも関わってくれる先生が多くてとても楽しかったです(^-^)グループもレベルに合わせたグループ分けだったので分からなければ教えてくれたし、文法とかも間違ってたら直してくれたりしてしっかり勉強出来ました!

休日は私の場合4週間と言う短い期間だったので毎週遊びました!

体験ダイビングをしたり、ボホール島と言うところに行ったり休日はアクティブに活動していました。

バッチメイトの子と仲良くなるのはもちろん、ルームメイトの人と仲良くなったり、グループで一緒の子と仲良くなったり交友関係が広がりました。日本人が多かったですけど、他の国の人も居て運良く私はスペイン人の人とルームメイトになれました。授業以外でも英語で喋るという環境が出来てとても勉強になりました。

学校のスタッフの人もいい人たちばかりで帰るのが名残惜しいぐらいでした。

でも充実した4週間を過ごせて本当にいい経験が出来ました。


担当カウンセラーへの一言: 学校選びから最後までお世話になりましたm(_ _)m

また留学する機会があったらその時はよろしくお願いします!

0 コメント

2017年

3月

29日

バギオ学校連盟BESAの団体ピックアップについて

2017年4月1日よりフィリピン/バギオの語学学校連盟Baguio English Schools Association(BESA)のマニラ空港ピックアップ方法に変更があります。

 

BESAからの案内を以下に転載させていただきます。

 

この度は、バギオの各学校が協力してBaguio English Schools Association(BESA)にて空港ピックアップを行うことになりました。

 

急ではございますが、今週末(41日)より開始となりますので、大変お忙しいとは存じますがご一読の程よろしくお願い申し上げます。

A+及びHELP語学学校は、この変更にかかわらず従来のピックアップシステムのままですのでご注意ください。

 

1.BESA加盟校ピックアップのスケジュールについて

2017年度

4月

1-2, 15-16, 29-30

9月

2-3, 16-17, 30

5月

13-14, 27-28

10月

1, 14-15, 28-29

6月

10-11, 24-25

11月

11-12, 25-26

7月

8-9, 22-23

12月

9-10, 23-24

8月

5-6, 19-20

 

2018年度

1月

6-7, 20-21

7月

7-8, 21-22

2月

3-4, 17-18

8月

4-5, 18-19

3月

3-4, 17-18, 31

9月

1-2, 15-16, 29-30

4月

1, 14-15, 28-29

10月

13-14, 27-28

5月

12-13, 26-27

11月

10-11, 24-25

6月

9-10, 23-24

12月

8-9, 22-23

【注意】各学校によって、「指定入学曜日」がございます。

(日曜入退寮の学校は引き続き日曜日指定等)

 

2.ピックアップ5便のタイムスケジュール

土曜日

日曜日

-

03:00-06:00(ターミナル3のみ)

16:00-19:00(ターミナル1~3)

16:00-19:00(ターミナル1~3)

22:00-01:00(ターミナル1~3)

22:00-01:00(ターミナル1~3)

ターミナル2国内線及び、ターミナル4にご到着の学生様はターミナル間の移動が必要となります。

この5便は、各学校のスタッフではなく、BESAから派遣されるピックアップスタッフが担当いたします。

指定時間内にご到着の便であれば、1時間程度を目安にさらにお待ちすることが可能でございます。

【注意】各学校によってピックアップ参加便が異なります。

(学校によって、独自ピックアップ便とBESAピックアップ便の併用等ございます。)

 

この変更による各学校の団体ピックアップ費用は据え置きの価格でございます。統一価格はございませんのでご了承ください。

 

重複にはなりますが、BESA(バギオ英語学校協会)としてピックアップは行いつつも、それぞれの学校によってピックアップの仕方が別途新しく更新されております。

 

 

上記の内容でご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280
0 コメント

2017年

3月

28日

オーストラリアに5キャンパスを構える選択式授業に定評がある語学学校Lexis English

オーストラリアの主要都市であるブリスベンやパース、さらにリゾート地として欧米人に人気の高いサンシャインコースト、バイロンベイ、ヌーサにキャンパスを構えるLexis Englishは、ブリスベンキャンパス以外は欧米圏の方が好む海辺に立地している語学学校で、全てのキャンパスが多国籍環境で、日本人比率も各キャンパス通年で10%前後と少なくなっており、ヌーサキャンパスにおいては時期によって、ヨーロッパ人が50%になることがあります。

 

留学開始後でも、キャンパス間転校が無料でできるので、ご渡航前に留学都市を迷っている方にご安心いただけます。

 

同校では1日一コマ学生自身が選べる選択式の授業に定評があり、英語で料理を作るレッスンをはじめ、英語の歌クラス、オーストラリアの文化や歴史、進学準備、リスニング、ビジネスコースなどが幅広く用意されており、普段異なるクラスで勉強する学生とも接点を持てる環境になっています。

 

ケンブリッジコースにも定評があり、公式試験センターとしても認定され、ケンブリッジコースの受講者が1人の場合でもコースは開講されることも特徴の一つです。

 

その他、他校同様、放課後には毎日のように学校主催のアクティビティが実施されていますが、他の学校の場合、参加者が少ない時はアクティビティ自体が中止になることも珍しくありませんが、同校では参加人数が少ないがためにアクティビティの種類が変更になることはありますが、中止になることはありませんので、学習した英語をアウトプットする環境として適しています。

 

サンシャインコーストを除く全てのキャンパスで学生寮も提供しており、ブリスベンは学校から公共交通機関で30-40分程度と少し離れていますが、ヌーサ、パース、バイロンベイは全て学校から徒歩圏内に立地していますので、現地生活にも大変便利な環境です。

 

ホームステイ先に関しては、他校とは異なり自社で開拓した自社契約ホストファミリーをご紹介しています。

学生の皆様のご希望に添えるホームステイ先を各キャンパスに在籍するホームステイコーディネーターが手配してくれるので、ホームステイ滞在者から非常に良いフィードバックをいただくことが多くなっています。

 

学校としては、地元オーストラリア人と接点を持てるように動き出しており、ブリスベンキャンパスでは夜間コースでオーストラリア人向けの日本語クラスの提供を始め、定期的にLexis Englishとしてドリンキングパーティを実施しているので、オーストラリア人の友人を作って、日本語を勉強中のオーストラリアンネイティブとランゲージエクスチェンジをすることも今後は可能になるかと思います。

 

先生と生徒が仲良くなって、お休みの日にお出かけしたりすることも可能で、各キャンパスでアットホームな雰囲気が多くの学生に支持されています。

 

Lexis Englishについて、ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Lexis Englishの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280
0 コメント

2017年

3月

25日

シニア留学にお勧めの語学学校

セブ(マクタン島)のリゾートエリアに立地する新設校「Cebu Blue Ocean Academy」

 

【講師の格が違う!ホテル一体型の『セブ最強のリゾート校』のシニア留学】

 

厳しい採用過程から選抜された講師陣が、やさしく丁寧に教えてくれます。

綺麗で落ち着いて勉強ができる施設も大好評です。

 

【地域】フィリピン・セブ(マクタン島)

 

【期間】2週間~48週間 

 

【開始時期】隔週土曜日(土曜イン、土曜アウト7泊8日)※指定入学日あり

 

【学校詳細】https://www.fujiyama-international.com/philippines/cebu/cebu-blue-ocean-academy/

 

【滞在方法】 ホテル滞在(2015年リノベーション済み)

 

【費用に含まれるもの】授業週40時間・ホテル滞在費・毎日3食付・インターネット代 

 

格安の金額で、マンツーマン授業中心のハイグレードなシニア留学が実現します!

セブならではの多様なアクティビティも満喫でき、しっかりと学べるシニア留学プランです。

 

バギオの老舗校が運営するセブ島の学校で、16年間の研究が生んだカリキュラムも定評があります。

 

9時間のマンツーマンを受講できる「Premium ESLコース」、ゆったりと3時間のマンツーマンを受講できる「Light ESLコース」も人気です。

 

また、10段階に細かくレベル分けされるので、柔軟なレッスンが受講できます。

 

マンツーマン授業だけでなく、勉強型クラスとリラックス型クラスに分かれたオプションクラスも充実しており、それぞれ無料で参加できます。

 

【シニア留学にオススメ】

 

経営タイプ  :韓国資本

日本人比率  :40%

施設の綺麗さ :★★★★★

立地/利便性 :★★★★★

講師の質   :★★★★★

価格の安さ  :★★★★☆

 

★体験者の一言★

「講師の質と事務の方の的確な仕事ぶりは他校と比べて群を抜いて素晴らしいです。どうかこのまま維持していただきたい。一年も経てばセブで一番の人気校になるでしょう。二年も経てばフィリピンの語学学校といえばセブ・ブルーオーシャン・アカデミーとなるでしょう。」

0 コメント

2017年

3月

23日

フィリピン/バギオの語学学校PINESさんにご来社いただきました!

フィリピン留学のパイオニアとして広く知られているフィリピンの教育都市バギオに立地する語学学校PINE International Academyの日暮さんにご来社いただきました。

 

PINESは2015年にセブ校として、マクタン島のリゾートエリアに姉妹校のCebu Blue Ocean Academyをオープンさせ、しっかり勉強したい方向けのスパルタ留学(バギオ)と、ゆったり自分のペースで学習したい方向けのセミスパルタ(セブ)から選択していただくことができる学校です。

 

日暮さんは現地(バギオ)のマネージャーを経て、現在は新規オープンとなった日本オフィスのスタッフさんとして、日本マーケットの開拓に努めており、日本での留学フェアの際にフィリピン留学候補者様への学校案内や、留学エージェント廻りを行い、PINESの知名度の向上に努めていらっしゃいます。

 

現在、PINESでは20代半ばの学生さんが増えており、幅広い年齢層の方が在籍しているので、年齢を気にせず留学していただける環境が整っており、現に当社のお客様でもシニア層の学生さんが現在PINESに在籍していらっしゃいます。

 

これまではPOWER Speakingコースの人気が高かったのですが、最近は受入年齢の幅が広がっている影響もあり、オーダーメイドでレッスンを構築できるPremiumコースの人気が高まっているとのことです。

 

Premiumコースは、入学時に副校長先生のコンサルテーションを受けていただいた上で、どのように学習を進めていくかをお決めいただくことができます。

 

PINESはとにかく"講師陣の質"に力を入れており、講師の採用過程から採用後のトレーニングまで徹底した講師管理を行っているので、フィリピン人で講師を目指している方からは「PINESで働くことがステータス」とも言われるほどです。

 

ビジネスコースをご提供する学校が多い中、PINESでは"あえて"ビジネスコースを取り扱っていません。

理由といたしましては、「ビジネスコースは現在いる講師陣が大学で専攻してきた内容と異なるため」とお伝えいただいています。

 

実際、他校では社会人経験がない方や、大学での専攻がビジネスと異なるにもかかわらずビジネスコースをご提供していることが多く、”教育”に力を入れているPINESでは今後もビジネスコースの提供予定はないとのことです。

 

講師陣だけでなく、スタッフさんも教育熱心なPINESさんならではの考えで、安心して学生の皆さまを送客できる学校であることを、改めて強く感じました。

 

PINES International Academyについて、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

PINES International Academyの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International

フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2017年

3月

21日

バギオ&メルボルン留学体験談

当社を経由してフィリピンのバギオからメルボルンに留学している日本人女子学生より、体験談を頂戴いたしましたので、以下にご案内させていただきます。

 

体験談: 

 

まだ2カ国目のオーストラリアでワーホリをしている者ですが、2カ国目に来て感じたことを書かせて頂きます。

 

フィリピンにもともと6ヶ月いるつもりでしたが、オーストラリアに早く行きたいなって思ったのともっとネイティブの英語に触れたいと思ったため4ヶ月で一時帰国することにしました。

その時もフジヤマさんには色々お世話になり本当に感謝してます。マンネリという言葉があるように、同じ場所にずっといることはやはり辛いと感じることもあって、なのでフィリピンに行く前に担当の方から無理に期間を決めないで現地で実際に決めた方がいいというアドバイスを頂けてよかったと思ってます。

 

何事も早め早めに決めてしまうのですが、やはり自分で確かめたり実際に体験しないとわからないことは世の中たくさんあるのだということを実感しました。

 

あまり留学とは関係ないのですが、これから留学しようと考えている人はあまり深く考えすぎずに、実際に現地でゆっくり考えるのも全然ありだと思います。

 

ワーホリも私は運良くこちらにきて二週目でお仕事が手に入りましたが、焦りすぎずにゆっくり探してる人もたくさんいるのは事実なので、海外にきて焦るということはあまりしないほうがいいと思います。

英語力も上がってるのかわからなくて焦ってばかりだったのですが、焦ると余計に空回りしてよくない方に行ってしまったり、ストレスがたまってしまったりと、英語以外の負担が増えてしまあと思います。

私自身もなかなかその点が変えられなくて、良いのだか悪いのかいつも焦って早め早めに行動してしまうので、もう少しゆっくり海外の人たちを見習って心に余裕を持って行動していけたらいいなと思ってます。

 

あまり留学とは関係なくなってしまったのですが、1番大事なことはとにかく人と比べないことです。

実際フィリピン留学している人もワーホリしている人もこの世の中にたくさんいて、自分はそのうちのたった1人です。

 

また周りにいる英語がすでにできてる人、テスト系の点数がとてもいい人、たくさんいます。

でもみんな来た理由も帰る理由も全て違うんです。その人の人生なんですよね、留学してることは。

なので、人の人生と比べても本当に意味がなくて、日本に帰ったら全然違う道に進むのに今比べてたら馬鹿らしくないでしょうか。

私も人と比べがちでその度に出来なさを実感して、泣いて落ち込んでの期間があって、でもそのことに気づいてから、人との違いが理由で泣くことは無くなりました。

昨日の自分、1カ月前の自分と比べてどのくらい成長できたかに焦点を当てるべきです。

留学行くにあたってその点は忘れないでいてほしいと思います。

 

私も残り半分悔いのないように頑張るので、今から行く人も、現地にいる人も、まだ留学するか悩んでる人も、一緒に困難から乗り換えていきましょう!!

 


担当カウンセラーへの一言: 

 

いつも無理いったお願いをしたり、たくさんリクエストしてしまって申し訳ありません。

すぐに意見を変えたり飽きてしまうのは私の悪いところで、逆にもう変えられないという風に言われた方が私もそれで納得がいくので、私にとってもありがたいことがたくさんあります。

 

これからもよろしくお願いします。

0 コメント

2017年

3月

20日

フィリピンで情熱大陸が観れる!?

日本の毎日放送(MBS)では、同社制作のドキュメンタリー番組 「情熱大陸」をフィリピンの地上波放送局GMA NewsTVで毎週レギュラー放送しています。

 

日本で放送された「情熱大陸」を現地で再編集し、英語字幕及び英語ナレーションをつけ「JOUNETSU TAIRIKU」として約半年間遅れで週1回放送しています。

 

放送終了後には1ヶ月間限定でフィリピン最大のインターネットポータルサイト「Hallo Hallo Alliance」で無料見逃し配信も実施してこうした取り組みは日本のテレビドキュメンタリー番組としては初の試みです。

 

日本の番組を英語で観ることで英語力の向上にもつながりますので、現在フィリピンに滞在中の方や、これからフィリピンへの渡航を控えている方は番組をご覧になられてみてはいかがでしょうか!?

(一部、MBSのWEBサイトから抜粋)

0 コメント

2017年

3月

18日

ゴールドコーストマラソンが7/1・7/2に開催!

オーストラリア最大の観光保養地であるゴールドコーストで毎年行われているゴールドコーストマラソンの申込受付が始まりました。

 

今年は7/1、7/2の開催となっており、以下の種目へのエントリーが可能です。

 

【7/1】

10kmラン(12歳以上)80ドル

5.7kmチャレンジ(年齢制限なし)65ドル

4kmジュニアダッシュ(5-14歳)25ドル

2kmジュニアダッシュ(5-10歳)25ドル

 

【7/2】

フルマラソン(18歳以上)155ドル

車いすマラソン(18歳以上)155ドル

ハーフマラソン(15歳以上)119ドル

車いす15kmレース(12歳以上)80ドル

 

フルマラソン、ハーフマラソン、10kmランの完走者には完走メダルと完走Tシャツ、5.7kmチャレンジには参加者Tシャツ、ジュニアダッシュの完走者にはキャップを授与され、完走者には大会終了後に大会公式ページより、無料で完走証がダウンロードできます。

 

ゴールドコーストマラソンのWEBサイトは以下のURLよりご確認いただけます。

http://www.gcm.jp/index.html

 

7月の南半球は湿度も低く、気温も10〜18度と爽やかな気候でマラソンに最適のコンディションです。

上記期間で、オーストラリアを訪れる予定のある方は、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

0 コメント

2017年

3月

17日

全講師がTESOL資格を有するネイティブオンライン英会話

完全オーダーメイド型の英会話教室【vipabc】は世界80カ国に10,000人以上の講師が在籍し、日本人コンシェルジュによる学習サポートが受けられる安心のオンライン英会話スクールです。

講師陣は全員英語教授法【TESOL/TEFL】の資格を有しており、あらゆるニーズに対応しています。


レッスン時間や教材のトピック・・・
お望み通りに英語を学べていますか?

英会話の学習方法に悩んだらvipabc !

無料体験レッスンはこちらから
↓     ↓     ↓
シリコンバレー発!オンライン英会話「vipabc」
0 コメント

2017年

3月

16日

NZの最低時給がアップ!

ニュージーランドの人気語学学校New Zealand Language Centres(NZLC)からの案内を以下に転載させていただきます。

 

 

2017年4月1日より最低時給が$15.75に上がります。NZLCでは無料で仕事探し(ボランティアやインターン含む)のサポート、面接の指導や履歴書の書き方講習会、お一人お一人の履歴書のチェック、バリスタコースやカフェインターンの紹介(プログラム参加は有料)、最新の求職一覧ボードをご準備しております。

 

NZLCについてはもちろん、ニュージーランドの現地情報などついて、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2017年

3月

15日

(再掲載)留学カウンセラーの募集について

2月のブログでもご案内させていただきましたが、FUJIYAMA International株式会社では留学カウンセラーを募集しております。

 

海外留学・ワーキングホリデー・インターンシップなど、海外渡航をお考えの方々にカウンセリングを通じて、さまざまなサポートを提供します。

 

留学カウンセリングは責任感が強く求められますが、その分大きなやりがいを得ることができます。

 

皆様の海外留学・ワーホリ経験、営業経験などをFUJIYAMA Internationalで生かしてみませんか!?

 

○募集職種:留学カウンセラー / インターンシップスタッフ

●事業内容:留学全般のサポート(カウンセリングから各種手続き、その他留学に関する業務)、海外教育機関への問い合わせ、交渉等

●応募資格:学歴不問<歓迎するスキル・経験:英語圏への留学・ワーホリ経験 / 英語力 / B to Cセールス経験>

●勤務地:本社(神奈川県横浜市西区桜木町7-42八洲学園大学ビル7F)、または海外

●勤務時間:10:00~19:00(平日)13:00~21:00(土・日・祝祭日)※インターン生は要相談

●採用人数:若干名

●雇用形態:正社員(試用期間3ヶ月間)/ インターンシップ

●給与:経験・能力を考慮し、当社規定により決定

●休日・休暇:隔週休2日制(シフト制)、年末年始

●諸手手:交通費支給(月10,000円上限)

●求める人物像:責任感が強く向上心を持ち相手の立場に立って行動できる方や、提案力や交渉能力のある方

 

お問合せ先:

FUJIYAMA International株式会社

住所:神奈川県横浜市西区桜木町7-42八洲学園大学ビル7F

TEL:045-548-3330

メール:info@fujiyama-international.com

採用担当

 

アクセス(本社):

横浜市営地下鉄ブルーライン 高島町駅:徒歩1分

京浜急行本線 戸部駅:徒歩5分

横浜高速鉄道みなとみらい線 新高島駅:徒歩7分

相模鉄道本線 平沼橋駅:徒歩7分

JR/京急/相鉄/地下鉄/みなとみらい線/東横線 横浜駅:徒歩10分

0 コメント

2017年

3月

13日

BECI International授業料変更のお知らせ

フィリピンの教育都市バギオに立地する2002年開校の老舗語学学校【BECI International】が、これまで以上に学生の皆様に満足していただけるよう、すでにIELTSのスコアを保持する学生向けの点数保証コースと、これからIELTSの学習をスタートする学生のための基礎コースの提供を開始いたします。

 

IELTSクラスを分けることで、IELTSをより効果的に学習できるように改善いたしました。

 

また、TOEFL保証コースも新たに開講予定で、こちらは学生個々のニーズに合わせた授業を提供できることを想定し、より効果的な学習ができるという内容になっています。

 

さらに、これまでのビジネスプログラムを、今後は「ビジネスコース」としてご提供する予定で、今まで以上に授業の内容を充実させ、ビジネスにおける英語スキルを訓練することで、フィリピン留学後にオーストラリア等でワーキングホリデーを検討されている学生向けに、英語を使って仕事をすることをサポートできる内容になっています。

 

このコースは、履歴書などの作成方法から、ビジネスコミュニケーション能力の向上にも役立ちます。

 

上記、コースの新設・変更につきましては、5月1日以降で適用となり、それに伴い、授業料金の改定もございます。

 

以下のURLより、BECI Internationalの詳細ページをご確認いただけますので、ぜひご確認いただければと思います。

https://www.fujiyama-international.com/philippines/baguio/beci-international/

 

ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2017年

3月

12日

フィリピンのビザについて

フィリピン留学の場合、日本国籍者はフィリピン到着後30日まではビザを必要せず滞在が可能ですが、30日を超えて滞在する場合、現地でビザ(観光ビザ)の延長手続きが必要となります。

 

留学に際して、航空券の手配をする際に30日以上滞在予定の方は、航空会社や航空券手配会社、旅行会社などに「渡航前にビザを取る必要がある」と案内をされることがありますが、日本国籍者の場合、留学前にビザを取得する必要はございません。

 

上記の通り、フィリピンの語学学校に30日を超えて通学する場合、現地でのビザ延長が必要になりますが、語学学校であれば学生ビザなどを取得する必要はなく、観光ビザを延長するようになり、延長手続き自体は学校側が代行手続きいたします。

 

ただし、ジェットスター航空、アシアナ航空、デルタ航空は例外で、渡航前にビザを申請するよう案内されることが多々ありますので、心配される方は上記3つの航空会社以外で航空券をお手配されますことをお勧めいたします。

 

フィリピンのビザについて、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International株式会社

電話:045-548-3330

メール:info@fujiyama-international.com

0 コメント

2017年

3月

12日

フィリピンの教育都市イロイロに立地する語学学校We Academyの取扱開始!

2003年にフィリピンの教育都市イロイロに開校した長い歴史を有するイロイロの草分け的存在の語学学校【We Academy】の取扱を始めました。

 

学校は小規模・アットホームな雰囲気が特徴で、フィリピン最安値級の料金設定でご案内しています。

 

8段階のテストを通過した優秀な講師陣が在籍しており、ESLだけではく、TOEICやIELTS試験対策コース、さらにウェストビサヤ大学では、英語教授法TESOLの資格を取得することも可能です。

 

We Academyについて、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

We Academyの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2017年

3月

11日

BECIアクティビティ参加体験談

今回は2月に開催されたBECIのアクティビティに参加した時の紹介をしたいと思います。

 

BECIでは月に数回学校で計画されたアクティビティが開催されます。その時々によってさまざまでHundred islandツアーやボランティア企画などバギオから少し離れてまた一味違った体験ができます。

 

僕はこの2か月で2つのアクティビティに参加しました。1つ目はバギオからジプニーで約2時間のところにある山のハイキング兼清掃のボランティア企画です。

 

参加費用はなんと無料!

 

ハイキングをしながらゴミ拾いを行っていきます。ハイキングといっても実際は30分ほどで山頂まで行くことができ、きれいな景色と気持ちのよい空気を味わえます。

 

今回の企画にはたくさんのイエメン人も参加してくれてたくさんの良い交流もできました。

ボランティアの帰りには近くのストロベリー畑に寄りイチゴ狩りを楽しんで帰りました。

 

2つ目のアクティビティではバギオから約4時間の場所のビガンと約10時間の場所のパグプッドというビーチリゾートへ1泊2日で行ってきました。移動時間が長くタイトなスケジュールにはなりますが、バギオとは全く違う雰囲気の街を楽しめます。バギオを離れると気候も全く変わり日中は夏のような気温になります。

 

1日目は天候があまり良くなく海ではシュノーケリングなどのアクティビティはできませんでしたが、ここではバナナボートやアイランドホッピング、絶景とスリルを楽しめるジップラインなどたくさんのアクティビティができます。このアクティビティには2人の先生が一緒に同行してくれてガイドをしてくれたり、夕食のBBQを用意してくれたりと自分たちのサポートをたくさんしてくれました。先生がいることで移動中の何気ない会話の中の間違いも拾ってその場で直してくれます。アクティビティ中も勉強です!

 

2日目は世界遺産にもなっているビガンという都市を散策。スペイン統治時代の街並みがそのまま残されていてまるでヨーロッパにいるような感覚を味わえます。夜の街並みもすごくきれいで個人の旅行で行く生徒もたくさんいます。

すべてのアクティビティは参加自由で個人で行くのが少し不安な方も安心して友達と旅行が楽しめます。さらに勉強した英語を使う絶好の機会にもなります。

 

BECIに来た際はぜひ参加してフィリピン留学の思い出を作ってください!

 

BECIについてご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
電話:0120-37-2280 / 045-548-3330

お問い合わせ

0 コメント

2017年

3月

10日

語学学校の閉鎖リスクについて

2017年3月1日に、トロントの英語学校が突然倒産したニュースが流れました。

学校名はCORNERSTONE ACADEMIC COLLEGE、留学業界の中でも、この学校の突然の倒産は驚きとショックを隠しきれませんでした。

 

■学校が倒産すると学生はどうなるか?

 

海外の学校の倒産や統廃合(経営元が変わったり、学校が合併すること)はそれほど珍しいことではありません。

日本の企業や学校との大きな違いは、事前の告知や事後対応のないまま、音信不通となってしまう場合がほとんどである点です。

学生や先生がいつも通りに通学すると、入口のドアが閉まっていて、初めて倒産を知ったなどというようなことも現実的にありえます。

学校担当者やマネージャーですら学校倒産の事実を当日知るというようなケースもしばしば起こります。

 

そんな突然の学校の倒産の場合、学生はどうなってしまうのか?

 

残念ながら、倒産してしまった学校から授業料などの費用の返金は受けられないケースがほとんどです。

また、学校にホームステイなどの滞在手配を依頼している場合は、金銭面だけでなく、滞在先確保の問題も発生します。

 

多くの場合、留学生自身が、つてを頼りに自力で振り替え先を見つける、路頭に迷うといったことになってしまいます。

 

■学校倒産の場合の救済システムは?

 

倒産後、非常に重要な分岐点は、その学校が救済システムを持つ学校協会に加盟しているか否かです。

 

例えば、冒頭に紹介したトロントの語学学校CORNERSTONE ACADEMIC COLLEGEは、幸い、カナダの英語学校協会Languages Canadaに加盟していました。

Languages Canadaは、加盟学校からの供託金制度を協会として持っています。

なので、この学校にいた学生は、この支援制度のサポートで新たな費用負担なしで、留学を継続することが可能となります。

 

■世界語学学校協会連盟GAELA (Global Alliance of Education and Language Associations)

 

上記で挙げたLanguages Canadaのように、主要な語学留学先各国(カナダ、オーストラリア、ニュージーランド等)は、自国内に業界団体である協会を作っています。

 

[English Australia]

http://www.englishaustralia.com.au

 

[English New Zealand]

http://www.englishnewzealand.co.nz

 

[Languages Canada]

http://www.languagescanada.ca

 

GAELAは、世界各国のそれぞれの国を代表する語学学校協会の連合体です。

現在、10カ国から語学学校協会で構成されており、その傘下に加盟する語学学校は約2000校に上ります。

 

協会によって内容は変わりますが、具体的には学校施設、カリキュラム、教師などの品質基準の設定や今回紹介したような緊急時の支援体制についての取り決めなどを行っています。

 

下記が現在のGAELAのメンバー協会です。

 

【GAELA】

http://www.gaela.net/GAELAMembers/tabid/1142/Default.aspx

 

こちらのページから各国の協会のホームページを確認でき、そしてそのホームページで協会加盟の学校リストも見られます。

 

■安心して学べる学校の選び方

 

数ある学校の中から海外の学校をどのように選ぶのかは、留学希望者のニーズによってさまざまですが、下記の条件から選ぶ方がほとんどではないでしょうか。

 

・学校のロケーションや環境

・施設の充実度

・カリキュラムの質

・講師の質

・国籍割合

・コスト

 

実に多くの選ぶ基準があり、一つひとつの詳細を事細かに調査することは非常に困難だと思います。

まして、その学校が倒産するリスク、その場合の救済システムなどを調べようにも調べ方すら分からないのが現状です。

 

そこでひとつ、現地で後悔をしない方法を提案いたします。

GAELA加盟の語学学校協会に所属している学校から留学先を選ぶことです。

 

前述の通り、各協会は留学生の受け入れに対して、様々な活動をしており、メンバー校になるためには会費の支払いはもちろんのこと、協会が定めた入会基準をクリアしなくてはいけないため、一定の品質基準を持つ学校しかメンバーになれないのです。

 

つまり協会のメンバー校であればある程度安心であると言えるでしょう。

なにより、先ほど説明したように、Languages Canadaのような協会の加盟校であれば、なんらかの救済措置をしてもらえる点がやはり安心です。

 

上記の内容で、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
電話:0120-37-2280 / 045-548-3330

お問い合わせ

0 コメント

2017年

3月

10日

フィリピン/セブのPhilinterさんにご来社いただきました!

フィリピンのセブ(マクタン島)に立地する語学学校Philinter Education Center日本オフィスのキムさんにご来社いただきました。

 

Philinterさんには定期的にご来社いただき、最新情報をご案内いただいていますが、今回は2017年の新パンフレットが完成したということもあり、わざわざオフィスまでお持ちいただきました。

 

私(坂井)自身、休暇を利用して、昨年末に1週間の短期留学でPhilinterさんにお世話になりましたが、その際に同じ入学日ということで知り合った福岡に住まいする日本人男子学生のMさんがパンフレットに載っていて大変驚きました。

 

Mさんとはグループクラスも同じで、お休みの日には飲みに行ったりもしていたので、新パンフレットには非常に親近感が湧いてきます。

 

今回のパンフレットでは、Philinterさんの特徴である多国籍環境ということが伝わってくる内容で、さらに昨年から新たに提供が始まった外部学生寮AZONについて、写真付きで詳細情報が掲載されており、今まで以上に見やすいパンフレットに仕上がっていました。

 

現在、Philinterには少数ではありますが、マレーシアやアルゼンチン、スペイン人学生も在籍しており、多国籍な環境を生かして、ルームメイトは通常、他の国の学生と同部屋になるよう心がけています。

 

ベトナムにもPhilinterの現地オフィスを立ち上げ、元マネージャーさんがベトナムマーケットの開拓にも務めているとのことで、今後更なる多国籍環境が期待できそうですね。

 

現在、学校の内部寮はリノベーション中で、工事が終わり次第、さらに快適な住環境がご提供される予定となっています。

 

キムさん、本日はお忙しい中、わざわざご足労いただき、本当にありがとうございました!

 

Philinter Education Centerについて、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Philinter Education Centerの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International

フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2017年

3月

07日

フィリピン学校視察情報

昨今、フィリピン留学の人気が年々高まっている中で、ネット上にはさまざまな情報があり、「どの情報が信用できるのか分からない…」という方も多くいらっしゃるのが現状です。

 

FUJIYAMA Internationalでは、定期的に現地視察を実施しており、学校や学校が立地する都市の情報収集を行っています。

 

以下のURLにこれまでの語学学校視察情報をまとめさせていただきましたので、ぜひご覧いただければ幸いです。

 

【フィリピン学校視察情報】

https://www.fujiyama-international.com/philippines/inspection/

 

上記の内容で、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
電話:0120-37-2280 / 045-548-3330

お問い合わせ

0 コメント

2017年

3月

07日

AELC(親子留学センター)視察報告

「まるで欧米のような雰囲気の中、安心して親子留学を実現できる学校。」

 

実際、体験入学で2週間親子留学されていた方が、「正直、ここだったら3ヶ月はいたかった。」とおっしゃっていたのが非常に印象的でした。

 

今回は、長年の親子、ジュニアの受け入れ実績を持つAELC(親子留学センター)さんの魅力を解説します。

 

AELC(親子留学センター)さんは、年間通して安定的に親子留学を受け入れていらっしゃる親子留学の専門センターです。

 

ゲートを通らないと入ることができないクラーク経済特区内のため、治安も抜群です。

 

なお、ジュニアコース=7歳~15歳、幼稚園コース=3歳~6歳で受け入れ可能となっております。

 

訪問時には、韓国の方が多かったのですが、韓国では現在親子留学熱がすさまじく、3ヶ月~6ヶ月親子で滞在するのが平均だと伺いました。

 

また、安心できるポイントの一つに、お子さんが勝手に外に出ないように、キャンパスが箱型になっている点が挙げられます。安全面に最大限考慮した作りには脱帽でした。

 

オープンスペースだと目を離した隙に、ビルを出てしまったりと安心して過ごせませんが、ここではそれは心配無用です。

 

ここであれば、親御様も勉強に集中できるなと思いました。

1階が施設で、2階が勉強部屋になっているからです。

 

階層が分かれているため、うるさいのが気にならないというのは差別化ポイントであるなと思いました。

 

また、他校様の場合、臨時で箱を増やしたり、講師を臨時雇用したりとバラつきがあるそうなのですが、ここ、AELC(親子留学センター)さんは、質を落とせずに学校運営をされております。

 

アシスタントをかなり多めに雇用されているので、お子さんがトイレに行っている最中に先生が不在になるといった心配もありません。

 

日中、先生がお世話をするため、ベビーシッターがいらないという点も安心だなと思いました。

このおかげで、お昼はママ友とランチもできたりします。

 

ホテル型高級コンドミニアムの宿泊施設で快適な環境でした。

自炊したい方も自由に調理することができる数少ないタイプの学校です。

 

学校から徒歩10分のところに大型スーパーもあります。

 

また屋上には、大きなプールもありました。

残念ながら、屋上のジムは閉鎖になっておりました。

 

元看護師のマネージャーが常駐しているのですが、非常にホスピタリティ精神あふれる方で、訪問時には、お子様(生徒様)が、使った教材を親御様のために思い出の品としてラッピングしている最中でした。

 

こういった心配りが満足度の高い理由なのだと思いました。

 

AELC(親子留学センター)について、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

AELC(親子留学センター)の詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2017年

3月

04日

フィリピン留学と欧米留学の違い

0 コメント

2017年

3月

02日

留学前無料英会話レッスンのからくり

これまでに留学エージェントにお問い合わせをされ、カウンセリングをお受けになった方の中には『無料英会話レッスン』という言葉を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

 

「申込特典として“無料英会話”をお付けします!」

確かに、これは一見メリットしか感じない文言に見えます。

 

実際にFUJIYAMA Internationalでも海外留学やワーキングホリデーなどの前には「渡航前に何を勉強したらいいでしょうか?」というご質問を度々頂戴いたします。

 

そこで、当社でも導入を検討し、レッスン風景などを視察をさせていただいた時期もあったのですが、いまひとつ導入には踏み切れませんでした。

 

理由は以下の3つです。

 

・受講レベルがばらばらのままの茶話会のようなものであったこと。

・手数料を取らざるを得なくなること(ビジネスモデルそのものを変える必要があること)。

・日本国内では、レッスンで学んだインプットをアウトプットしてモノにする環境が用意できないこと。

 

まず、レベルがばらばらですと「積極的に話す学生」と「部屋の隅っこで黙り込む学生」に分かれます。

 

20人~30人ほどの部屋の中に、講師が1人。

結局話せる生徒しか話していない。

残念ながら、こういった環境下では、英語力向上には向きません。

 

また、レベルがきちんと分かれていないため、フリートークがメインになってしまい、English Speakerであれば誰でも講師ができてしまいます。

 

次に、『無料』と聞いて、「なんて良心的なサービスなんだ!」と信じて疑わない方も少なくないのではないでしょうか。

「無料」英会話とは、実は「無料ではない」という事実に気付いている方は、思いのほか少数なのです。

 

これは、10~20万円の留学手数料・手配料の中から、英会話の運営費を捻出しているという仕組みです。

 

つまり、全く同じ留学プログラムに申し込むとこのようになります。

 

A社(手数料あり)

留学費用:70万(※無料英会話レッスン付帯)

 

B社(手数料無料)

留学費用:50万

 

そうであれば、B社で申し込み、浮いた20万円分、自分のレベルや目的に沿ったレッスンをご受講された方が、「費用対効果」が高いのではないでしょうか。

 

最後に、当社のお客様でも10年間英会話スクールに通われていながら、全く話せない方もいらっしゃいました。

原因は、ひとえに"覚えた表現を使う場が日本にはない"からです。

 

例えば、「歌がうまくなりたい」として、カラオケ本で歌詞をひたすら暗記する努力はしたものの、歌う練習をしなかったため、全く歌唱力が上がらないのと同じです。

 

そうであれば、本当の意味で効果的な事前準備は「日本の文化」や「世界情勢」について知ること。

会話の引き出しを増やす努力をした方が、留学後にコミュニケーションの幅が圧倒的に広がります。

 

英語で「神風特攻隊って何ですか?」、「日本の首相はなぜ、頻繁に変わるのですか?」と聞かれて、すぐに答えられる方は意外と少ないのではないでしょうか。

 

自分の意見を持つ訓練は、日本語環境でも十分にできます。

 

申込特典や条件でエージェントの比較をし過ぎてしまうと、本質が見えなくなってしまいます。

 

当社では、事前準備のあり方をこのように捉えているため、『無料英会話レッスン』はあえて導入しておらず、事前学習などについて、一人ひとりに添えるプログラムをご案内しております。

 

上記の内容などで、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
電話:0120-37-2280 / 045-548-3330

お問い合わせ

0 コメント

2017年

3月

01日

Bayside English Cebuプレミアムキャンパス視察報告

セブ(マクタン島)の海辺に立地するBayside English Cebuプレミアムキャンパスは、元々ホテルとして使われていた建物で、一般的な学校の学生寮とは異なり、広く設備が充実したお部屋を利用することができ、学校の建物自体もきれいで最低受け入れ年齢は20歳以上となっているので、特にシニア層や女性に人気が高い語学学校です。

 

マクタン島のリゾートエリアの先端に立地しているということもあり、実際学校の敷地に入るととても落ち着いた雰囲気で、”しずかな環境で勉強したい”と思う方に大変適した環境だということと、また学校入口には二重のセキュリティーゲートが設置されているので、治安面でも安心して生活できるエリアだということを強く感じました。

 

学校周辺にはお店がありませんが校内には売店があり、お酒も売っていて、もちろん飲酒も可能です。

 

海辺に立地するプールは24時間使用することができ、夜はライトアップされるので、学校ではなく、あたかもホテルに滞在しているような感覚になります。

 

お部屋は1部屋のみがガーデンビュールームで、残りはすべてシービュールームとなっており、スイートルームにはバスタブもついています。

 

学校敷地内からも海に入れますが、ビーチがある訳ではなく、ゲートを開けて海に入るようになりますが、海はとてもきれいで、週末には一部の学生さんが海に入っています。

 

「落ち着いた環境で勉強したい」、「リゾート留学に興味がある」、「日本人経営校がいい」、「年齢層が高い学校がいい」、「女性が多い学校がいい」、「校則が緩い学校がいい」などのご希望をお持ちの方に適した語学学校です。

 

Bayside English Cebuプレミアムキャンパスについて、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Bayside English Cebuプレミアムキャンパスの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント
ホーム
e-mail

資料請求フォーム
留学キャンペーン
スペシャル コラボキャンペーン
フィリピン語学学校ランキング
オーストラリア語学学校ランキング
ニュージーランド語学学校ランキング
カナダ留学の「カナダNavi」
IELTS留学のCNS2
TOEIC留学のTALK Academy
国内ホームステイ体験プログラム
教師宅ホームステイ
幼稚園ボランティア
オペア プログラム
親子留学
リゾート留学
シニア留学
法人&団体留学
フィリピン留学適性診断
フィリピン語学学校比較
フィリピン簡単ページ検索
FUJIYAMAが選ばれる理由
FUJIYAMAのサービス
FUJIYAMAのカウンセリング
FUJIYAMAのカウンセラー
FUJIYAMA's BLOG
デジタルパンフレット
海外留学必需品
海外生活情報
賢い留学エージェントの選び方
留学エージェントが倒産したら?
留学事前準備&事前英語学習
留学っていくらかかるの?
留学生の声
ワーホリビザと学生ビザ違い
留学Q&A
無料IT電話のスカイプ
無料コミュニケーションアプリのLINE
電話・メールでのお問い合わせ
留学見積もり
留学カウンセリング
会社概要
アクセス
個人情報保護方針
留学約款
携帯サイト
関連リンク
採用情報
twitter
google+

事前準備お勧めサイト集
ニッテルコミュニケーションズ
FUJIYAMA Import Market
NPO留学協会
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士