学校検索
留学見積
カウンセリング予約
お問い合わせ

2016年

9月

30日

Philinter Education Center視察報告

前回の視察からしばらく空いての訪問となりましたが、新たに短期留学生向けの【ACEコース】の提供を予定しているとのことでした。

 

ACEコースは1日にマンツーマンクラス6コマ、スモールグループクラス3コマ、ビッググループクラス1コマの合計10コマを受講していただき、短期間でスピーキング能力を最大限に成長させることができるコースとなります。

 

また、学校から車で3分程度(徒歩10分)の場所に新たに外部コンドミニアムの提供を開始し、最大受け入れ人数も150人から180人と拡大しました。

 

外部コンドミニアムは空港にも近いということもあり、パイロットやCAさんも滞在する高級コンドミニアムとして広く知られているので、Philinterで学習した英語をアウトプットする環境としても最適です。

 

短期留学生向けのプログラム提供や外部高級コンドミニアムの提供だけでなく、さまざまな国の学生を受け入れるためのマーケティング活動や、講師だけでなく新規に採用したスタッフさんへの徹底した教育等、語学学校が林立するセブで他校から一目置かれるPhilinterの存在感が色濃く見えた学校視察となりました。

 

前回訪問時にもスタッフさんに語学学校として第三者機関に表彰されたことをお伝えいただきましたが、今回の訪問時にも同様のことをお伝えいただき、Philinterが語学学校としてセブで強い存在であることも再認識しました。

 

Philinter Education Centerについて、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Philinter Education Centerの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

29日

(重要)オーストラリア ワーホリ所得税&対象年齢の変更について

2016年9月27日、オーストラリア政府はワーキングホリデービザでオーストラリアを訪れる外国人を対象とした所得税の非課税枠を、2017年1月から撤廃すると発表しました。

 

これまでは、年収18,200ドルまで非課税でしたが、新しい制度では年収37,000ドルまでのワーキングホリデーメーカーを対象に税率19%に、37,000ドルを超える方には、所得に応じて更に税率が高くなります。

 

また、これまでワーキングホリデーの対象年齢を30歳までとしていましたが、上記税率が変更となる2017年1月よりワーキングホリデー対象年齢を35歳に引き上げられることも発表されました。

 

ワーキングホリデービザ申請料につきましては、現在の440ドルから50ドル引き下げて、390ドルとなります。

 

新制度導入に向けて、ワーキングホリデービザ申請方法も変更となる可能性がありますので、変更があり次第、随時、最新情報をアップして参ります。

0 コメント

2016年

9月

28日

セブの老舗校Philinterが外部寮のご案内開始!

セブ(マクタン島)の老舗語学学校Philinter Education Centerが学校から車で5分の場所に外部寮の提供をスタートしました。

 

堂外部寮は2015年6月に立てられた新しいコンドミニアムで、野外プールやレストラン等もあり、もちろん24時間セキュリティガードが付帯しています。

 

学校までの無料送迎サービスもあり、安心して通学していただくことができます。

 

滞在施設はとても広く、お部屋にはトイレやシャワーはもちろん、ソファーやテーブル、下駄箱、金庫、冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、洗濯機等が完備し、キッチンもついていますので、自炊することも可能です(自炊しない場合でも、学校の食事を1日3食お召し上がっていただくことができます)。

 

2003年の開校以降、質の高いレッスンを提供して参り、他の学校もPhilinterをモデルにするほどの人気校です。

 

質の高いレッスンとセブ最高級の滞在施設で現地生活を送ってみてはいかがでしょうか。

 

Philinter Education Centerについて、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Philinter Education Centerの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

26日

オーストラリアの"ワーキングホリデー税"が導入見送りの可能性

今年5月にYahooニュースでも大々的に取り上げられたオーストラリアの"ワーキングホリデー税"ですが、当初2017年1月まで先延ばしとなっていましたが、ここにきて廃案となる可能性がオーストラリア政府与党の有力議員よりリークされました。

 

この"ワーキングホリデー税"はワーキングホリデービザでオーストラリアに渡航し、現地就労をした方の所得の最初の1ドルから32.5%もの所得税を課税しようというものです。

 

"ワーキングホリデー税"が適用となった場合、農業分野だけで4万人が影響を受けるとされており、現在は人手不足に悩む地方の農家からの強い反発を受けて、今年7月の導入予定が半年間先延ばしとなりましたが、やはり農業分野に大きなダメージを与えることが予想されるため、オーストラリア連立政権与党で農業を主産業とする地方を地盤とする国民党の議員からもワーキングホリデー税導入に反発する声が多く出ており、さらに今後ワーキングホリデーメーカーが減少することも懸念されており、関連する観光分野からも反発の声が出ています。

 

近日中にはオーストラリア政府から"ワーキングホリデー税"についての正式発表が予定されているので、詳細が分かり次第、改めてご報告させていただきます。

0 コメント

2016年

9月

25日

フィリピン留学のメリット・デメリット

昨今、欧米留学とフィリピン留学を比較検討される方が非常に多くなっていますが、それぞれメリット・デメリットがあり、値段だけでは簡単に決めることができません。

 

そこで、フィリピン留学のメリットとデメリットを以下にご案内させていただきます。

 

【フィリピン留学のメリット】

①欧米留学の15人程度のグループクラスとは異なり、マンツーマンレッスンがメインで、グループレッスンも少人数で行われるため、対話時間が長く、短期での英語力向上に適している。

②フィリピン人講師は日本人同様、第二言語で英語を学習してきたので、英語学習の”どこでつまづくか”を把握しているため、日本人に合ったレッスンを受講できる。

④欧米圏の2倍程度の授業時間があり、学校と滞在施設が隣接しているので、しっかりとした学習を受けることができ、欧米圏のように通学に費やす時間がない。

⑤欧米圏に比べ圧倒的に物価が安いので、現地生活費用を抑えることができる。

⑥1週間に2回程度、学校が洗濯や掃除をしてくれるので、学習に集中できる。

【フィリピン留学のデメリット】

①英語話者数は世界第三位だが、全ての国民が教育を受けている訳ではないので、街中には英語が話せない方もいる。

②欧米留学に比べ多国籍環境は望めないので、異文化交流は難しい。

③貧富の差が激しいので、治安の悪いエリアもある。

④年中温暖な気候ということもあり、電気代が高額になる傾向にある。

 

 

現在、インターネット上にはフィリピン留学についてポジティブな情報とネガティブな情報がさまざまありますが、実際にどの情報に信ぴょう性があるかについては、なかなか判断することが難しいのが現状です。

 

私たちFUJIYAMA International株式会社では3ヶ月に1度、実施に現地を訪問し、各教育機関にて体験レッスンの受講をはじめ、お食事をいただいたり、学生寮に泊まってパンフレットやインタネット上にはない情報を収集をするよう心掛けており、同時に現地の治安面などについても正確な情報を集めています。

 

各都市の治安についてはもちろん、学校情報などでご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

フィリピン留学の詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

24日

メルボルンが留学に最適な都市で世界第二位に!

イギリスの大学評価機関クアクアレリ・シモンズが発表した最新の「世界学生都市ランキング」でオーストラリアのメルボルンが第2位、シドニーが第4位に選出されました。

 

この調査は加外国人留学生数や多様性、都市の生活水準、企業経営者の評価、学費・生活コストなどが評価基となっており、オーストラリアからは他にもキャンベラが17位、ブリスベンが18位、アデレード26位、パース35位、ゴールドコースト69位など、多くの都市が留学都市として高く評価されています。

 

日本の都市では東京が3位、大阪(京都・神戸含む)が21位に選ばれています。

 

同ランキングのTOP10は以下の通りです。

 

①パリ(フランス)

②メルボルン(オーストラリア)

③東京(日本)

④シドニー(オーストラリア)

⑤ロンドン(イギリス)

⑥シンガポール(シンガポール)

⑦モントリオール(カナダ)

⑧香港(香港)

⑨ベルリン(ドイツ)

⑩ソウル(韓国)

 

現在、海外留学をお考えの方は上記「世界学生都市ランキング」をもとに留学先をお決めになられてはいかがでしょうか!?

0 コメント

2016年

9月

23日

ニュージーランドで最も住みやすい街

ニュージーランド国内の最新調査(不動産価格、居住エリアの満足度、安全性等をNZ主要7都市の約7千人を対象)によると、ダニーデン(Dunedin)に住まいする市民が現地生活に最も満足していることが分かり、90%弱のダニーデン市民がダニーデンの暮らし全般に「非常に良い」、もしくは「良い」と回答しています。


本調査は2年毎に実施されており、2年前(2014年)の調査では首都でもあるウェリントン(Wellington)が1位でしたが、今回はダニーデンに抜かれ2位に転落しています。

 

一つの理由として、ウェリントンの不動産価格の高騰が挙げられています。

 

世界で最も治安の良い国の一つとして広く知られているニュージーランドですが、都市によって特徴が大きく異なりますので、これからニュージーランドへの渡航を予定している方は、ご自身の条件に合う都市をじっくりお選びいただきますことをお勧めいたします。

0 コメント

2016年

9月

21日

セブの老舗語学学校PhilinterがACEコースを開設

フィリピンのセブ(マクタン島)に立地する2003年開校の老舗語学学校Philinter Education Centerがこの度、新たにACEコースを開設いたします。


このACEコースは1-3週間滞在の学生が対象で、1日にマンツーマンクラス6コマ、スモールグループクラス3コマ、ビッググループクラス1コマの合計10コマを受講していただき、短期間でスピーキング能力を最大限に成長させることができるコースです。

 

コースの概要や特徴は以下の通りです。

 

コースの概要

ACEは英語を最大限に学びたい学生、特にスピーキングの練習が最も必要とされる方のために作られました。

全てのクラスは相互コミュニケーションに基づき、1-3週間でスピーキングスキルを伸ばすことができます。

 

コースの目標

・短期間で学生のスピーキング能力を発展させる。

・学生にスピーキング能力を実践的に活用できるようにする。

・会話の中でスピーキングとリスニング能力をさらに高めていく。

 

コースの特長

【対話型&コミュニケーション型】

熟練された講師が、英語の全ての技能(スピーキング、対話型リーディング、対話型リスニング、ボキャブラリー、グラマー)を学ぶ学生のために、対話型のコミュニケーション方法で指導していきます。

 

【効果的なサイクル】

学生がスピーキング能力をより正確に流暢にしていくために、授業で効果を最大限に上げていくための準備や復習(宿題)のコンテンツを用意しました。

 

上記、Philinter Education Centerの新設コース"ACE"について、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Philinter Education Centerの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

20日

NZに滞在中の学生が現地のフリーペーパーに取り上げられました!

当社を介してワーキングホリデーでニュージーランドに渡航したTasukuさんが地元ニュージーランドのフリーペーパーに取り上げられました。

 

Tasukuさんは最大都市オークランドの語学学校EDENZ Collegesに通い、「“伝える”ことの大切さ。コミュニケーションとしての英語。」を学んでいます。

 

掲載記事はNZのライフマガジン【E Cube】のWEB版で確認いただくことができますので、是非以下のURLよりご覧ください。

 

http://www.ecube.co.nz/content/1682

0 コメント

2016年

9月

18日

HELP Englishクラークキャンパスの視察報告

HELP Englishクラークキャンパスは、クラークの経済特区内に立地しているので、とても治安が良く、周辺には緑が多く残されているので、学校のスタッフさんも放課後や休日の時間を利用して定期的に学校周辺をジョギングしているほどです。

 

このHELP Englishは1996年にフィリピンの教育都市バギオに開校し、長年に渡って質の高い授業を提供してきたフィリピンで最も歴史のある語学学校です。

 

とにかく"教育の質"に力を入れていることでも広く知られており、ESLだけでなく、ジュニアやパスウェイコースに多くの力を注いでいます。

 

講師陣の質にもこだわっており、90%以上の講師が2年以上の雇用契約を結んでおり、もちろんレギュラーティーチャーとして採用しています。

 

セブなどの語学学校では一般的に講師陣の正規雇用率が30%程度と言われている中でHELP Englishではクラークが80%、バギオのマーティンスキャンパスにおいてはほぼ100%の講師が正規雇用されています。

 

講師が働きやすい環境作りにも力を入れており、しっかりとしたトレーニングをした後でないと教壇には立てず、採用後も定期的に講師向けのテストやトレーニングを行っているので、採用後も講師陣は気を抜くことができず、結果として「HELP Englishで働くことがステータス」とも言われるほどです。

 

給与や福利厚生面でも手厚い保証があるので、講師陣の働くモチベーションにも繋がっています。

 

また、多くの語学学校で採用している学生スタッフは、簡単な書類選考のみで採用の可否を決定していますが、同校では英語の学習を目的としているだけでは採用されず、英語力はもちろんのこと、将来の明確な目標等もしっかり審査項目に含まれているので、必然的にまじめな学生スタッフが集まるようになっています。

 

とにかく、"質の高いレッスン"を受けたい方はHELP Englishをお勧めいたします。

 

HELP Englishについてご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

HELP English(クラーク)の詳細ページは こちら

HELP English(バギオ)の詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

17日

Baguio JICの視察報告

フィリピンオ教育都市バギオに立地する2006年開校の語学学校Baguio JICはセミ・スパルタとスパルタの2キャンパスを有しています。

 

同校の副校長先生は日本人で、Baguio JICの卒業生ということもあり、英語学習や現地生活等のアドバイスもいただくことができ、学生目線のサポートに定評があります。

 

Baguio JICにはいくつか他校とは異なる特徴がありますので、以下に説明させていただきます。

 

≪ セミ・スパルタキャンパスの特長 ≫

●グループレッスンはスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングのそれぞれでレベル分けを実施

●講師は全体の5割が5年以上働くベテラン、3割が3年以上働く中堅、残りが厳しい採用審査を通過した新人で構成

●1週間に二回、日本人講師による日本人学生専用の無料グループレッスンをご提供

●1週間に二度、火曜日と木曜日の昼食は「日本食Day」となっており、日本人学生の口に合う美味しい食事をご提供

●ワーキングホリデー準備コースがあるのでフィリピン留学後、ワーキングホリデーをお考えの方にピッタリ

●10種類ものバリエーションに富んだグループクラスでは、さまざまなシチュエーションを想定した学習が可能

●シェアハウス型の滞在施設はリビングもあり、ゆったりとした生活を送ることができる

●渡航1ヶ月前から全8回の無料オンラインレッスンを受講できるので、留学前に自分の弱点などを把握できる

●TESDA認証の講師トレーニング機関と提携しており、講師陣の採用に力を入れている

 

上記の通り、Baguio JICはさまざまな特徴を有しており、フィリピン国内に数多く立地する語学学校とは差別化を図っています。

 

現在、学校の敷地内に新たにカフェを建設しており、完成後はさらに居心地の良い学校になるのではないかと思います。

 

Baguio JICについてご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Baguio JICの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

16日

E&G International Language Centerの視察報告

フィリピン第三の都市ダバオに立地する語学学校E&G International Language Centerは2006年に開校し、海辺のゆったりとした雰囲気の中で英語学習を進めることができます。

 

同校では5年以上在籍する経験豊富なヘッドティーチャーをはじめ、講師の大半が正社員雇用で、且つ2年以上勤めており、長い人は10年以上の講師歴を有しているので、質の高い授業に定評があります。

 

講師陣の採用にも力を入れており、採用後もしっかりとしたトレーニングがあり、ヘッドティーチャーを相手にした長期間のデモンストレーションレッスンを経て、初めて教壇に立つことが許されます。

 

ダバオで唯一のTOEIC公式試験会場にも指定されており、毎月一回実施されるレベルテスト(スピーキング、リーディング、ライティング、文法)にて最高得点を獲得した学生は次回のTOEIC本試験を無料で受講できるシステムがあるので、学生は切磋琢磨してTOEICのスコアアップを目指し、結果として多くの学生がTOEICスコアの大幅アップに繋がっています。

 

ESLコースでは学生のニーズを詳しく汲み取り、講師の考えを合わせてバランスを保ったレッスンを提供するよう心がけており、レベル分けはヨーロッパで言語指標として広く使われている"CEFR"を導入しているので、自身の英語が具体的に社会のどのポジションで活かせるか分かった上で学習を進めることができることも同校の特徴の一つです。

 

教材は常に最新のもの(時代に合ったもの)を利用するよう心がけており、学生の得意・不得意分野を把握した上で使用する教材を柔軟に変更し、学生の英語力向上に繋げています。

 

学生の国籍は日本・韓国・台湾・中国・ベトナムと幅広く、ただ英語学習するだけでなく、異文化体験にも最適な環境となっています。

 

英語+ゴルフや英語+インターンシップ等のプログラムも提供しており、ゴルフコースでは実際にプロの先生がコースを周りながら詳しく指導してくれることが評判を呼び多くのゴルファーが訪れ、インターンシップコースでは現地のホテルでの就業体験を経て、実際にセブに立地する5つ星ホテルのシャングリラホテルに就職した学生もいます。

 

アクティビティも充実しており、海が近いという立地を活かして定期的にアイランドホッピング等のマリンアクティビティを実施しているので、学校で覚えた英語をアウトプットする環境としても適しています。

 

学校からすぐの所に複数のリゾートがあるので、週末や放課後に出向いてリラックスする学生も少なくありませんし、徒歩10分圏内にはカフェや薬局、コンビニ、スーパーマーケット、マッサージ店、ファストフード店等、数多くのお店もありますので、不自由なく現地生活を送ることができます。

 

また、ダバオはフィリピンで最も治安の良いエリアとしても広く知られており、車は市街地を時速30km以上で走行することを禁止されている他、市内では徹底的に喫煙・飲酒が規制されていたり、他都市と違って安心してジプニー(現地のバス)に乗れたり、お財布を落として戻ってきたというお話もあるほどです。

 

フィリピンは日本同様台風の通り道ですが、ダバオは台風の通り道ではないので自然災害も他都市と比べ少なく、全ての面において安心して生活していただける環境が整っています。

 

治安の良い環境で質の高い英語レッスンを受けたい方はE&G International Language Centerでご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

E&G International Language Centerについてご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

E&G International Language Centerの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

15日

Clark Institute of the Philippines(CIP)の学校視察報告

先日、フィリピンの首都マニラから車で北に3時間程度のクラークに立地する語学学校Clark Institute of the Philippines(CIP)を訪問させていただきました。

 

CIPはクラークの経済特区エリア外に立地する語学学校ですが、学校の前の道路は高級住宅街のゲートに続く道となっており、高級住宅街に住まいする住人以外はほとんど人通りがないので、学校内外が安心・安全環境となっています。


また、学校の正門前にはトライシクルが常時待機しているので、どこかに出かける場合でも、簡単にトライシクルを捕まえることができます。

 

CIPは2006年に設立した多国籍な語学学校で、欧米人が多く住まいするクラークの地の利を生かしてネイティブ講師が10.名以上在籍し、キャンパス内は完全English Only Policyとなっているので、フィリピンにいながら”プチ欧米留学体験”が可能です。

 

コースも数多くありますが、それぞれのコースで他校と差別化を図っており、例えばTOEICコースでは、多くの語学学校では週単位で模擬テストの内容が変わり、前に受けたテストの内容を把握しないまま翌週のテストを受ける学生が多い中、CIPでは2週続けて同じテストが実施されるので、1週目で分からなかった点を学生自身で予習した上で2週目の時テストに挑むことができます。

 

ESLコースでは初心者コース(Start Learner)をはじめ、5種類のIntensiveコースがあり、教材は長年の学校運営で培ったノウハウを活かして独自に開発しています。”CEFR”というヨーロッパで広く使われている言語指標も導入しており、自身の英語が具体的に社会のどこで活かせるかについても把握することができます。

 

選択授業も特徴的で、多くの語学学校ではレベル分けや人数制限を設けていない無料授業を提供する中、CIPでは選択授業もレベル分けを実施し、個々のレベルに合った授業を提供しており、また、学校が休みの日曜日もオプションクラスを提供しています。

 

多国籍校ということもあり、各国のマネージャーが常駐しており、現地生活で困った時もお気軽にご相談いただける安心な環境となっています。

 

その他、学生が自由に使える洗濯機を完備していたり、定期的に学校で実施される無料歯科サービス、近隣のショッピングモール等への無料送迎サービス、多彩なアクティビティ、提携旅行会社での両校手配サービス、孤児院ボランティア等、学校の授業以外のことでもさまざまなサービスがございます。

 

優秀な講師陣はネイティブ、フィリピン人講師共に英語教授法の資格【TESOL】を有しており、初心者から上級者まで幅広い方に対応しており、入学時には自身のIDやパスワードが発行され、PCやスマホから簡単に学習スケジュールや講師陣の空き状況等を確認することができます。

 

CIP独自の母国語禁止アクティビティEOP(English Only Policy)チャレンジ制度も大人気です。

 

Clark Institute of the Philippines(CIP)についてご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Clark Institute of the Philippines(CIP)の詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

15日

フィリピンの出入国に関して

フィリピンの最古の語学学校HELP Englishよりフィリピン出入国に関するアナウンスがありましたので、以下に転載いたします。

 

(1)出国に際して

先日のダバオテロの関係で、空港及び周辺の警備が格段に厳しくなっています。空港へのアクセスに普段以上に時間がかかります。タクシーで20分の距離が1時間かかったという報告もきています。また以下の記事にもありますように、航空会社からも早めに空港へ来るように喚起がされています。国際線の場合、フィリピン航空の場合は「3時間前に空港にいるように」とアナウンスをしています。入国管理局にも確認をとりましたが、回答は同様に3時間前でした。

【参考】

Flying out of PH? Be at airport 4 hours early
http://newsinfo.inquirer.net/813472/flying-out-of-ph-be-at-airport-4-hours-early#ixzz4KC9lxvkN

 

PASSENGERS ENCOURAGED TO BE AT AIRPORT TERMINALS EARLIER THAN USUAL.
https://www.facebook.com/notes/philippine-airlines/passengers-encouraged-to-be-at-airport-terminals-earlier-than-usual/10155343960203306

 

(2)搭乗に関して

フィリピン便に限った話ではありませんが、サムスンのギャラクシーシリーズの一部の機種の機内持ち込みが規制されたようです。こちらも英語ソースで申し訳ございませんが、よければご確認ください。

【参考】

Samsung Galaxy Note 7 smartphones on planes
http://money.cnn.com/2016/09/08/technology/samsung-galaxy-note-7-airlines-battery-fires/

 

PAL PROHIBITS USE OF SAMSUNG GALAXY NOTE 7
https://www.facebook.com/notes/philippine-airlines/pal-prohibits-use-of-samsung-galaxy-note-7/10155368271158306

 

 

上記の内容でご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

13日

フィリピン出張報告

9月8日(木)から9月13日(火)までフィリピンのバギオ、クラーク、ダバオ、セブに立地する語学学校を視察してきました。

 

語学学校の視察だけでなく、各都市を実際に歩きまわり、都市ごとの治安や交通面等の情報も多く得ることができました。

 

まず、最初の都市バギオは"教育都市"ということもあり、街中には多くのフィリピン人学生さんがおり、アカデミックな雰囲気を感じるとともに、年間を通して温暖なフィリピンでは珍しく、日本の秋のような気候で避暑地として多くの観光客で賑わっている活気のある都市でした。

 

語学学校も訪問させていただきましたが、各校それぞれで大きく特徴が異なり、復習重視型教育で母国語禁止ルールを徹底する語学学校や、2カ国留学(ワーキングホリデー)に繋がるワーホリ準備コースを提供する語学学校、IELTSの専門学校、スピーキング力の向上に力を入れ、週に一度のSP(スピーキング)テストを実施する語学学校、アラブ系の学生が30%以上を占める多国籍校等、さまざまな特徴を持った語学学校が立地するのも"教育都市バギオ"ならではないかと思いました。

 

続いて訪問した都市はクラークで、クラークには元々、アメリカ軍の空軍基地が立地していたということもあり、街中には多くの欧米人がおり、多くの語学学校でもネイティブ講師のレッスンを受けられることが特徴です。

 

都市形成も他都市とは異なり、フィリピン政府主導で作られた経済特区エリア内は、地元民の足として広く利用されている三輪バイク「トライシクル」では、エリア内に入ることができず、セキュリティー体制も抜群で安心して生活を送ることができます。

 

翌日にはフィリピン第三の都市ダバオに足を運びましたが、ダバオはフィリピンで最も治安の良い街として知られており、市街地は30km以上で車を走らせることはできず、街中で喫煙や飲酒をすることもできません。

 

語学学校数は他都市に比べ少ないですが、その分優秀な講師陣の採用が容易で、安心環境で質の高い授業をご提供する教育機関が数多く立地しています。

 

最後に訪問した都市は、フィリピンの中で最も多くの語学学校が集まる日本人にもお馴染みの街セブで、語学学校の多くはセブ市街地エリアか、マクタン等のリゾートエリアの2ヶ所から選ぶことができます。

 

セブは他都市に比べ学校数が圧倒的に多いので、一人ひとりの希望に添える学校を見つけることができ、スパルタやセミ・スパルタなども選ぶことができます。

 

また、日本からの直行便もあるセブ・マクタン国際空港からも近いので、気軽に留学に行けることもセブ留学の人気ポイントとなっています。

 

今回訪問した語学学校の詳細などにつきましては、後日詳細をアップロードして参ります。

 

フィリピン留学について、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

11日

English Drs Academy視察報告

今回、English Drs Academyの視察では学校とアポイントを取らず、休日に訪問いたしましたので、学校自体はお休みでしたで、スタッフさんも不在でした。

 

English Drs Academyはフィリピンで最も治安の良い都市で、現大統領のドゥテルテさんのお膝元でもあるダバオに立地しています。

 

学校は幹線道路沿いに立地する最大受入人数が55人の小規模校で、アットホームな雰囲気に定評があり、スタッフさんも学校で生活を送っているので、現地生活のケアも万全です。

 

学習は学生の目的に合わせたオーダーメイド式で、一人ひとりに合ったレッスンの提供に心がけています。

 

滞在先はホテル式の学生寮となっていますので、一般的な学校の学生寮と比べ清潔感があり、安心して学校生活をお過ごしいただくことができます。

 

同校はIELTS公認試験センターとしても知られており、欧米圏の大学進学を目指す方が大勢IELTSの試験対策コースを受講しています。

 

「IELTSの勉強をしたい」、「治安の良いエリアで学習したい」、「小規模・アットホームな雰囲気がいい」、「オーダーメイドで学習を進めたい」などのご希望をお持ちの方に最適な語学学校です。

 

English Drs Academyについて、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

English Drs Academyの詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

09日

CNS2視察報告

私(坂井)個人としては約2年ぶりの訪問となりましたが、相変わらず”IELTSの専門学校”として高い評価を得ており、学生さんの多くは欧米圏の大学進学を目的としていました。

 

授業間の休憩時間でも自習室で勉強している学生が多くおり、”とにかく真面目に勉強したい!”と思っている方には最適な環境です。

 

校長先生のアントンさんは、BESA(Baguio English School Association)の前代表で、フィリピン屈指の教育都市バギオの中で、他校の校長先生が達から非常に信頼されている方です。

 

学校自体はバギオの市街地に立地し、学校のすぐ隣の建物はショッピングモールとなっていて、生活必需品の買い出しや外食、ATM利用などは全て徒歩圏内です。

 

これまでは、3人部屋と2人部屋が同料金でしたが、3人部屋を値下げし、金銭的にこれまで以上に留学しやすい環境も整えています。

 

「IELTSの試験対策に強い学校で勉強したい」、「便利な環境で生活したい」、「真面目な学生が多く集まる環境で勉強したい」などと思っている方に適した語学学校です。

 

CNS2について、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

CNS2の詳細ページは こちら

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

07日

【フィリピン】Eidul Adha(イスラム犠牲祭)に伴う祝日の決定について

フィリピン政府からの正式発表で、2016年9月12日(月)がEidul Adhaのため祝日(Regular Holiday)となります。

各語学学校で振替授業の有無が異なりますので、上記期間えフィリピンに滞在される方は各教育機関にご確認ください。

 

ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント

2016年

9月

06日

2016年9月の留学お得情報

─ 今月のメルマガ 目次 ────────────────☆★──

◆1. JIC Baguio x FUJIYAMA International コラボキャンペーン開始!

◆2. 2カ国留学(ワーキングホリデー)モニター募集!

◆3. バギオ留学が選ばれる理由

◆4. 英語学習に役立つ海外サイトのリンク集

◆5. 【PICK UP ※締切間近!9月30日までのキャンペーン校】

──☆★─────────────────────────────

----------------------------------------------------------------------------
◆1. JIC Baguio x FUJIYAMA International コラボキャンペーン開始!
----------------------------------------------------------------------------

フィリピンの教育都市バギオに立地するワーキングホリデー準備コースなどを提供する人気語学学校【JIC Baguio】とFUJIYAMA Internationalは、2カ国留学(ワーキングホリデー)キャンペーンの提供を開始いたします。

本キャンペーンはJIC Baguioへのお申込と2カ国目ワーキングホリデーを同時申し込みいただいた方が対象で、ワーホリビザ申請サポート料の10,000円を無料とさせていただきます。

JIC Baguioのワーホリ準備コースでは、英文履歴書の作成方法をはじめ、模擬面接などを授業の中でご提供しており、ご希望があれば別途オプションで、カフェでの無給インターンシップ等、フィリピンにいながら就業体験ができます。

また、同コース内では新たに、仕事の探し方をはじめ、2カ国目の求人応募も授業の中でできるようになりました。

フィリピン国内で"ワーキングホリデーに繋がる留学"をご希望の方は教育都市バギオに立地する語学学校JIC Baguioでご検討されてみてはいかがでしょうか。

JIC Baguioの詳細ページはこちら 
http://www.fujiyama-international.com/philippines/baguio/jic-baguio/


----------------------------------------------------------------------------
◆2. 2カ国留学(ワーキングホリデー)モニター募集!
----------------------------------------------------------------------------

FUJIYAMA Internationalでは、フィリピン留学後、オーストラリア・ニュージーランド・カナダのいずれかの国にワーキングホリデーで渡航する方を対象にモニターキャンペーンを実施いたします。

本モニターキャンペーンでは、「フィリピン留学で培った英語力等が、2カ国目のワーキングホリデー生活でどのように活きるか」について、留学・ワーキングホリデー生活について定期的に体験談に写真を添えて当社にお送りいただくようになります。

私たちFUJIYAMA Internationalでは、留学手配料は一切いただいていませんので、自己手配と同料金でのお手配が可能な留学エージェントですが、本キャンペーンにご参加いただける方は通常の留学費用(自己手配)を大幅に下回る特別価格にてご案内させていただきます。

【参加条件】
・18歳~30歳
・日本国籍
・モニターキャンペーンの趣旨にご理解いただける方
・フィリピン留学に加えて、オーストラリア・ニュージーランド・カナダのいずれかの国にワーキングホリデービザで渡航される方

【規約】
当社の定める留学・ワーキングホリデー期間中に留学、もしくはワーキングホリデーを終了された場合、キャンペーン価格は適用外となりますので、当社が負担した分の留学・ワーキングホリデー費用は違約金としてご請求させていただく場合がありますことを予めご了承ください。

また、フィリピン留学では、当社が指定する語学学校への通学に限定させていただきます。

キャンペーンはお一人様限定となっておりますので、ご興味をお持ちの方は詳細をお気軽にお問い合わせください。

メール: info@fujiyama-international.com
電話: 045-548-3330


----------------------------------------------------------------------------
◆3. バギオ留学が選ばれる理由
----------------------------------------------------------------------------

フィリピンの教育都市バギオは"フィリピン留学発祥の地"として、歴史のある学校が多く立地し、質の高いレッスンを提供する留学地として広く知られていますが、質以外でも治安面や留学費用等、多くの面で高い学生満足度を獲得しています。

【バギオ留学が選ばれる理由】を新たに当社WEBサイト内に掲載いたしましたので、バギオ留学について現地情報を収集したい、という方は是非ご覧いただければと存じます。

【バギオ留学が選ばれる理由】
http://www.fujiyama-international.com/philippines/baguio/recommend/


----------------------------------------------------------------------------
◆4. 英語学習に役立つ海外サイトのリンク集
----------------------------------------------------------------------------

英語学習したいけど、どの様に学習すればよいか分からない…」という方も少なくないのではないかと思います。

そこで、英語主要国のニュースや英字新聞等を一覧で見ることができるオンラインサイトをいくつかご紹介いたします。

英語のゆずりん ~ Useful Links for Learning English ~
http://english.chakin.com/eul-news.html

日本語で読める海外ニュースサイト10選 nanapi
https://nanapi.com/ja/26413

無料リスニング学習英語ニュースが聞けるインターネットラジオ・サイト Success English
http://success-english.net/internetradio_news.htm

イカテレビ 世界のネットテレビガイド
http://ikaten.squidtv.net/worldtv/

是非、留学前の事前学習等でお役立てください。


----------------------------------------------------------------------------
◆5. 【PICK UP ※締切間近!9月30日までのキャンペーン校】
----------------------------------------------------------------------------

先月8月末で多くのキャンペーンが終了しましたが、新たに多くの教育機関から下半期、並びに9月限定のキャンペーンを頂戴いたしました。

私たちFUJIYAMA Internationalが専門に取り扱うオーストラリア、ニュージーランド、フィリピン3カ国に立地する教育機関のキャンペーン情報を以下のURLより確認することができますので、お時間がある際にご覧いただき、ご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

各キャンペーン情報につきましてご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【留学キャンペーン & お得情報】
http://www.fujiyama-international.com/campaign/


┏┓
┗■ 最後に
─────────────────────────────────

FUJIYAMA Internationalでは、留学やワーキングホリデーなどに関するご相談やお見積書作成依頼などを随時受け付けています。
語学学校に関することや渡航先についてなど、お気軽にお問い合わせください。

私たち、FUJIYAMA Internationalが皆様の海外渡航を全力でサポートさせていただきます!


□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□

FUJIYAMA International 株式会社
フリーダイヤル: 0120-37-2280 / FAX: 045-330-7573
WEB: http://www.fujiyama-international.com
Email: ryugaku@fujiyama-international.com
☆受付時間: 平日10時~19時 土日祝13時~19時☆

◆アクセス
〒220-0021神奈川県横浜市西区桜木町7-42八洲学園大学ビル7F

●フェイスブックページ「いいね」クリック&お申込で留学費用1,000円ディスカウント
●12週間以上の留学生に「1万円」プレゼント(フィリピン留学は1人部屋の場合に限る)
●18週間以上の留学生に「2万円」プレゼント(フィリピン留学は1人部屋の場合に限る)
●24週間以上の留学生に「3万円」プレゼント(フィリピン留学は1人部屋の場合に限る)
※12週&18週申込時の割引キャンペーン:2016年9月末まで延長

オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、フィリピンなど英語留学やワーキングホリデーはお任せください!

□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□

0 コメント

2016年

9月

03日

ダバオで起きた爆発について語学学校E&Gからのお知らせ

Good morning from Davao!

 

This is Ra, SeongJo from E&G Language Center
and I really regret to inform you of the explosion accident happened last night (Sep. 3, 2016).

 

Fortunately, all of E&G students are now safe in the school and all E&G executive and staff members are safe as well.
But tens of people got victimized in the accident and city police has been investigating the cause of the explosion
yet until now no specific reason has been found.

 

People here are worried but not in the state of unrest.

 

For the time being, E&G students are advised not to go out and especially not to go visit any places crowded with people.

 

Again, I'm very sorry to worry you and get back to you with the updated news.

 

Sincerely yours,

0 コメント

2016年

9月

02日

世界の8番目の不思議 フィリピンのバナウェ棚田

フィリピンの首都マニラから北に車で約9時間程のところにあるバナウエ棚田は1995年ユネスコの世界遺産に登録されており、2000年以上前に作られた棚田と言われています。

 

この棚田は、山岳地帯に住む先住民族のイフガオ族が急傾斜を利用して作り・維持してきた棚田で、別名「天国への階段」や「世界で8番目の不思議」とも言われています。

 

全ての棚田を平にのばすと、地球半周分にも及ぶ約2万kmもの長さになっており、棚田の最高峰は2,000メートルになります。

 

観光地として整備もされており、棚田を見渡せるビューポイントをはじめ、イフガオ族の暮らしや歴史が学べるミュージアム等もあります。

 

棚田の規模は広範囲に及ぶため、観光時には、ジプニーやタクシーなどをチャーターすると便利です。

 

フィリピンの教育都市バギオからも【T.Alonzo】というバス会社を利用して行くことができ、約6時間程で到着します。

 

バナウェは日本人にはあまり馴染みがありませんが、世界遺産ということもあり、週末等を利用してフィリピン留学中の息抜きに訪れる学生も多い人気の観光地です。

0 コメント

2016年

9月

01日

新規取扱校SELCの詳細情報

●「将来のキャリアへつながる人材育成」がモットーのオーストラリアを代表する老舗名門校!

●3万人以上の卒業生を輩出した、実力派講師が勢揃い!
●卒業後の仕事探しも安心!『ENGLISH+JOBサポート』が大好評!

 

◆◇特徴◆◇


<シドニーで2番目に歴史の長い老舗名門校>

★20年以上の伝統と実績のある語学学校の一つ。
★世界30カ国以上の卒業生を3万人以上輩出し、世界各国で活躍している。

 

<フレンドリーな“教えるプロ”から本格的な英語を学べる>
★個性豊かで実力派の講師がそろっている学校として高く評価されている。
★経験豊富で資格を有し能力の高い講師しかなれない公式試験の現役試験官をしている講師が多数在籍。(IELTS試験官やケンブリッジ検定試験官)
★アクティビティなどにも積極的に参加するフレンドリーで学生想いの講師が集まっている。
★講師たちは新しい英語教授法や効果的な指導方法を共有するために、定期的に講習会を開催。

 

<コースが多彩のため、卒業後の自分をイメージできる>
★卒業後の自分をイメージできる(手に入れるのは「英語力」だけじゃない。) 
例)メルボルン大学進学、オーストラリアで観光関係へ、シドニーでマーケティングの仕事、オーストラリアで看護師に、オーストラリアでバリスタの仕事、チャールズスチュアート大学へ進学

★各コース、専門のコーディネイターによってデザインされており、一つ一つのクラスで最良のプログラムを提供。

【選択コース例】
◆「接客英語(カスタマー・サービス・コミュニケーション英語)コース」

現地のカフェやレストラン等の英語環境で仕事をしたい方のために用意されたコース。
バリスタ資格や、バーやアルコールに携わるためのRSA資格の取得ができる。

プロ仕様のエスプレッソ・マシンのあるカフェ形式の教室も完備。

◆「ワーキングホリデープログラム ENGLISH + ローカルでお仕事」
SELCの英語コース4週間以上のお申込みからお仕事探しサポートサービスに申し込み可能。
1年間のサービスを受けることができる仕事は、全てローカルの会社、企業での勤務となり、最低でもIntermediate程の英語力が必要。
独自の仕事検索データベース(オーストラリア全土)に1年間アクセスすることが可能なため、卒業後のアルバイト探しも安心。

 

◆「ビジネス・コミュニケーション英語コース」
プレゼン用の会議室やオフィス環境を想定した教室(ビジネス・センター)を用意し、実際のビジネスシーンで即戦力として使える英語を意識した授業スタイルを追求している。

 

◆「看護英語コース」
IELTS6.0以上を目指すべく基礎となる英語力と同時に医療や介護等の現場で必要となる単語や表現等に重点が置かれたカリキュラム。コース修了後は、上級コースのOET対策コースへも進級できる。


★レベルも非常に細かく設定されており、全9レベル。

 

<楽しくかつ効率的に英語力を伸ばせる学習環境>

★ベストなバランスの国籍比率(アジアが33%、ヨーロッパが26%、南米が23%、日本人が18%)
★英語のコミュニケーション力を鍛えるために、ボンダイ校、シティー校とも日本語は一切禁止。
★年間で350回以上おこなわれる多彩なアクティビティあり。
★教科書を使ったレッスンだけでなく、ロールプレイング、映像を使用してリスニングや語彙を増やす授業、2~3クラス合同での授業、校内全てを使用したゲーム感覚の授業などもあり。
★校内だけでなく実際に銀行やスーパーマーケットなど外に出る実地レッスンも行う。

★毎週火、水曜の授業終了後も英会話クラブでブラッシュアップできる。


<きめ細かいケアで目標達成を支援>

★英語学習や進学希望を始め、あらゆる面における学生の状況を把握するため、定期的に担任講師によって個別面談が行われる。
★担任以外にも、英語学習に関する教育カウンセラーや進学専門のカウンセラーなども在籍しており、多岐にわたる相談に的確なアドバイスを与える体制ができている。
★親切な日本人スタッフも数名常勤しているため、英語力がゼロでも、安心して留学できる。

 

<最高のロケーションで通学も便利>

★シドニーで世界的にも人気の高いビーチのあるボンダイビーチから約10分、ボンダイ・ジャンクションと市内中心部から約20分の場所に立地し、ボンダイ周辺は穏やかな住宅街が広がる学習に適したロケーション。
★学校周辺には、各種レストランやカフェ、図書館、郵便局・銀行、スポーツジム、各種ショッピングセンターも揃っており、生活に必要な環境は全て揃っています。ボンダイは、徒歩圏内で住まい、学校、アルバイト、買い物の全てを済ませることのできる数少ないロケーションの1つ。

<約45校の大学・大学院・専門学校との提携によりキャリアップも目指せる>

★オーストラリアにある大学や専門学校と提携し、進学にも力を入れている。
★SELCの進学率は、シドニーでもトップクラスに入り、有名大学や専門学校に進学している日本人留学生もたくさんいる。


<経営理念>

★単なる英語の習得ではない、将来のキャリアへつながる人材育成を。
★人材育成がSELCの理念SELC は単に英語教育を提供するだけではなく、学生の皆さんの人生構築の一端に携われることを喜びとし、徹底した人材育成プログラムの追求をしている。
★SELCは留学生がシドニーで培った力を、卒業後も活用するシステムを構築している。


【SELC公式リンク集】
Youtube link: https://www.youtube.com/user/selclife2

SELC website: http://selc.net/jp/

Facebook: https://www.facebook.com/SELC.JP/

 

SELCについてご不明点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

FUJIYAMA International
フリーダイヤル:0120-37-2280

お問い合わせ

0 コメント
ホーム
e-mail

資料請求フォーム
留学キャンペーン
スペシャル コラボキャンペーン
フィリピン語学学校ランキング
オーストラリア語学学校ランキング
ニュージーランド語学学校ランキング
カナダ留学の「カナダNavi」
IELTS留学のCNS2
TOEIC留学のTALK Academy
国内ホームステイ体験プログラム
教師宅ホームステイ
幼稚園ボランティア
オペア プログラム
親子留学
リゾート留学
シニア留学
法人&団体留学
フィリピン留学適性診断
フィリピン語学学校比較
フィリピン簡単ページ検索
FUJIYAMA's BLOG
留学カウンセラーブログ「ゼロから始める海外留学のすゝめ」

FUJIYAMAが選ばれる理由
FUJIYAMAのサービス
FUJIYAMAのカウンセリング
FUJIYAMAのカウンセラー
デジタルパンフレット
海外留学必需品
海外生活情報
賢い留学エージェントの選び方
留学エージェントが倒産したら?
留学事前準備&事前英語学習
留学っていくらかかるの?
留学生の声
ワーホリビザと学生ビザ違い
留学Q&A
無料IT電話のスカイプ
電話・メールでのお問い合わせ
留学見積もり
留学カウンセリング
会社概要
アクセス
個人情報保護方針
留学約款
携帯サイト
関連リンク
採用情報
twitter
Instagram

事前準備お勧めサイト集
ニッテルコミュニケーションズ
FUJIYAMA Import Market
NPO留学協会
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士