学校検索
留学見積
カウンセリング予約
お問い合わせ

2014年

5月

30日

シドニーのハーバーブリッジでギネス記録に挑戦!

本日5月30日、世界三大美港であるシドニーのランドマーク、シドニー・ハーバーブリッジで新たなギネス世界記録をかけて219ヶ国の国旗を持った人達340人が橋上に並び「橋の上に一度に乗った人数」と「橋の上にはためく異なる国旗の数」で新たにギネス記録を達成しました。

 

これまで「橋の上に一度に乗った人数」は2008年にアメリカで樹立された316人で、「橋の上にはためく異なる国旗の数」でも前回の143ヶ国の記録を大幅に上回るものとなりました。

 

シドニー・ハーバーブリッジは最高地点が134メートルと高層ビルのような高さですので、最高地点からはオペラハウスやダーリング・ハーバー など、シドニーのシンボルを360℃見渡すことができます。

0 コメント

2014年

5月

29日

とうほくニュージーランド村

皆さんは「ニュージーランド」と言われて、どのようなことを想像されますか?

多くの方が緑豊かで、羊の数がとても多いといった印象をお持ちではないでしょうか!?

 

実際にニュージーランドには大自然が広がっており、日本の約8割の面積を有する国土の30%は国立公園や自然保護区、野鳥保護区、森林保護区などの特別保護区に指定されています。

 

また、人口約440万人(日本は約1億3,000万人)に対し、羊の数は7倍以上の3,200万頭にも上ります。

 

自然が手つかずのまま多く残されているニュージーランドでは、虫や海洋軟体動物の約90%、木、シダ、顕花植物の80%、鳥類の25%がニュージーランド固有の種類と言われています。

 

ただ、ニュージーランドに行ってみたいと思ってもなかなか気軽に行ける距離ではないのが現状です。。

 

そこで日本でも気軽にニュージーランド体験をできる場所が「とうほくニュージーランド村」です。

 

とうほくニュージーランド村は60万平方メートルの広大な敷地を有する観光牧場としてニュージーランドの雰囲気を身近に体験することができ、園内では動物と触れ合うことができる「ふれあい広場」や、ゴーカート、ボートなどの遊具も設置されています。

 

とうほくニュージーランド村の他にも「山口ニュージーランド村」、「広島ニュージーランド村」、「四国ニュージーランド村」があり、とうほくニュージーランド村同様、各園でニュージーランドを身近に感じることができます。

 

園内には飲食施設やバーベキュー施設なども併設されていますので、これからの時期にお勧めです!

0 コメント

2014年

5月

28日

オーストラリアでG20初開催記念切手発売

今年2月22日から2日間の日程でオーストラリアのシドニーで初開催された20ヶ国・地域(G20)首脳会議を記念して、オーストラリアの郵便公社は、初開催を記念した記念切手を6月3日から発行すると発表しました。

 

G20とは「Group of Twenty」の略でG8(アメリカ・日本・イギリス・フランス・イタリア・ドイツ・カナダ・ロシア)と、その他12(中国・インド・韓国・メキシコ・オーストラリア・スペイン・インドネシア・ポーランド・南アフリカ・イラン・ブラジル・ナイジェリア)を足した国々で構成されています。

 

オーストラリアはオセアニア地域で唯一のG20参加国で、今回の記念切手には今年11月にブリスベンで開かれるG20首脳会議に合わせて、ブリスベンの街並みが描かれています。

0 コメント

2014年

5月

27日

日本がスーパーラグビー参戦意思表明へ

2019年に日本での開催が決まっているラグビー ワールドカップに向けて、日本代表は世界と戦えるように日本ラグビー界のレベルアップを目指しています。

 

現在の日本の世界ランキングは13位で、昨年は強豪国であるウェールズ代表に初勝利するなど、徐々に強豪国との差を詰めてきていますが、日本ラグビー協会は更なるレベルアップを求めて世界最高峰のプロリーグである「スーパーラグビー」への参戦を考えています。

 

スーパーラグビーは南半球の強豪国であるニュージーランド、オーストラリア、南アフリカの3ヶ国から5チームずつが参加していますが、2016年から参加チームを3チーム増やして18にする案が発表されています。

 

今のところ、ニュージーランドとオーストラリアは5チームずつで、南アフリカを6チームに増やし、アルゼンチンから1チームを加えるところまでは決定していますが、残り1枠をかけて今後、日本以外にシンガポールと香港が参加表明すると噂されており、今後の動向に注目が集まります。

 

2019年に日本で開催されるワールドカップのためにも是非、日本に参戦していただきたいですね!

0 コメント

2014年

5月

26日

年々需要が高まるフィリピン留学

一昔前までは英語留学と言えば、アメリカやイギリス、オーストラリアなどの国々が真っ先にあげられていましたが、現在ではフィリピンなど元々、日本人同様、英語を第二言語として学習してきた国への留学の人気が高まっています。

 

フィリピンの場合、小学校から英語教育があり、大学などでは全て授業が英語で行われるなど英語教育が進んでおり、フィリピンのイングリッシュスピーカー数はアメリカ、イギリスに次いで世界第3位となっています。

 

フィリピン留学に行く方も年々増加しており、並行して語学学校の数も増えています。

 

ただ、語学学校が増えてもどこの学校に行けばどのようなプログラムが受講できるかなど、個人で調べるには多大な労力と時間を費やすことになり、必ず希望の学校が見つかるとも言えません。

 

そこで、私たちFUJIYAMA Internationalでは皆様の語学学校探しのお手伝いができないかと思い、フィリピンに位置する語学学校を簡単に比較できる表を作成いたしました。

 

「フィリピン留学に興味があるが、どのように探せばいいかわからない」などとお考えの皆様は下記よりご自身に合った学校を見つけてください!

 

http://www.fujiyama-international.com/philippines/compare/

 

また、ご不明な点等がございましたら、お電話やメールでもお問い合わせを受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

0 コメント

2014年

5月

25日

女子サッカーアジアカップ決勝 オーストラリア対日本が今夜対戦

日本時間の今夜10:15から、サッカー女子アジアカップ決勝戦が開催国のベトナムで行われます。

 

オーストラリアと日本は予選リーグでも対戦しており、その際は2対2の引き分けで勝ち点を分け合いました。

 

女子オーストラリア代表は前回大会のチャンピオンで、日本はアジアカップではまだ優勝経験がありませんが、前回大会のワールドカップでは見事世界チャンピオンになっているので、激しい戦いが予想されます。

 

オーストラリアと日本は男子でも常に白熱したゲームで良いライバル関係にありますが、女子でも同じことが言えるのではないでしょうか。


決勝戦は両者ともに中2日で行われるため、コンディション調整が大きなカギとなるとは思いますが、決勝戦らしい素晴らしいゲームを期待したいですね。

0 コメント

2014年

5月

24日

シドニーで光の祭典

昨日5月23日からオーストラリアの最大都市シドニーで、南半球最大の光の祭典「ビビッド・シドニー」が開幕しました。

 

今回で6回目となる光の祭典は、シドニーの観光名所や建物などを中心にライトアップし、世界遺産であるオペラハウスも鮮やかにライトアップされています。

 

6月9日までの18日間に渡り、アーティストがプログラムした光のアートをさまざまなパターンで見ることができます。


イベント期間中は世界中から多くの見物客の流入が見込まれています。

0 コメント

2014年

5月

23日

ジェットスターが「1 for Allセール」開催中

LCC航空会社のジェットスターが5月26日までの期間限定で「1 for Allセール」を開催しており、関西国際空港ーマニラ国際空港(フィリピン)が片道5,000円~、成田国際空港ーケアンズ国際空港&ゴールドコースト国際空港(オーストラリア)が片道12,900円~と格安料金でお買い求めいただけます。

 

フィリピンやオーストラリア国内にはジェットスター航空以外にもさまざまなLCC航空が就航しているので、ジェットスターが運航していない都市へのフライトでも、安価で乗り継ぐことができます。

 

これから夏休みにかけて格安航空の需要は増すことが予想されますので、この機会にご検討されてみてはいかがでしょうか。

0 コメント

2014年

5月

22日

豪の研究者がツイッターの投稿で世界中の気分を把握できる新ツールを発表!

昨日5月20日、オーストラリアの研究チームがオーストラリア連邦科学産業研究機構とアメリカのアマゾン・ドットコムの協力で、ツイッター利用者のつぶやきを活用して、リアルタイムの世界中の「気分」を把握できるツールを発表しました。


このツールで分析ができるのは、英語の投稿のみとなっていますが、ツイート全体の約10%を分析することができ、喜怒哀楽などの感情を解析しているとのことです。

 

現在、ツイッターの月間アクティブユーザー数は日本の人口のおよそ2倍、2億5500万人以上となっており今後、

このツールがどのように使われていくのか楽しみですね!

0 コメント

2014年

5月

21日

GCマラソンで通訳ボランティアを募集!

毎年恒例となったゴールドコースト・エアポート・マラソンが今年は7月5日(土)・7月6日(日)の2日間で開催されます。

 

ゴールドコーストマラソンには毎回、多くの日本人ランナーも参加していますが、開催地がオーストラリアということもあり、言葉の壁に悩まれる方も多いようです。

 

現在、運営機関では大会期間中に英語を苦手とする日本人参加者向けにボランティア通訳を募集しています。
ボランティアへの参加で主催者から食事やイベントのTシャツ、イベント入場券、さらに感謝状が授与される予定となっています。

 

下記、大会主催者のWEBサイトから受付を行っています。

http://goldcoastmarathon.com.au/enter

 

なお、日本語のサイトも設けられていますので、大会への参加を考えられている方やご興味のある方はご確認ください。

http://www.gcm.jp/

0 コメント

2014年

5月

19日

世界最高水準の最低賃金

日本では都道府県ごとに最低賃金(時間給)が異なりますが、最も高い東京で869円、次いで神奈川が868円、逆に最低賃金が安い都道府県では沖縄や鳥取、島根など9県で664円(平成25年10月7日現在)となっています。

 

日本の最低賃金は先進国の中で最低水準になっており、他の先進国を見てみると、オーストラリアで15.96豪ドル、フランスで9.4ユーロなど日本よりはるかに高い最低賃金が保障されています。

 

ちなみに、昨日5月18日にスイスでは世界最高額となる時給22スイスフラン(約2,500円)の最低賃金を導入するか否かを問う国民投票があり、結果は反対が76.3%の大多数を占め、否決されました。

 

スイスには日本などのように最低賃金制度が設けられておらず、従業員の賃金は通常、労使交渉によって設定されてきましたが、昨日の国民投票もこの労働組合が「物価高のために導入が必要」と訴えたことがきっかけでした。

 

最低賃金が上がればインフレとなり、最低賃金が下がればデフレになったりと、どちらが良いとは言い切れませんが、日本では現在、生活保護受給者と最低賃金で働いている人を比べるとほとんど変わらないのが現状です。

 

今後、日本でも海外でも、最低賃金がどのように変動していくかによって経済の流れが大きく動きそうですね。

0 コメント

2014年

5月

18日

留学費用を大幅に抑えられる2カ国留学

日本から最も近い英語圏であるフィリピン。


フィリピン留学では少人数制レッスンが中心となっており、短期間でみっちり英語の基礎を学習することができるので、基礎を学んだ上で本場の英語圏であるオセアニア(オーストラリア・ニュージーランド)に渡航し、さらに英語力に磨きをかける方が増えています。

 

まずフィリピン留学は、欧米留学の1/2~1/3程度に留学費用を抑えることができ、しかもマンツーマンレッスンが中心となっています。欧米留学と比べて1日の授業時間も長く、短期間での英語力アップが実現できます。

 
フィリピンの語学学校に在籍する講師陣は大卒以上で、発音はもちろん、指導方法や人柄など、各学校が定めた試験に通過した方のみ採用していますので、安心してレッスンを受けることが可能です。

 

フィリピン留学で英語の基礎をしっかり身につけた上で、フィリピンからも近い先進国水準にある英語圏のオーストラリアやニュージーランドで、より洗練された英語を身に着けることで、国際的な視野や価値観などを身に付けることができ、また、オーストラリア・ニュージーランド両国ともに高い教育水準を誇り、輸出産業としての「英語教育」を世界に発信しているので、世界各国から多くの留学生が訪れ、さまざまな国や地域の文化や慣習も合わせて知ることができます。

 

現在、大人気の2カ国留学にご興味をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせください!

FUJIYAMA International

TEL: 0120-37-2280

メール: info@fujiyama-international.com

 

2カ国留学ページ

フィリピン留学ページ

オーストラリア留学・ワーキングホリデーページ

ニュージーランド留学・ワーキングホリデーページ

0 コメント

2014年

5月

17日

大人気のオンライン英会話学習

本日は「留学前英語学習の勧め」について記載させていただきます。

現在、海外留学やワーキングホリデーなどをお考えの方も多くいらっしゃるのではないかと思いますが、留学先が決まった後は留学開始(学校開始)までは英語学習を始められない方がとても多くなっています。


留学出発前に日本国内において事前学習をすることで、現地学校入学時にスムーズに自身のコースをスタートさせることができるとともに、留学開始後に一つでも上のレベルで授業を受けられるようになればヨーロッパ人など、元々英語を得意とする国籍の方と同じクラスで授業を受けることが可能になりますので、早期の英語力向上を目指すことができます。

現在、日本ではさまざまな種類の英語学習がありますが昨今、特に注目を集めているのが「オンライン英会話学習」です。

オンライン英会話学習とは無料インターネット通話サービスを提供する「スカイプ」を使ってテレビ電話で
フィリピン人などの外国人講師とマンツーマンレッスンで授業を進めていくもので、集団レッスンでは聞きづらいことなども気軽に質問することができ、かつ1レッスン数十円程度と安価な料金設定になっています。

また、ほとんどのオンライン英会話で「無料体験レッスン」をご提供していますので、一度登録してトライアルレッスンを受講されてみるのも良いのではないかと思います。

下記、URLより「オンライン英会話」運営サイトを比較していただくことができます。
http://www.fujiyama-international.com/online-english/

 

今後、留学やワーキングホリデーを考えられている方はもちろん、仕事で英語が必要な方や、英語に興味があるがなかなか一歩が踏み出せない方など、さまざまな方に対応したコースが用意されています!

0 コメント

2014年

5月

16日

メルボルン中心部が全面禁煙に

南半球を代表するオーストラリア金融の中心街メルボルンが2016年までに街中での喫煙禁止を目指すと発表しました。

オーストラリアでは為替レートにもよりますが、タバコが1箱1,000円以上するのが当たり前で、喫煙率も1950年代の約50%から現在は15%程度となっており、政府は2018年までに喫煙率を10%まで下げることを目標としています。

 

オーストラリアは日本とは異なり、既に飲食店等の建物内で喫煙が不可能おとなっており、メルボルンは他都市に先駆けて市内中心部での全面禁煙を目指しるので、今後は今まで以上にクリーンな街のイメージが根付きそうですね。

0 コメント

2014年

5月

15日

オーストラリア代表メンバー発表(サッカーW杯)

来月から始まるサッカーワールドカップ ブラジル大会に向けてオーストラリアが代表候補メンバー30名を発表し、オーストラリアのエースであるティム・ケイヒル(ニューヨーク・レッドブルズ)選手や、日本でもおなじみのジョシュア・ケネディ選手(名古屋グランパス)などが順当に選ばれました。

 

ブラジルW杯でオーストラリア代表は前回大会優勝のスペインや、準優勝のオランダ、南米の強豪チリと同じ組(グループB)に入っており、厳しい戦いが予想されていますが、日本と同じアジア代表として、まずは決勝トーナメント進出を目指していただきたいですね。

 

以下が、オーストラリア代表候補メンバー30名になります。

 

GK

マシュー・ライアン
ミッチェル・ランゲラク
ユージン・ガレコビッチ
マーク・ビリギッティ

 

DF

イヴァン・フラニッチ
マシュー・スピラノビッチ
アレックス・ウィルキンソン
ライアン・マッガワン
ルーク・ウィルクシャー
ジェイソン・デイヴィッドソン
カーティス・グッド
ベイリー・ライト

 

MF

マーク・ミリガン
ジョシュア・ブリランテ
マット・マッケイ
マルク・ブレッシアーノ
ジェームス・ホランド
トーマス・オアー
アダム・サロタ
オリバー・ボザニッチ
ダリオ・ヴィドシッチ
ジェームス・トロイジ
トム・ロギッチ
マッシモ・ルオンゴ
ミル・ジェディナク
ベン・ハロラン

 

FW

ティム・ケイヒル
マシュー・レッキー
ジョシュア・ケネディ
アダム・タガート

0 コメント

2014年

5月

14日

世界一生活しやすい国「ニュージーランド」

Social Progress Indexと言う言葉を知っていますか?

かんたんに言うと「生活しやすさ指数」みたいなものになります。

 

このSocial Progress Indexでは、132ヶ国を対象に54もの項目を調査しその結果、ニュージーランドが1位になりました。

 

では、54項目とはいったいどのようなものなのかを一部ご紹介いたします。

 

• 出産時の母子の生存率
• 子どもの死亡率
• 伝染病での死亡率
• 上下水道の普及
• 住宅事情
• 殺人などの犯罪の発生率
• 基本教育の普及率
• 携帯電話の普及率
• インターネットの普及率
• 平均寿命
• 肥満率
• 自殺率
• 温暖化ガスへの対策
• 言論/宗教の自由
• 男女差別
• 移民/同性愛/宗教への寛容性

 

など、上記のような項目が調査対象です。

トップ10は以下の国になります。

1:ニュージーランド
2:スイス
3:アイスランド
4:ノルウェー
5:スウェーデン
6:カナダ
7:フィンランド
8:デンマーク
9:オーストラリア

10:オーストリア

 

上記の通り、ほとんどが北欧の国々ですが、オセアニアではニュージーランドの他にオーストラリアが9位にランクインしています(ちなみに日本は13位)。

 

よくテレビや新聞などでは「先進国」などといった言葉を聞きますが、先進国とはGDP(国民の稼ぎ)がどれだけ高いかなどを調査しその結果、現在ではアメリカや中国、日本などが上位にランキングしており、近いうちに中国がトップになると言われています。

 

ただし、先で記載した「生活しやすい国」ではトップ10にアメリカも中国も日本も入っていません。

経済大国でも「生活しやすい国」としては日本が13位、アメリカは15位、中国に関しては90位ととても低い数字になっています。

 

便利だから生活がしやすいという訳ではないみたいですね!

0 コメント

2014年

5月

13日

オーストラリアで1つの頭に2つの顔を持った奇形双生児が誕生

先週5月8日、シドニー(オーストラリア)で体と頭が1つで顔が2つある「二顔体」の奇形双生児が誕生しました。

 

この奇形双生児の母親であるルネーさんは妊娠32週という早さで陣痛が始まり、同時におなかの中の子どもが呼吸困難に陥ったため緊急帝王切開で生まれました。

 

この双生児はこれまでに世界では35例しか確認されてなく、すべてのケースで誕生後、死亡されていますが、今回のケースでは誕生後も医療補助なしで子どもが自ら呼吸していることで世界中を驚かせています。

0 コメント

2014年

5月

12日

海外のインターネット環境

海外留学や海外旅行時にインターネット速度が遅いと感じたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

それもそのはず、アメリカのアカマイ・テクノロジーズ社が調べた2013年第2四半期の世界のインターネット速度ランキングでは、韓国の平均13.3Mbpsが首位で、何と日本は12.0Mbpsで2位となりました。 アメリカの8.7Mbpsやイギリスで8.4Mbpsと比較すると日本は圧倒的にインターネットの接続速度が速い国になり、日本のネット環境に慣れてしまうと、海外滞在時にネットスピードが遅く感じるのも無理はありません。

 

日本では無料でインターネットを接続できる環境が徐々に増えていますが、海外でも同様にさまざまな所で無料でインターネットに接続できるエリアが広がっています。

 

ただ、無料WiFi等で自分が使っている電波は他の方も利用することができるものなので、必ずしも快適にインターネットを利用できるとは限りませんし、郊外に行くにつれて、そのような環境も少なくなってくるのが現状です。

 

現在、短期で海外に渡航する方に人気なのが「レンタル ポケットWiFi」です。 海外WiFiレンタルサービスは1日数百円単位の安価な定額料金でインターネットに接続することができるので、日本のスマートフォン等の機器を海外利用する場合と比べて、大幅に利用料金を抑えることができます。

 

「レンタル ポケットWiFi」があれば、同時に複数の機器を接続することができるのもメリットの一つです。

 

これから海外渡航をお考えの方は是非、利用されてみてはいかがでしょうか!

 

0 コメント

2014年

5月

10日

キャッシュパスポートで海外安心生活!

キャッシュパスポートは外貨両替やトラベラーズチェックに代わる海外専用のプリペイドカードです。

 

カード作成料は無料で、Tポイントを貯めることができるカードをお選びいただくこともできます。

 

キャッシュパスポートは世界各国で使用することが可能で、必要な時に必要な分のお金を現地通貨で引き出すことができ、外貨両替よりも圧倒的に手数料が安く、海外で現金を持ち歩く際の心配が必要なくなります!

 

マスターカードを使えるATMにおいては全ての機械で利用することができ、その数は世界210ヶ国・地域で150万台以上にも及びます。

 

また、マスターカード(クレジットカード)を使える店舗においても、キャッシュパスポートをデビットカードとして買い物することができますので、現金を引き出さない場合においても利用することができます。

 

現地においてカードの残高不足となってしまった場合は、日本にいるご家族などにキャッシュパスポートの指定口座(日本の口座)をお伝えいただければ、カードに現金がチャージされ、再び現地で引き出すことが可能になります。

 

カード作成時にはスペアカードも発行されますので、万が一紛失や盗難被害にあってしまった場合においても安心で、24時間無料対応の緊急アシスタンスサービスもあります。

 

海外留学や海外旅行時に大変便利なキャッシュパスポートをご利用してみてはいかがでしょうか!

 

キャッシュパスポートお申し込みページ

0 コメント

2014年

5月

09日

JALがオーストラリア航路で共同運航便拡大

日本の航空会社大手JAL(日本航空)は、オーストラリアのLCC「ジェットスター」など、3つの航空会社と日本~オーストラリアを結ぶ路線において共同運航(コードシェア)で拡大させる計画を発表しました。

 

現在JALはオーストラリア便において7路線運航していますが、今後は11路線に拡大することを決定しており、成田~メルボルン線(ジェットスター)が5月22日から、香港~パース線(キャセイパシフィック)が昨日5月8日から、クアラルンプール~パース・ダーウィン線(マレーシア)は承認手続きが完了後の運航開始となります。

 

共同運航便が拡大することで国際航空連合「ワンワールド」に加盟していないジェットスターなどでもJALが加盟しているので、マイレージが獲得できるなど、利用者にメリットがあります。

0 コメント

2014年

5月

08日

ホテル滞在よりもハイグレードなセブ留学

2013年3月に開校したBrilliant Cebu English Academyは、韓国資本の語学学校が多数を占めるセブ(フィリピン)中で数少ない日本人経営の語学学校として、生徒の皆様に隅々まで行き届いた日本式のサービスをご提供しまています。

 

学校と滞在施設は同じ最新鋭の建物内にあり、外見はもちろん、構造や設備までしっかりとした作りで、ジム・レストランなども同じ建物内にあるので、日本と変わらない安心・快適の生活を送っていただけます。

 

日本人スタッフも常駐しているので、学校生活のことはもちろん、現地生活のことなどでお困りの際も安心です。

 

4週間以上のお申し込みでお得な割引キャンペーンを適用することができます!!

 

Brilliant Cebu English Academy

http://www.fujiyama-international.com/philippines/brilliant-cebu-english-academy/

0 コメント

2014年

5月

07日

世界最長の直線区間を誇る長距離旅客列車のインディアンパシフィック号

世界中にはさまざまな長距離旅客列車がありますが、オーストラリアにもアデレード~ダーウィン間を2泊3日で走る「ザ・ガン」や、シドニー~パース間を3泊4日で走る「インディアン・パシフィック」、メルボルン~アデレードまでの区間を走る「ジ・オーバーランド」など、さまざまな長距離列車があり、世界中の旅行者などから人気を集めています。

 

その中でも、シドニーとパースを結ぶにインディアン・パシフィック号は3,961キロもの走行区間を有し、途中のグレートビクトリア砂漠の南にあるナラボー平原を走る直線距離は478キロにも達し、世界一長い直線区間として有名です。

 

インディアン・パシフィック号は、ゴールドカンガルーサービス、レッドカンガルーサービスに分かれており、車内設備も前者と後者で大きく異なります。


ゴールドカンガルーサービスの場合、全て個室寝台車となっており、シングル・キャビン、ツイン・キャビン、デラックス・キャビン、プルマンズ・キャビンの4種類の部屋が用意され、運賃に食事も含まれています。


レッドカンガルーサービスは、ツインの寝台と座席車が用意されており、ゴールドカンガルーサービスと比べ、料金を抑えて乗車することができます。

 

日本人の乗客も多いことから、日本語のオフィシャルWEBサイトも用意されていますので、さらに詳しい情報を日本語で確認することも可能です。

 

http://www.gsr-japan.com/site/home.jsp.html

0 コメント

2014年

5月

06日

ニノイ・アキノ(マニラ)国際空港拡張工事

フィリピンの運輸通信省は現在、日本の大手ゼネコン「竹中工務店」が工事を行っているニノイ・アキノ(マニラ)国際空港の第3ターミナルに、海外の航空会社5社、シンガポール航空、キャセイパシフィック航空、エミレーツ航空、KLMオランダ航空、デルタ航空が移転する予定だと発表しました。

 

工事は当初、今年8月までの完工を目指していましたが、1ヶ月ほど早く完工する見通しを明らかにしており、現在は全体の約6割が完成しているということです。

0 コメント

2014年

5月

05日

【オーストラリア】スマホでタックスリターンが可能に!

オーストラリアで個人の所得税申告として行われているタックスリターンが、新会計年度の7月からMy Taxという最新のアプリを利用すれば、タブレットやスマートフォンを使用してオンライン上で申告が可能になり、これまで申告に費やしていた時間を大幅に削減できることが期待されています。

ただしオンライン申告の場合、不動産収入や海外所得、従業員持ち株制度の対象者などのタックスリターン申告は不可能で、事業所得や家賃収入、キャピタルゲイン、国外所得、退職年金所得などを得ている方は利用できません。

0 コメント

2014年

5月

04日

「読・書・聞・話」別々のレベルで授業を提供するINUS Australia

メルボルンの中心部であるサザンクロス駅とフリンダース駅から徒歩数分の便利な場所に立地する2011年開校のさまざまな国籍の学生が在籍するINUS Australia Education & Training。

 

メルボルンでは唯一となるカリキュラム別のレベル分けを実施し、Speaking、Reading、Listening、Writingのそれぞれでクラス(レベル)が異なり、個々の弱点を大幅に改善することができるプログラム構成になっており、また、5週間ごとにレベルチェックテストが行われているので、英語の上達に応じてレベルアップが可能です。

 

英語コースと有給インターンシップ斡旋を組み合わせたJob Ready Programでは、英語学習後に有給インターンシップで実際に就労して給与を稼ぐことができるので、ワーキングホリデーメーカーから人気の高いプログラムとなっています。

 

INUS Australia Education & Trainingには日本人の女性スタッフも常駐しているので、学校内に関するご相談はもちろん、現地サポートやアルバイト紹介などのご相談も可能です。

 

なお、先月4月からはLCCのジェットスター航空が、成田国際空港~メルボルン国際空港間で定期直行便運航を開始し、今まで以上にメルボルンが身近な都市に感じられるようになるのではないかと思います。

 

INUS Australia

http://www.fujiyama-international.com/inus-australia/

 

キャンペーン(2014年6月末までのお申し込みで適用)

ICEP(一般英語)& EAP(進学準備コース)250ドル/30週以上 270ドル/30週未満

さらにFUJIYAMA Internationalからのお申し込みで入学金無料!!

 

ご不明な点等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

0 コメント

2014年

5月

02日

ANAが羽田~マニラ間でボーイング787の運航開始

航空大手の全日空が5月1日より羽田~マニラ(フィリピン)間の定期便で初となるボーイング787型機の運航を開始しました。

 

787型機はこれまで同路線で使用されていた767型機に比べ、エコノミークラスで1席・ビジネスクラスで7席上回り今後、バンコク(タイ)線や、ハノイ(ベトナム)線への投入も検討されています。

 

同機は中型機としては航続距離が長く、これまで大型機でないと飛行が難しかった距離もボーイング787を使うことにより直行が可能になったりと、大型機では採算が取りずらかった長距離航空路線の開設も可能となりました。

 

0 コメント

2014年

5月

01日

グレート・バリア・リーフ

オーストラリア東海岸沖に位置する世界最大のサンゴ礁「グレート・バリア・リーフ」は600近い島で構成され、その大きさは全長2,000kmを超えます。

 

グレート・バリア・リーフは宇宙からも確認できる唯一の生命体で、その中には1,500種類もの魚や、海生哺乳類、200種類以上の鳥類が生息する自然の宝庫ともなっています。

 

1981年にはユネスコの自然遺産登録され、年間を通して温暖ということもあり、スキューバダイビングやシュノーケリングなどの各種マリンスポーツを楽しむ方が目立ちます。

 

グレート・バリア・リーフ海洋公園では、魚釣りはもちろん、魚やサンゴ、貝などを持ち帰る行為を厳しく制限しており、リーフ内の船の航行も生態を傷つけないように決められたルートを通る必要が設けられ、厳重に守られています。

0 コメント
ホーム
e-mail

資料請求フォーム
留学キャンペーン
スペシャル コラボキャンペーン
フィリピン語学学校ランキング
オーストラリア語学学校ランキング
ニュージーランド語学学校ランキング
カナダ留学の「カナダNavi」
IELTS留学のCNS2
TOEIC留学のTALK Academy
国内ホームステイ体験プログラム
教師宅ホームステイ
幼稚園ボランティア
オペア プログラム
親子留学
リゾート留学
シニア留学
法人&団体留学
フィリピン留学適性診断
フィリピン語学学校比較
フィリピン簡単ページ検索
FUJIYAMAが選ばれる理由
FUJIYAMAのサービス
FUJIYAMAのカウンセリング
FUJIYAMAのカウンセラー
FUJIYAMA's BLOG
デジタルパンフレット
海外留学必需品
海外生活情報
賢い留学エージェントの選び方
留学エージェントが倒産したら?
留学事前準備&事前英語学習
留学っていくらかかるの?
留学生の声
ワーホリビザと学生ビザ違い
留学Q&A
無料IT電話のスカイプ
無料コミュニケーションアプリのLINE
電話・メールでのお問い合わせ
留学見積もり
留学カウンセリング
会社概要
アクセス
個人情報保護方針
留学約款
携帯サイト
関連リンク
採用情報
twitter
google+

事前準備お勧めサイト集
ニッテルコミュニケーションズ
FUJIYAMA Import Market
NPO留学協会
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士