学校検索
留学見積
カウンセリング予約
お問い合わせ

2013年

10月

31日

オールブラックス 対 日本

ラグビー世界ランキング1位のオールブラックスことニュージーランド代表チームと日本代表が今週末の11月2日(土)、秩父宮ラグビー場にてテストマッチを行います。

 

日本はこれまでにオールブラックスから勝利したことがなく、過去の対戦成績における平均スコアも94対0と完敗が続いていますが、今年6月に行われた世界ランキング5位ウェールズ代表との親善試合では、23対8で日本が歴史的勝利をあげており、オールブラックスに一矢を報いることができるか注目されています。

 

なお、通算成績でオールブラックスに勝ち越している代表チームはなく、一度も勝利をしていない代表チームも数多く存在します。

 

オールブラックス・日本ともに、土曜日の対戦後はヨーロッパ遠征が予定されており、両チームベストメンバーでの戦いが予想されています。

 

今週の土曜日が楽しみですね!!

0 コメント

2013年

10月

30日

カラン・メソッド英語学習

カラン・メソッドとは、母国語を介さず英語を理解し、母語を介さず英語で速やかに反応するための学習方法です。


 

先生は英語での質問を2回繰り返し、生徒はその質問を瞬時に聞き取り、回答する必要があるので、頭の中で母国語に変換する時間がなく、集中力が必要です。


 

日本の多くの教育機関で教えられている英語学習方法は、英語→日本語・日本語→英語と一度母国語に置き換えることが主となっていますが、英語を英語で理解することによって早期の上達が見込めます。


 

1960年代にカラン・メソッドが開発されてから、現在は世界100ヶ国以上でこの学習方法が採用されています。

また、現在はオンライン英会話でもカランメソッド学習法を取り入れている教育機関が増加傾向にありますので、早期の英語上達を目標とされている方などにお勧めです。

0 コメント

2013年

10月

29日

ニュージーランドのビジネス環境

アメリカ合衆国の大手総合情報サービス会社ブルームバーグは10月29日(火)、世界189カ国・地域のビジネス環境に関する世界銀行の年次ランキング調査(事業立ち上げや確定申告、物品の輸出入に要する期間など)の結果を発表し、ニュージーランドが3位にランクインしました。

 

8年連続1位のシンガポールに続き、香港、ニュージーランド、アメリカ、デンマークが去年同様上位を占めていますが、法人登記や建設許可申請などに関する手続きの緩和に伴いマレーシアが前年の12位より大幅にランクアップして6位に入っています。

0 コメント

2013年

10月

28日

映画〈ラストサムライ〉のロケ地 ニュージーランド

渡辺謙さんが出演した2003年公開のハリウッド映画「ラストサムライ」のロケ地となったニュージーランド。

 

この映画は日本を舞台とした作品ですが、シーンによって撮影場所が異なり、頻繁に出てくる農村風景などはニュージーランドのタラナキ地方というところで撮影されました。

 

では、なぜこのタラナキ地方が撮影場所に選ばれたのでしょうか!?

 

日本の場合、なかなか撮影許可が下りないということもありますが、このタラナキ地方に位置するタラナキ山は「日本の富士山にとても似ていたから」、とも言われています。

 

実際、映画に出てきたタラナキ山を多くの方が富士山だと思っていたのではないでしょうか。

 

また、この映画では実はニュージーランドに在住する多くの日本人がエキストラとして撮影に参加していました。


異国の地でのハリウッド映画出演は一生の思い出になりそうですね!

0 コメント

2013年

10月

27日

世界のビッグマックの値段

物価は国や地域によって大幅に異なりますが、世界展開するマクドナルドの料金体系も各国・地域の経済状況などを踏まえて決定されています。

 

現在のレート(2013/10/27現在)に当てはめて各国のビッグマックの値段をご紹介いたします。

 

以下50音順

アメリカ=約4.5ドル (約438円)

イギリス=約2.7ポンド (約425円)

イタリア=約3.8ユーロ (約511円)

オーストラリア=約5ドル (約467円)

カナダ=約5.5ドル (約512円)

中国=約16元 (約256円)

日本=約320円

フィリピン=約115ペソ (約260円)

ニュージーランド=約5.5ドル (約443円)

ドイツ=約3.6ユーロ (約484円)

フランス=約3.9ユーロ (約524円)

ロシア=約87ルーブル (約266円)

etc

 

上記の通り、国によって料金はさまざまです。

 

北欧ではビッグマックの値段が高い傾向にあり、中でもノルウェーは46クローネ、日本円で約760円と日本の2倍以上の料金体系になっており、逆にインドのビッグマックは90ルピー、約143円と日本の半値以下です。

 

ビッグマックの料金のみで各国の物価指数を表すのことは難しいですが、これから海外渡航を検討されている方などは、さまざまな商品で事前に日本との比較をしておくことをお勧めします。

0 コメント

2013年

10月

26日

オーストラリアとニュージーランドの違い

オーストラリアとニュージーランドはオセアニア地域に位置し、ともにイギリス系の国として、同じような印象を持っている方が多いのではないかと思いますが、異なる点が多々あります。

 

まず、オーストラリアは世界第6位の広大な国土を有しますが、干ばつの影響で内陸部は砂漠化が進んでおり、水資源がとても貴重です。

 

広大な国土にはカンガルーやコアラ、クロコダイルなどといったオーストラリア特有の生物が数多く生息し、運が良ければ野生動物にも遭遇することができます。

 

オーストラリア人の国民性は陽気で親しみやすく、細かいことは気にしないといった方が多く見受けられます。

 

一方、ニュージーランドは島嶼国家で面積も日本とほぼ同等です。

 

湖や山が多く、オーストラリア以上に自然環境に恵まれ、さまざまなアクティビティを楽しむことができ、日本に似た環境とも言えます。

 

陽気で親しみやすい国民性はオーストラリア同様で、親日家が多いことでも知られています。



その他にも、オーストラリアとニュージーランドの異なる点は多々ありますが、オセアニア地域を代表する国として、強固な関係にあります。

0 コメント

2013年

10月

25日

海外在留邦人の推移

昨今、世界のグローバル化と共に、国境のボーダレス化が急速に進み、多くの日本人が海外で生活を送っています。

 

円高や企業の海外進出、LCC航空の新規参入、各国におけるビザの規制緩和など、海外在住邦人の増加要因はいろいろと考えられます。

 

外務省領事局政策課が発表した「海外在留邦人調査統計」では、平成4年に679,379人であった海外在留邦人数は平成24年の調査では1,182,557人と20年で1.7倍超に増加し、現在もなお右肩上がりで増え続けています。

 

日本人が多く居住する国はアメリカが1位で、中国、オーストラリア、イギリス、カナダと続いており、経済大国や公用語が英語である国々が目立ちます。

 

今後、TPPやFTAなどで国境のボーダレス化は更に進み、世界中の人々が地球規模で流動的に推移するのではないかと思います。

0 コメント

2013年

10月

24日

スポーツでの若年層の台頭

16歳ながらプロの大会で既に4勝を挙げているアマチュア女子ゴルファーのリディア・コ選手(ニュージーランド)が10月23日に自身のツイッターでプロへの転向を発表しました。

 

リディア・コ選手は6歳の時に韓国からニュージーランドに移住し、若干14歳でニューサウスウェールズオープン(オーストラリアツアー)を制しました。

 

現在の世界ランクはなんと4位で、日本の宮里藍選手などを上回っていることにも驚きます。

 

近年、さまざまなスポーツにおいて若年層の活躍が目立ちはじめ、各競技において競争が激しくなっています。

 

日本では2020年にオリンピックが控えており、若年層の台頭は良い意味でアスリートの刺激になるのではないでしょうか。

0 コメント

2013年

10月

22日

世界の通貨

世界にはさまざまな通貨が存在しますが、多くの国で自国の通貨が存在します。

各国の通貨は常に変動していますが、円高時に海外渡航する場合、外貨を安く購入できるのでお得と言われています。

 

逆に外国からの訪日者は円安であれば日本円を安価で購入できるため、日本人が海外に渡航する場合と反対になります。

 

さて、英語圏でも国によって通貨は多様で、通貨価値も異なります。

2013年10月22日現在(三菱東京UFJ銀行TTSレート)、対円の各国為替レートは以下の通りです。

 

アメリカ = アメリカドル 99.21

イギリス = ポンド 162.45

カナダ = カナダドル 96.88

アイルランド = ユーロ 135.77

マルタ = ユーロ 135.77

オーストラリア = オーストラリアドル 96.80

ニュージーランド = ニュージーランドドル 85.02

 

上記、イギリスポンドとニュージーランドドルを比較するとイギリスポンドがニュージーランドドルの2倍近くとなっています。

 

各国の経済面や情勢などによって通貨は上下に大きく変動しますが、輸出大国である日本は、多くの企業が円安を望んでおり、昨今、アベノミクスの影響で一時に比べて円安方向に向かっています。

 

各国の為替動向をこまめにチェックすることで、海外渡航時にお役に立つのではないかと思います。

0 コメント

2013年

10月

21日

世界から見た日本/東京と語学力

日本の首都は東京で、2012年現在の国連の統計によると、東京は世界最大のメガシティと評価され、世界最大の人口を有する都市圏を形成しています。

 

経済規模でもニューヨーク(アメリカ)大都市圏を凌ぎ世界最大で、2012年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、ニューヨーク、ロンドン、パリに次ぐ世界第4位の都市と評価され、その中でもビジネス活動や人的資源、文化的経験などの項目では高く評価されています。

 

2020年のオリンピックに向けて日本への観光客数は現在の1,000万人から3,000万人(年間)と3倍もの増加が見込まれていますが、海外メディアなどからは日本人は「英語をがんばれ」とも言われています。

 

実際、日本は2012年のTOEFLでアジア圏では下から2番目という不名誉な結果でした。

 

グローバル社会が急速に進み英語はビジネスにおいても広く必要とされているのが現状です。2020年のオリンピックに向けて外国人訪日者の大幅な増加が見込まれておりますので、これから日本国内においても英語を使う頻度は増加するのではないでしょうか。

0 コメント

2013年

10月

20日

オーストラリアのアクティビティ

日本の約20倍もの国土を有するオーストラリアには海・山などの大自然が多数あります。

 

各地でさまざまなアクティビティを楽しむことができ、現地人はもちろん観光客や留学生などから高く支持されています。

 

【海】

スキューバダイビング、シュノーケリング、ヨット、フィッシング、サーフィン、シーウォーカー、パラセイリング、ジェットスキー、ジェットボート、ウェイくボードなど

 

【地上】

熱気球、スカイダイビング、ホースライディング、トレッキング/ハイキング、ゴルフ、バンジージャンプ、キャンプ、スキー/スノーボードなど

 

【川】

ラフティングなど

 

オーストラリアは広大な面積を有するため、その土地ごとに気候や雰囲気が大きく異なり、できるアクティビティも異なります。

 

オーストラリアの大自然の中でアクティビティを楽しんでみてはいかがでしょうか!?

0 コメント

2013年

10月

19日

オーストラリアとニュージーランド国旗の違い

オーストラリアとニュージーランドの国旗はとても似ていて、両国とも左上部にユニオンジャックがデザインされています。

 

これは独立前にイギリスの占領地だったことを表しています。

オーストラリア国旗のユニオンジャックの下にある大きな星は、北部準州、NSW州、VIC州、TAS州、SA州、WA州、QLD州の計7つの特別地域を表し、国旗右部にある南十字星はオーストラリアが南半球に位置することを意味しています。大きい星は全て七稜星ですが、小さな星は五稜星となっています。

ニュージーランドも国旗右部に南十字星がデザインされていますが、オーストラリアとは異なり、全て五稜星で赤く、先住民マオリ族の神聖な色が赤と言われていたとに因んでいるとも言われています。

0 コメント

2013年

10月

18日

世界一長い地名はニュージーランドに

世界に数千万あると言われている地名の中でギネスに認定されている世界最長の地名が、ニュージーランドの北島、パーマストンノースの東、マンガオラパ近郊に位置する標高305mの丘の名前「Taumatawhakatangihangakoauauotamateaturipukakapikimaungahoronukupokaiwhenuakitanatahu」で、その長さは92文字におよび、普段は「タウマタ」と呼ばれています。

 

「タマテアという大きな膝を持ち、山々を登り、陸地を飲み込むように旅歩く男が愛する者のために鼻笛を吹いた頂」という意味のようですが、なぜこんなにも長い地名にしたのでしょうか。

 

なお、世界一短い地名として日本の「津(三重県)」がギネスに認定されています。

0 コメント

2013年

10月

17日

日本とオーストラリア 教育においての繋がり

オーストラリア国内において日本人留学生の数は外国人留学生数で第7位となっており、日本の教育機関と姉妹校関係えお結ぶオーストラリアの学校は400校以上に及びます。

 

一方、日本語を学習する学生数は、国民1人当たりでオーストラリアが世界第2位となっており、両国の教育における繋がりはとても強固なものだと言えます。

 

もちろん、経済面でも日本とオーストラリアの関係は、アジア太平洋地域で最も強い関係のひとつとなっており、今後、TPP環太平洋戦略的経済連携協定の動向次第で、益々協力関係が強固なものになるのではないかと思います。

0 コメント

2013年

10月

16日

ニュージーランドの特徴

ニュージーランドの先住民族マオリによっては開拓され、その後イギリスの自治領時代を経て、1947年11月に独立したとても若い国です。

 

南太平洋に位置する、北島と南島の2つの主要な島と周辺の小さな島々で構成される島国で、面積は日本とほぼ同等です。

 

地形は南北に長いため気候は北と南で異なりますが、ほぼ全土が西岸海洋性気候に属し、夏の猛暑も冬の寒波もなく1年を通して過ごしやすいことが特徴です。

 

豊かで変化に富んだ自然環境を有し、 山岳風景や森林、美しい海岸線などを眺めることができ、運が良ければ現地特有の野生動物の姿を見ることができます。

 

また、日本同様ニュージーランドには四季があり、マリンスポーツやウィンタースポーツなど、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。

0 コメント

2013年

10月

15日

フィリピン中部でM7.1の地震

10月15日(火)午前8時12分頃(日本時間10月15日(火)9時10分頃)、フィリピン中部のボホール島でM7.1の地震が発生し、ボホール島では古い教会や建物が倒壊するなど、大きな被害がでており、日本人留学生や観光客に人気のセブ島でも被害がでています。

 

現在、当社がお取扱いしている現地の教育機関から被害の報告はありませんが、未だ余震が続いており、予断を許さない状況です。

 

在マニラ日本大使館でも、これまでに日本人が巻き込まれたとの情報はないということですが、引き続き情報収集を進めています。

 

被害が最小限に抑えられるように願うばかりです。

0 コメント

2013年

10月

14日

国際都市クラーク〈フィリピン〉

フィリピンの特別経済区であるクラークは治安がとても良く、首都マニラから北西に90キロ、車で約2時間のところに位置し、日本からの直行便はありませんが、「クラーク国際空港」があるので、海外・国内旅行に大変便利な立地です。

 

クラークには元々アメリカ空軍基地があったため、今も多くのアメリカ人が在住し、国際的な雰囲気が漂っています。

 

道路はきれいに整備され、近郊には高級ホテルやゴルフ場、観光・レジャー施設などが点在しています。

 

留学でも旅行でもお勧めできる都市です。

0 コメント

2013年

10月

13日

家賃の高騰【クライストチャーチ】

ニュージーランドのオークションサイトであるTrade Meの不動産向けサイトで、クライストチャーチを含むカンタベリー地域の家賃平均額が昨年の同時期比で、住居の空室状況は4パーセント下落しているにもかかわらず週500ドルと上昇し、最大都市であるオークランドの週480ドルを上回りました。

 

首都のウエリントンや南島オタゴ地方に位置するダニーデンでもカンタベリー地域同様、物件の需要に対して供給が多い傾向にありますが、上記2地域は学生向け物件が数多くあるため、時期によって物件の値段が多少上下します。

0 コメント

2013年

10月

12日

セブの日本食レストラン

フィリピン・セブ州の州都であるセブ市は国際線や国内線など多数の航空路線が乗り入れる重要なハブとなっています。

 

年間を通して温暖な気候であることから、日本人はもちろん、世界的にもビーチリゾートとしてその名が知れ渡っており、世界各国から観光客が訪れ、近年は日本人や韓国人を中心とした英語留学先としても注目されています。

 

市内中心部には博物館や州政府、観光客向け巨大ショッピングモールが立ち並び、現地生活において大変便利な環境になっています。フィリピン中南部の文化や交易の拠点であることから「Queen City of the South」の異名があります。

 

そんな日本人が多く集まるセブには、お寿司、てんぷら、かつ丼、焼き肉、ラーメン、居酒屋など幅広いジャンルの店舗が点在し、短期滞在者から長期滞在者の日本人はもちろん、現地の方にも大人気です。

0 コメント

2013年

10月

11日

オーストラリアの教育環境

世界第6位の広大な面積を有するオーストラリアは、豊かな自然と温暖な気候に恵まれる国です。治安も良く、安心・安全な生活をおくることができ、充実した福祉制度で世界的に見ても質の高い生活環境が整っています。

 

また、オーストラリアは世界屈指の教育大国で、英語教育はオーストラリア最大のサービス輸出産業に位置づけられており、2012年のオーストラリアへの留学生数は世界各国から360万人以上にも及びます。

 

海外からの留学生を受け入れている語学学校等の教育機関においても、オーストラリア政府への登録が義務付けているので、留学生が安心・信頼できる環境が整っています。

0 コメント

2013年

10月

10日

クライストチャーチの今

2011年2月22日にクライストチャーチで起きたカンタベリー地震から2年と7ヶ月が経過しました。

 


地震後、長らくの間、クライストチャーチ中心部は広範囲に渡り立入制限が設けられていましたが、2013年7月上旬に全ての制限が解除され、誰でも自由に立ち入ることができるようになりました。

 


クライストチャーチの街のシンボルであった大聖堂をはじめ、街中には解体途中の建物や修復中の建物が点在し、更地なども多く、まだまだ復興途中というのが現状です。

 


専門学校や飲食店など、少しづつ街の中心部において営業が再開されており、徐々に活気も取り戻されつつあります。

 


地震前の活気を取り戻すには、もう少し時間が必要ではないかと思いますが、この立入禁止区域の解除は復興に向けて大きな前進に繋がるのではないかと思います。

0 コメント

2013年

10月

09日

【ラグビー】日本 vs ニュージーランド

11月2日(土)秩父宮ラグビー場(東京)にてラグビー日本代表 対 世界王者オールブラックスことニュージーランド代表戦が行われます。

 

両国は過去4度の対戦がありますが、いずれもニュージーランドが圧勝を収めています。

 

しかし、今年6月に行われた日本代表 対 世界ランキング5位の格上ウェールズ代表の試合では日本代表が歴史的大金星を挙げており、今回のニュージーランド代表との試合で世界王者と差を詰められるかが見ものです。

 

また、ケガで離脱中のニュージーランド代表カーター選手の復帰試合となる可能性もあり、大きな注目を集めています。

0 コメント

2013年

10月

08日

多国籍語学学校≪フィリピン/セブ≫

昨今、英語留学先として注目を集めているフィリピンは、欧米などの英語留学先と比較して留学費用が1/2~1/3程度に抑えられ、イングリッシュスピーカー人口もアメリカ、イギリスに次いで世界第3位となっています。

 

フィリピン人の英語はアジアの中で最も綺麗だと言われており、これまでは日本人と韓国人が英語学習のために訪れることが主となっていましたが、一部の学校ではベトナムやタイ、中国、台湾など、さまざまな国から留学生を受け入れに力を入れています。

 

多国籍学生の中で生活していくことで国際感覚や異国の文化や慣習などに触れることができ、英語学習以外の部分においてもお勧めいたします。

 

Philinter Academy (セブ/フィリピン)

0 コメント

2013年

10月

07日

オーストラリアの世界一

オーストラリアには数多くの「世界最一」があります。

 

世界的に有名なものでいえば世界遺産でもある世界最大の珊瑚礁「グレートバリアリーフ」。

グレートバリアリーフは全長2,600Kmにも及ぶ世界最大の珊瑚礁で、その大きさは宇宙空間からも確認できるほどです。

 

また、オーストラリア大陸中央部に位置する「エアーズロック」もよく世界最大の一枚岩」などと呼ばれることがありますが、実際には同じオーストラリア国内の西オーストラリア州内に位置する「マウント・オーガスタス」が世界最大で、エアーズロックの約2倍の大きさを誇ります。

他にも1億5000万~2億年前に形成されたと言われている世界最古の熱帯雨林がケアンズ近郊に位置し、6,500~7,000万年に形成されたと言われる南米アマゾンのおよそ2倍の歴史を誇ります。

 

広大な国土を有するオーストラリアならではの電車も存在し、南オーストラリア州のワトソンから西オーストラリア州のヌリナまで全長478kmと世界一長い直線区間が続く「インディアン・パシフィック号」も有名です。

0 コメント

2013年

10月

05日

英語学習

昨今、世界のグローバル化が急速に進み、世界の公用語である「英語」社内に取り入れる企業も増加傾向にあります。 英語の学習方法としては国内においては英会話教室や、オンライン英会話などがあり、その他海外留学などが一般的なものになっています。

 

勉強方法や学習に費やす費用には個人差がありますが、ほとんどのンライン英会話教室でトライアルレッスンを設けており、自分自身に合った講師やスクール、プログラムを見つけることができます。

 

また、海外留学や街中の英会話教室では通常、入学・入会金等の費用が必要とされますが、ほとんどのオンライン英会話スクールでは不要で、かつ授業料も1レッスン数十円からと受講しやすい環境が整っています。

 

今後、仕事上で英語が必要な方や海外留学・海外旅行などを予定されている方にはお勧めの英語学習方法です。

 

ワールドビジネスサテライトや産経新聞でも紹介の英会話 

0 コメント

2013年

10月

04日

大自然の宝庫「ニュージーランド」

ニュージーランドはオセアニア地域に位置し、国土は日本の80%程度の北島と南島および周辺の小さな島々で構成される島嶼国家です。

 

日本の人口約1億3,000万人に対し、ニュージーランドの人口は約400万人と世界で最も人口密度の低い国の一つとして知られ、各所手つかずの大自然が広がっています。


ニュージーランド国内には14の国立公園が点在し、公園ごとに異なる風景を楽しむことができます。



トンガリロ国立公園

ニュージーランドの最初の国立公園で3つの火山、ルアペフ山、ナウルホエ山、トンガリロ山が含まれる。

 

テ・ウレウェラ国立公園

ニュージーランド北島最大の原生林を有し、園内にあるワイカレモアナ湖の景色が圧巻。

 

エグモント国立公園

タラナキ山山頂部 と北部の地域から形成されている。

 

ワンガヌイ国立公園

ワンガヌイ川に隣接し。王立地・旧州立森林および保全していた多くを併合した地域で。

 

カフランギ国立公園

珍しい植物や動物が見られるニュージーランドで2番目の規模を誇る国立公園。

 

ネルソン・レイクス国立公園

ネルソン地域の起伏の多い山岳地帯に位置する国立公園。

 

パパロア国立公園

WestportとGreymouthの間に位置する南島の東海岸にある国立公園。

 

アーサーズ・パス国立公園

起伏が多く南アルプス山脈を主に分けて広がる山岳地域。

 

ウエストランド国立公園

南アルプス山脈の最高点から遠く離れた海岸線まで広がる国立公園。

 

アオラキ/マウント・クック国立公園

ニュージーランド最高峰の山「クック山」最長の氷河「タスマン氷河」を包含する 高山公園。

 

マウント・アスパイアリング国立公園

アオラキ/マウント・クック国立公園の外側でニュージーランドで最も標高の高い場所に位置。

 

フィヨルドランド国立公園

ニュージーランド最大の国立公園かつ世界最大の国立公園の1つ。

 

エイベル・タズマン国立公園

タスマンベイの海岸沿いに黄金砂のビーチがあるニュージーランド最小の国立公園。

 

ラキウラ国立公園

ニュージーランドで最も新しい国立公園。希少な野生生物を観察できる。

0 コメント

2013年

10月

03日

大学世界ランキング

10月2日の夜、「TIMES HIGHER EDUCATION 世界大学ランキング2013-14」がロンドンで発表され、日本の大学からは東京大学(23位)と京都大学(52位)の2大学が100位以内にランクインし、200位以内の大学数で日本の大学はアジアの中でトップとなっています。

 

オセアニア地域ではオーストラリアの大学が200位以内に7大学と日本を上まわっており、ニュージーランドからも1大学が選ばれています。

 

今回のランキングでは上位200位のうち、アメリカ大学が77、次いでイギリスの大学が31と上位2ヶ国で200位のうち半数以上を占めています。

0 コメント

2013年

10月

02日

世界の物価比較

世界には文化や慣習が異なる国や地域が多く存在しますが、各国・地域によって通貨価値や物価もさまざまです。

 

世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」では≪旅行者物価指数2013 ≫として、ホテル、タクシー、飲食代金を基に世界各都市の物価を算出しています。

 

個人差はもちろんあるのではないかと思いますが、今まで意外と知らなかった地域の物価が把握でき、今後の海外渡航時に役立つのではないでしょうか!?

0 コメント

2013年

10月

01日

世界で最も幸せな国

世界中の人々が自国の生活や暮らしに満足・幸せを感じているかを2010年~2012年の期間で156ヶ国を対象に調査し、国別のランキングを発表しました(アメリカ コロンビア大学地球研究所調べ)。

 

上位は北欧の国々5カ国が独占する結果となりましたが、南半球のオーストラリアが10位にランクインしています。

 

1 デンマーク

2 ノルウェー

3 スイス

4 オランダ

5 スウェーデン

6 カナダ

7 フィンランド

8 オーストリア

9 アイスランド

10 オーストラリア

17 アメリカ

22 イギリス

43 日本

68 ロシア

93 中国

 

人それぞれ祖国に対する感情は異なりますが、福祉対策などの対策が進む北欧各国を見習っていく必要があるのではないかと思います。

 

※調査は富裕度や健康度、人生の選択における自由度、困ったときに頼れる人の有無、汚職に関するクリーン度や同国に住む人々の寛大さ等の要素が考慮されています。

0 コメント
ホーム
e-mail

資料請求フォーム
留学キャンペーン
スペシャル コラボキャンペーン
フィリピン語学学校ランキング
オーストラリア語学学校ランキング
ニュージーランド語学学校ランキング
カナダ留学の「カナダNavi」
IELTS留学のCNS2
TOEIC留学のTALK Academy
国内ホームステイ体験プログラム
教師宅ホームステイ
幼稚園ボランティア
オペア プログラム
親子留学
リゾート留学
シニア留学
法人&団体留学
フィリピン留学適性診断
フィリピン語学学校比較
フィリピン簡単ページ検索
FUJIYAMAが選ばれる理由
FUJIYAMAのサービス
FUJIYAMAのカウンセリング
FUJIYAMAのカウンセラー
FUJIYAMA's BLOG
デジタルパンフレット
海外留学必需品
海外生活情報
賢い留学エージェントの選び方
留学エージェントが倒産したら?
留学事前準備&事前英語学習
留学っていくらかかるの?
留学生の声
ワーホリビザと学生ビザ違い
留学Q&A
無料IT電話のスカイプ
無料コミュニケーションアプリのLINE
電話・メールでのお問い合わせ
留学見積もり
留学カウンセリング
会社概要
アクセス
個人情報保護方針
留学約款
携帯サイト
関連リンク
採用情報
twitter
google+

事前準備お勧めサイト集
ニッテルコミュニケーションズ
FUJIYAMA Import Market
NPO留学協会
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士
結婚ビザ手続等専門の横浜の行政書士